はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス

この記事の所要時間: 423




光武帝劉秀part1 01 劉秀、陰麗華

 

チートな英雄、光武帝(こうぶてい)、数多の強敵を打倒し漢の天下を回復した彼ですが、

この光武帝を絶対絶命状態に追いつめた人物こそ、元占い師の王郎(おうろう)です。

嘘に嘘を塗り固め、自身を漢のプリンスと詐称した王郎の人生を解説しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




占い師の人生を変えた、ある事件・・

王郎

 

王郎(おうろう?~24年)は本名を王昌(おうしょう)といい

冀(き)州趙(ちょう)国邯鄲(かんたん)県の人です。

ただし、多くの史書は、彼を王郎としているので、はじさんでも王郎で統一します。

王郎は元々占い師であり、天文や暦に通じていました。

つまり、王郎は文字を読む事が出来る階級に所属していたという事でしょう。

 

王郎は、自らの占いにより、北には天子の気があると考えるようになり、

自分こそがその天子ではないかと密かに野心を持ちます。

 

そんな折、前漢が王莽(おうもう)の纂奪で倒れます、劉氏の反乱が起きて

前漢の成帝の遺児を名乗る、劉子輿(りゅう・しよ)という人物も長安で誅殺されました。

 

王郎(これはいい、劉子與は逃げ延びた事にして、俺が成り済まそう)

 

成帝は、元々、遊び人で即位してからも、度々、街に出ては浮名を流す

困った人物で、隠し子も多くいると思われていました。

王郎はそこを利用し、劉子與を詐称する事にしたのです。




王郎、劉林に自身が劉子輿だと詐称する・・

王郎

 

邯鄲の市で占い師をしていた王郎は、市の顔役で任侠の徒である

劉林(りゅうりん)とも顔なじみでした。

そこで、王郎は、ここだけの話と前置きして劉林に実は自分が、

前漢成帝の遺児である劉子輿だと告げます。

 

「私は王位継承の災いをさけて、巴蜀の地に逃れ、占術を学んだが、

趙燕の土地に天運が高まっているのを感じてやってきた」

 

この頃、邯鄲では、河南の赤眉(せきび)軍が黄河を渡り、大挙北上するという

伝聞が飛び交い、誰か中心になる人物を立てて守りを固めないと

危ないという危機意識が溢れていました。

 

普通は「なにをバカな!」で終わりですが、王郎には、

やはり独特のカリスマ性があり、それに赤眉への危機感もあったので、

劉林は王郎の嘘を信じてしまいます。

 

そして、趙の豪族である李育(りいく)と張参(ちょうさん)にも話して

王郎を天子として擁立する事で話がまとまります。

 

後一歩という所で、劉秀が行大司馬としてやってくる

光武帝劉秀part2 02 劉秀

 

ところが、西暦23年10月、邯鄲に更始(こうし)帝、

劉玄(りゅうげん)の命を受けて賊征伐にやってきた劉秀(りゅうしゅう)、

後の光武帝が進駐してきました。

劉林は、劉秀の容貌を見て、ただならぬ威厳を感じて、

「この人物こそが次の天子かも知れぬ」と考えます。

 

王郎にしてみれば、とんだ計算違いです。

こいつさえ来なければ、うまうまと皇帝になれたものをと

劉秀を恨みますが、今はどうにも出来ません。

 

しかし、劉秀は黄河を決壊させて、赤眉を押しつぶしましょうと

進言する劉林に対して明確な回答を避け、北へ向かいます。

 

劉林は、劉秀に失望し、ここで王郎を皇帝に擁立する事を決意します。

劉林は李育と張参にも声をかけ、赤眉軍が邯鄲に攻めてくると、

民衆の不安を煽り、王郎を劉子輿として300の車騎に伴わせ

邯鄲に入城させ、かつての趙王の宮殿で即位させます。

 

ここで、王郎は偽皇帝、劉子輿にまんまと成りおおせるのです。

 

王郎、劉秀の首に懸賞金を懸けて命を狙う・・

光武帝劉秀part2 04 劉秀

 

王郎は、劉林を丞相、李育を大司馬、張参を大将軍に任命します。

さらに軍を派遣して冀州、幽州をまたたくまに制圧していきます。

 

また、河北の民衆が依然として漢を思慕していることを利用し

漢に忠誠を尽くして死んだ翟義(てきぎ)が未だ死んでいないことを

詔(みことのり)で強調するなどして、宣伝を続け声望を得ます。

 

かつて、秦末の反乱の時、陳勝(ちんしょう)や呉広(ごこう)が、

秦に最期まで抵抗した楚の項燕(こうえん)大将軍や始皇帝の長子で

評判が良かった扶蘇(ふそ)が自軍に加わっていると

デマを撒いて仲間を増やしたテクニックに似ています。

 

これにより、周辺の豪族は、趙国以北、遼東以西は王郎の手に落ちます。

天子となった王郎は、劉秀が戻ってくる事を警戒し、これを亡き者にしようと考え

劉秀の首級に十万戸の懸賞を設定して手配書をばら撒きました。

 

破格の懸賞金は、各地の豪族や山賊の欲望の対象になり劉秀は、

命を狙われる羽目になります、劉秀の生涯、最大のピンチでした。

 

極貧の劉秀の逆転劇が始まる・・

光武帝劉秀part2 03 劉秀

 

十万戸の食邑に各地の豪族は飛び付きました。

賞金首になった劉秀は、馮異(ふうい)や王覇(おうは)、鄧禹(とうう)

のような僅かな兵力を連れて、昼は襲撃を警戒して洞窟に隠れ、

夜中は明け方まで強行軍を続けるという悲惨な撤退を開始します。

 

折しも、季節は冬、激しい寒さで味方は次々と倒れていきます。

劉秀は、飢えに苦しむと大胆にも王郎から派遣された将軍のような顔をし

役人しか使えない伝舎で食事を取るなど、危険な綱渡りをします。

 

ある時には、食糧が尽き、馮異が苦労して豆や麦を集めてきて、

鄧禹が薪を探してきて火を起こし、豆粥や麦飯のような貧しい食事を摂る事もありました。

劉秀は、この二人の善意を生涯忘れなかったそうです。

 

こうして劉秀は孤独な撤退戦を継続し、劉秀を支持して王郎を拒否した

信都郡の任光(じんこう)の所まで退却しようやく拠点を得ます。

 

真定王、劉楊を味方につけて形成は逆転する

光武帝

 

劉秀は信都郡を堅く守りながら、各地に活発に配下を派遣して寝返り工作を開始。

特に王郎の配下で十万の兵力を持つ真定王 劉楊(りゅうよう)に目をつけ、

劉楊の妹が豪族の郭昌(かくしょう)に嫁いで産んだ娘、すなわち劉楊の姪の

郭聖通(かくせいつう)と劉秀が縁組する事で、劉楊を更始帝陣営に

抱き込む事に成功します。

 

こうして王郎と対峙しながら、劉秀は、精鋭の烏桓突騎(うかんとっき)を擁する

漁陽(ぎょよう)郡、そして上谷(じょうこく)郡を王郎から離反させる事に成功し

漁陽からは、呉漢(ごかん)、蓋延(がいえん)、王梁(おうりょう)、上谷からは、

景丹(けいたん)、寇恂(こうじゅん)、耿弇(こうえん)らが劉秀の陣営に入ります。

これらの武将は全て、後に雲台二十八将に列せられる名将ばかりで、

王郎討伐ばかりか、天下統一にも大きく貢献する事になります。

 

王郎は劉秀の軍勢に逆に包囲される・・

王郎

 

一方で、戦線を立てなおした劉秀の軍勢に王郎軍は敗戦を繰り返します。

西暦24年、4月には劉秀の軍勢は、邯鄲を包囲しました。

諦めが悪い王郎は、「一万戸の領主にしてくれるなら降伏する」と打診。

しかし、劉秀は「バカ言え、命を助けてやるだけでも有り難いと思え」と返信します。

王郎は、徹底抗戦をしますが、五月には、邯鄲から内応者が出て、城門は開き、

王郎は一騎で逃亡しましたが、逃走中に病気になり死んだようです。

 

後漢書では、劉秀配下の王覇に斬られたとも言われます。

 

後漢演義ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

王郎は、白を黒といいくるめる弁舌とカリスマ性、そして、時勢を読む

才能を駆使して、どこの馬の骨とも分らない身分から、一躍、漢のプリンス

劉子輿に成りおおせ、一時は河北全域を支配します。

 

赤眉軍が攻めてくるという噂も、もしかしたら王郎が撒いたデマかも知れません。

しかし、人を操る事は出来ても長期的な展望が無い王郎は、

次第に劉秀に巻き返され最期には城を逃れて病死する事になります。

 

占い師として優秀だった王郎ですが、劉秀の才能と自分の限界を知る事は出来ず

戦場の露と消えてしまったのでした。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る
  2. 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族
  3. 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?
  4. 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操
  5. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝…
  6. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  7. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷ん…
  8. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?
  2. 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍
  3. 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?
  4. みにおん三国志とはどんなアプリゲーム?
  5. 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点
  6. 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!? 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将 はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの? 26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する! 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  2. 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  3. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  4. 三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた
  5. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  6. 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍
  7. 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。
  8. 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP