ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての漢

実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる

小帝(少帝劉弁)




%e7%84%a1%e8%83%bd%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%b0%91%e5%b8%9d01-%e5%8a%89%e5%bc%81

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

三国志演義においては、ミスター無能の烙印を押され、母の何(か)皇太后と共に

董卓(とうたく)に殺されてしまう、影の薄い少帝こと劉弁(りゅうべん)、、

しかし、それは演義の脚色で真実の彼は、無能でも少年でもありませんでした。

今回は、歴史に翻弄された青年皇帝、少帝の物語を紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




即位した時は16歳、少年では無かった少帝

%e7%84%a1%e8%83%bd%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%b0%91%e5%b8%9d02-%e5%8a%89%e5%bc%81

 

三国志演義では、10歳になるか、ならないかの小学生程度に描かれる少帝ですが

史実では、西暦173年、または176年の生まれになっています。

董卓が洛陽に入り政治の実権を握るのは、189年ですから、

173年生誕なら、少帝はすでに16歳になっていて

演義のイメージとは異なり青年皇帝と言っても不思議はありません。

 

弟の劉協(りゅうきょう)は181年生まれなので、

最大では少帝と8歳程年齢が違うという事になります。




叔父は外戚、何進大将軍、母は何進の妹で霊帝の妃

%e7%84%a1%e8%83%bd%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%b0%91%e5%b8%9d03-%e9%9c%8a%e5%b8%9d%e3%80%81%e4%bd%95%e7%9a%87%e5%90%8e

 

少帝の母は、何皇后と言います、後漢の12代皇帝の霊帝の皇后ですが、

元は町の肉屋の娘で低い身分の出身でした。

しかし、生まれ持った美貌と勝ち気な性格で霊帝の心を掴み

後宮に入ると、すぐに劉弁を出産して、多くいた夫人の立場から抜きんでて

180年には、皇后の座を掴んで権力を盤石にします。

 

こうして、実家の何氏は漢王朝の外戚(がいせき)になり、

兄の何進(かしん)は大将軍に昇進、何一族は、我が世の春を謳歌する事になります。

 

関連記事:霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実

 

ライバルの王美人を毒殺する冷酷な何皇后

小帝 妃

 

ところが、霊帝は浮気な男で、王美人という夫人との間に子供が生まれます。

この子が、前述した少帝の異母兄弟、劉協です。

嫉妬深い、何皇后は王美人を憎み、ついには毒殺してしまいます。

霊帝は激怒し、何皇后は地位を奪われそうになりますが、宦官に泣きついて

賄賂を贈り、なんとか皇后の地位を保つ事が出来ました。

 

霊帝の死後、少帝は即位するが、直後に悲劇が・・

小帝

 

西暦189年の5月に霊帝は崩御、宮廷は劉弁を推す、何皇太后&何進

王美人の忘れ形見の劉協を推す、霊帝の実母、董(とう)太后との争いになりますが、

政治の実権を握る何進と宦官を手なずけた何皇太后が勝利し、

董太后を洛陽から追放する事に成功します。

 

こうして即位した少帝ですが、今度は何進と宦官の間で権力争いが勃発。

何皇后は、宦官と兄のどちらにも繋がりがあり、どちらかを切るという決断が

出来ませんでした。

 

先に動いたのは宦官勢力で、偽の命令で何進を宮廷に呼び出して暗殺。

それに逆上した何進の子分である、袁紹(えんしょう)

袁術(えんじゅつ)は兵を動かして宮廷へ乱入。

3000名と言われた宦官を無差別に虐殺する事件を起こします。

 

大混乱した洛陽に董卓が入城、何皇太后を殺し、少帝を廃位する

小帝と董卓

 

混乱した宦官たちは、少帝と劉協を引き連れて洛陽を脱出します。

しかし、途中で何進の命令で洛陽に向かっていた董卓の軍勢と遭遇、

もはや、これまでと観念した宦官達は河に飛びこんで自殺しました。

 

董卓は、置き去りにされた少帝と劉協を保護して、堂々と洛陽に入城。

次第に横暴な本性を表した董卓は、何皇太后を永安宮に幽閉して、

後に毒殺、少帝も廃位して弘農王に格下げし、弟、劉協を皇帝に立てます。

これが後漢最後の皇帝、献帝になります。

 

領地、弘農郡にいた劉弁に不運が訪れる

董卓

 

皇帝の地位を剥がれたとはいえ、弘農王として平穏に過ごしていた劉弁、

ところが劉弁の寿命を縮める大事件が発生します。

それが西暦190年に結成された反董卓連合軍でした。

 

袁紹曹操(そうそう)袁術孫堅(そんけん)張邈(ちょうばく)、

王匡(おうきょ)、孔伷(こうちゅう)というような

諸侯によって構成された大軍は董卓を撃破し、危機感を覚えた董卓は、

洛陽を焼き払い、住民ごと西の長安へと遷都してしまいます。

 

その時、董卓は反董卓連合軍が、弘農王、劉弁を担いで再び帝位に

つける事を警戒し、これを殺害する事を決意するのです。

 

反董卓連合軍のリーダーの袁紹は、何進大将軍の子分で董卓が立てた

献帝を認めていないので、劉弁の身柄が手に入れば、再び皇帝に

即位させる可能性は充分にありました。

 

殺される前に宴を開き妃と歌を交わす青年 劉弁

小帝

 

董卓の追手が自分を殺しに来る事を知った少帝、劉弁は少しも恐れず、

妃や妻達を集めて別れの酒宴を開きました。

そこで、劉弁は、妃の唐(とう)妃にこんな歌を詠みます。

 

「運命とは自分ではいかんともしがたいものだ、万乗の君の地位を棄て

この土地を守らんとしても、逆臣は私の命を狙い、これ以上生きられそうもない。

いまは、ただ、やすらかに西方浄土へと旅立とうと思う」

 

それを聞いて、唐妃は、このように歌を返します。

 

「漢の天下は崩れ、国土は奪われるばかり、

帝として生まれたばかりに大事な命を若くして砕かれてしまう

今、夫婦としての生死の道を異にしてあなたと離れる私は、

独りぼっちで寂しく、胸は悲しみで潰れそうで御座います」

 

若い二人の余りにも悲しい歌を聴き、

周囲の人々は声を殺して泣きました。

 

「君は皇帝の妻だ、どうか誇りを持ち、吏民と再婚などしないでくれ、、

では、さらばだ、体を大事にするんだぞ」

 

劉弁は、唐妃にこう言い残すと董卓の兵に連行され、

生きて戻ってはきませんでした。

 

sp_title01

 

 

実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 夷陵の戦いで負ける劉備 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!
  2. 張昭 VS 孫権 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  3. 北伐する孔明 孔明の北伐の目標はどこだったの?
  4. ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布…
  5. 城の前を掃除する孔明 三国志の時代の城の機能について図解解説
  6. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始ま…
  7. 劉備軍 曹操軍 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  8. 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 黒船(ミシシッピ号)
  2. 孔明と司馬懿
  3. 馬超の兜にフォーカス
  4. 関羽を捕縛する馬忠
  5. 費禕
  6. 劉禅を説得する張嶷

おすすめ記事

  1. 【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  2. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1 光武帝(劉秀)陰麗華
  3. 明智光秀の母が謀反の切っ掛けになった?本能寺の変の引き金になった母 燃える本能寺
  4. そうなのか!新選組の近藤勇も関羽をリスペクトしていた 近藤勇と関羽
  5. 北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ! 公孫サン(公孫瓚)
  6. まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる 強引に法律の改革を行う商鞅(しょうおう)

三國志雑学

  1. 徐庶
  2. 呂布のラストウォー 呂布
  3. 司馬懿
  4. 董卓
  5. 茶を飲む張角(太平道)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬師と司馬懿は晋建国の功労者
  2. 劉備と郭嘉
  3. キングダム52巻
  4. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  5. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  6. 呂布を心配する張楊(ちょうよう)
  7. 2つの持論を展開する費禕

おすすめ記事

処刑寸前で止める廬毓(ろいく) 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第2話:三国夢幻演義 龍の少年「龍の目覚め」配信中 郭嘉 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった! 織田信長 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの? 玉璽 三国志 玉(ぎょく)が大好きな中国人 呉の孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半) 曹操に降伏する劉琮 劉琮とはどんな人?なぜ曹操と戦わず降伏したの? 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定させた名官僚

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP