曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

この記事の所要時間: 256




董卓 呂布

 

三国志を代表する暴君、董卓(とうたく)、一見すると

実力を過信して呂布(りょふ)に斬られたうっかりな人に見えますが、

本当は自分が恨まれている事はよく把握し、猜疑心と用心深さがあったようです。

そんな董卓が、万が一に備えて築城した要塞、それが郿(び)城でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?




長安から西に二百五十里に存在した郿城

董卓

 

伝承によれば、郿城の城壁の高さと厚さは、長安と同じ七丈ありました。

現在の単位なら、21メートルという事になります。

この高くて厚い城壁の内側に董卓は、一族の為の食料三十年分を積み込み

天下から集めた金銀・珍宝がうなる程にあったそうです。

 

董卓「おがっ!オラが天下を獲れたら長安に君臨すればいいし、

もしダメでも、ここに籠ってれば、寿命は全うできるズラ!」

 

董卓は、ここを万歳塢(ばんざいう:万年守れる砦)と称して

オガオガ笑っていたようです。

でも、確か同じような事を北で公孫瓚もしていたような・・・

自分勝手な暴君は行動パターンも似てくるようです。




董卓、宮廷で呂布に殺され、郿城は無意味に・・

呂布 バックブリーカー

 

万が一の為に富と時間を傾けて造り上げた郿城ですが、

皮肉な事に、董卓がここに籠るチャンスはありませんでした。

味方と思っていた部下の王允(おういん)と呂布が内通し、

献帝(けんてい)の病気回復の祝いで宮廷にノコノコやってきた

董卓を刺殺してしまったからです。

 

政権を握った王允呂布は、

董卓の残党が籠るのを恐れ郿城を破壊してしまいます。

しかし、土台までは破壊したわけではないようで、

郿城自体は、北魏(386~534年)の時代まで

砦として使用されたようです。

 

郿城は21世紀に再発見される。

逃げる劉備追う曹操

 

董卓の野望が詰まった郿城・万歳塢は北魏の時代以後、

廃墟になり消滅してしまいますが、21世紀に入り高速道路拡張工事で、

かつて郿城が存在した尭上村から柳巷村周辺の土を収容し、

掘り進めていく過程で再発見されました。

 

周辺の土地からは、大規模な瓦を焼く為の施設跡や陶器の欠片、

青銅器の破片、おびただしい数の骨製の髪飾りや矢じり等が出土しました。

発掘品には、前後漢時代の特徴が発見され、歴史資料から、

位置を割り出した結果、この遺跡が郿城である事が確認されたのです。

 

面積は小さいが防御砦として優れていた郿城

 

郿城の面積は、25600平方メートル以上で、従来の県の大きさに

比較すると、240分の1、1400分の1にしかなりません。

それは、郿城が董卓の身内と防衛する兵力だけで構成されていた

一つの証拠になるでしょう。

 

ただ、その防衛設備は本格的で、敵台という見張り台や角楼を備え、

馬面という東西南北の角に突き出した四角形の台座もあります。

馬面は城壁をよじのぼる敵を突き落とす為の工夫であるようです。

 

小さいのは、最低限の人数で長期間籠る為であり実際に籠城したら、

陥落させるのには、長い時間がかかったかも知れません。

 

皇帝気取りの董卓は、郿城から馳道を走らせていた

董卓戦上手なの?

 

董卓は、郿城と長安を頻繁に往来していた関係から、

塢郿から長安まで董卓専用の道路、馳道(ちどう)を開通させていました。

それは郿城嶺(びじょうれい)と呼ばれ、土を盛り固めた道路で高さ3・4メートル、

底の広さは21メートル、頂上の広さは14メートルあります。

一般に馳道は天子専用の道路ですから、ここに董卓の驕りが見えます。

 

董卓は最後まで献帝を排除しませんでしたが、

実質上は天子気取りで、皇帝しか使えない仕様の馬車を、

乗りまわしていたりしたので、この馳道も馳道と呼ばなかったとしても、

天子のつもりで使用していたのではないかと推測します。

 

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

このように董卓は用心深かったのですが、生きていく上では、

自分以外の全ての人間を信用しないというわけにはいきません。

董卓も最後は、妻が止めるのも聞かず、のこのこ宮中に

参内しボディーガードとして信頼していた呂布に討たれました。

 

結局、暴政を敷いて自分以外の全てを従えているように見えても、

人心を得ていないなら、堅牢な要塞を造っても決して安全ではないと

董卓の万歳塢は教えているのかも知れません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な…
  2. キングダム 532話 ネタバレ予想:信の刃
  3. 【キングダム】知ってる?いよいよ楊端和がヤバいらしいよ
  4. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子…
  5. 【祝・はじめての三国志】3周年記念の御礼を申し上げます!
  6. 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸…
  7. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  8. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王
  2. 【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!?
  3. 【衝撃の事実】邪馬台国の重臣・難升米(なしめ)の子孫が大和朝廷の重臣だった?
  4. 吉田松陰の「草莽崛起論」とはどんなもの?分かりやすく解説
  5. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  6. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る 宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交官 劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者 篤姫の江戸城無血開城における役割とは? 三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?

おすすめ記事

  1. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!
  2. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ
  3. 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!
  4. 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか?
  5. 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利
  6. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  7. 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣
  8. 三国志って何?はじめての人向け

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP