よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

129話:死せる孔明生ける仲達を走らす

この記事の所要時間: 356




司馬懿

 

西暦234年、秋、五丈原(ごじょうげん)において

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)は54年の生涯を閉じます。

蜀の精神的な支柱を失った重臣達、そして孔明を父とも慕う

蜀兵の悲しみは海よりも深く激しいものになりました。

しかし、彼等に悲しんでいる暇はありませんでした。

司馬懿(しばい)は、天文を読んで孔明の死を察知し攻勢に転じてきたのです。

 

前回記事:128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・

はじめての三国志全記事一覧はこちら




司馬懿、天文から孔明の死を知る・・

司馬懿

 

孔明が事切れた時、夜空をひと際、赤く大きな星がよぎっていきました。

司馬懿は、その頃、野外で天文を見ていましたが、

この堕ちた巨星が孔明であるという事を察知します。

 

司馬懿「死んだか、、ついに死んだか、あの孔明が・・」

 

自身を苦しめ続けた好敵手の最後に司馬懿の胸中を一抹の寂しさが吹きぬけます。

しかし、この合理主義者は次の瞬間には魏軍の総司令官に戻っていました。

 

司馬懿「好機到来、、孔明を失い動揺する蜀軍に攻めかかり、

そのまま成都まで抜いてみせる・・」

 

司馬懿はただちに、魏軍に総攻撃を命じました。

今こそ、孔明もろとも、蜀を滅ぼす好機だと司馬懿は確信したのです。




蜀軍は、しんと静まり返り退却を開始する

司馬懿

 

司馬懿の読みの正しさを証明するかのように、蜀軍に動きが出ました。

五丈原の陣地を引き払い、慎重に撤退を開始したのです。

魏軍は、その蜀軍に襲い掛かりました。

 

司馬懿「それっ!!孔明亡き蜀など、烏合の衆も同然!打ち崩せい!」

 

しかし、魏軍が襲いかかると、蜀軍の最後尾にいた1000名余りの

兵がさっと振り向きました。

 

死せる孔明、生ける仲達を走らす

孔明と司馬懿

 

その1000名の中央に位置する車を見た時、司馬懿は仰天しました。

翻る漢の深紅の大旗には、「漢丞相武郷侯諸葛亮の金字が染め上げられ、

その真下には、道服に白羽扇を構えた孔明が涼しい顔で座っていたのです。

 

司馬懿「ばっ!!バカな、こ、ここ、孔明が生きて・・!」

 

司馬懿は卒倒しそうな程に驚きました。

 

孔明の横からは、三十代になったばかりの成年武将が、

高笑いをしながら矛を構えて飛び出してきます。

孔明の戦術の全てを受け継いだ愛弟子である、

姜維伯約(きょうい・はくやく)です。

 

姜維「漢の逆臣、司馬懿仲達!丞相が死んだ今なら、

我が軍を滅ぼせようと、のこのこ穴から出てくるとは浅ましき輩

その程度の魂胆は、丞相はすでにお見通しであったわ!

どれ、貴様の冥途の土産に、この姜伯約の腕前をみせてやろう」

 

司馬懿「あわわわ・・退けい!退けい!孔明の罠だ!」

 

飛び出してきた姜維の一軍に、司馬懿は生きた心地もせず、

すぐに馬の首をめぐらして逃げ出しました。

もちろん、司馬懿が逃げるのを見た魏軍も総崩れになります。

姜維は、そこに突撃し魏軍を存分に打ち破って引き揚げました。

 

司馬懿絶句、孔明は天下の奇才なり

孔明

 

さて、種明かしをすれば、実は孔明に見えていたのは、

生前に孔明が造らせていた木製の人形でした。

死が近い事を知っていた孔明は、蜀軍を安全に退却させる為

自分にソックリの人形を造り、魏軍が攻めてきたら

それを見せるように、あらかじめ指示を出していたのです。

 

司馬懿は、そんな事とは夢にも思わず、夢中になって逃げだし

追いついてきた夏侯覇(かこうは)と夏侯恵(かこうけい)に対して

「わしの首はちゃんとついておるか?」と聞いたそうです。

 

冷静になってから、司馬懿が情報収集をさせると孔明が死んだのは

本当である事が分り、巷では死んだ孔明が生きている仲達を走らせた

噂になっている事を知ります。

 

司馬懿も軍を引き揚げますが、その途中で孔明が造り上げた、

見事な陣計をつぶさに見学しました。

 

司馬懿「孔明とは天下の奇才なり・・」

 

司馬懿は、ついに自分が最後まで孔明に及ばなかった事を知り、

心からのリスペクトを奇才という言葉に込めたのです。

 

 

関連記事:【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

死せる孔明、生ける仲達を走らすは、三国志を知らない人でも

知っているような、とてもメジャーな故事成語です。

意味は、すでに引退した人の影響力が強く残り、あたかも、

まだ現役で存在しているかのように見える状態の事です。

 

ただ、蜀軍が木像の孔明を使って司馬懿を錯覚させ、

退却させたというのは三国志演義のフィクションです。

一方、司馬懿が孔明を天下の奇才と評したというのは

史実にも記録が見える事実です。

現実の孔明は、戦術では常に司馬懿に及びませんでしたが、

弱小な蜀の国力から北伐軍をひねり出す、孔明の才能には、

司馬懿も一目も二目も置いていたようです。

 

そして、孔明の死は何よりも、蜀の人々を悲しませ、

孔明に左遷された人々でさえ、孔明の為に涙を流しました。

民衆は自発的に孔明の廟を造り、神として崇めます。

 

司馬懿はともかく、蜀の人々の心の支えとして

孔明は、その後何百年も影響を与え続けたのです。

死せる孔明、生ける蜀の人々の心に留まる

とでも言えばいいでしょうか・・

 

 

次回記事:130話:孔明無言の帰還と魏延の最後

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!
  2. 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  3. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる…
  4. 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊
  5. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  6. 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍
  7. 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解…
  8. 【素朴な疑問】戦争に敗れると将軍には、どんな罰が待っていたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁紹はどんな性格で他の群雄との違いはなんだったの?
  2. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由
  3. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  5. 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?
  6. 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた! 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1万 これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら? 激務をちょっと忘れられるホッと一息の「ユルめ記事」2016年総集編 諸葛孔明が10万本の矢を調達・生産したことに魯粛は驚いたのか? 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

おすすめ記事

  1. 公孫瓚の息子って残念な最後を迎えてたってマジ?
  2. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  3. 大都市西安の碑林博物館をよかミカンが見学したよ
  4. 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?
  5. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  6. 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した?
  7. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家
  8. 盤古(ばんこ)とはどんな神様?最古の神のはずなのに新しい中国神話の創世神

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP