呂布特集
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの?

李斯




政

 

大人気春秋戦国時代漫画、キングダムは新しい展開に入りました。

趙との死闘、黒羊丘の戦いが一度終結した後、秦王政(せい)は、

斉王建(けん)と秘密裏に歴史的な会談を行います。

その会談の中で政は中華五百年の戦乱を終わらせる壮大な計画を口にし

斉王は、その志が変わらない限り、斉は全ての戦いを静観すると、

事実上の二国間同盟を約束するのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




斉王を驚愕させた政の新国家建国構想

キングダム 政

 

政の中華統一の大義とは、秦の名の下に六国を征服するのではなく、

七国を一度解体して、巨大な統一国家を築くという構想でした。

しかし、斉王は、それは不可能だと一笑に伏します。

 

理由は、七国は全て文化が違い、言語も違い、貨幣が違い、

政治体制が違うからで、それを一つにすれば、すぐに混乱から

新たな戦争が生まれると言うのです。

 

ですが、政は言ってのけます。

 

新国家を治めるのは人ではない、それは法であり王でも百姓でも

法の下では平等に扱われる世界だ・・

 

公平で厳格な法が、平等・公平に七国の民を治める、それこそが、

五百年の戦乱を治め、平和が訪れる唯一の方法だと政は主張したのです。

 

斉王建は、この壮大な構想に圧倒され落涙し、政の瞳に希望を見出し、

その瞳が濁らない限り、斉は秦が起こす中華統一の全ての戦いに

加担せず静観すると宣言します。




昌文君は法による支配を実現できる人材を求めていた・・

李斯

 

この秦王と斉王の会見は、呂不韋(りょふい)四柱、蔡沢(さいたく)が

仕組んだものでしたが、蔡沢は両者の会談を見届けると安心したように永眠します。

会談の一部始終を聞いていた左丞相、昌文(しょうぶん)君は

法による支配について、ずっと考えていました。

悲しいかな、武官である昌文君では、法の支配など、

途轍もなさ過ぎて全く考えが及ばないのです。

 

それは右丞相である昌平(しょうへい)君も同じであり、

秦王の周辺には、法による支配を実現できる存在がいませんでした。

 

政の言葉を聞いた、その時から、昌文君は政の理想を形にする

法のスペシャリストを探していたのです。

 

関連記事:成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!

関連記事:ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる

 

肆氏が断言、法の番人李斯こそが中華一の人材

李斯

 

蔡沢の盛大な葬儀の最中、昌文君は、肆氏(しし)に対して、

 

「秦国において法の第一人者は、お前という認識であっているか?」

という質問を口にします。

 

肆氏は最初、そうだと言いますが、すぐに打ち消して、

 

呂不韋四柱、法の番人、李斯(りし)こそが第一人者だ」と言います。

 

深夜、昌文君は死臭と糞尿の臭いの交じる牢獄へ密かに馬車を走らせます。

この牢獄こそ、李斯が収監されている場所でした。

すべてを失い、罪人の身に落ちた李斯は、今は純粋な法家となり、

牢獄にまで法律書を積み上げて、新しき法理論の構築に夢中になっていました。

 

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

 

李斯は、どうして昌文君の求めに応じたのか?

李斯 ネズミ

 

李斯の夢とは、中華を法の思想によって統一する事でした。

李斯もまた、中華を支配するには、秦という強大な一国の圧制では

不可能であり、万民が等しく従わざる得ない法の支配こそが、

五百年の戦乱を終結させると確信していたのです。

 

それが可能であれば、仕える人間は誰でもよいという度量が李斯にはあります。

なので、昌文君から秦王政が法による支配を口にしたと聞くと気持ちが揺らぎます。

 

呂不韋の下では、李斯は法知識に優れた便利な男に過ぎませんでした。

ですが秦王政の下なら、李斯が理想とする法により公平に統治される世界の構築に

自分が関わる事が出来るかも知れない、その予感があったからです。

 

李斯の考える法の最大の敵とは・・

孔子 儒教

 

仮に秦が中華を統一したとしても、それを国民が増えただけと考えれば

必ず統一事業は破綻すると李斯は断言します。

理由は、政が述べた通り七国は文化も言語も秤も違っているからです。

そして、最大の障害は思想であると李斯は言いました。

 

「中原、魏、趙、韓、中華においては、儒家が法の上にくる

中華を本当の法治国家にしたいなら、法と思想の戦いは避けられない」

 

儒家とは、中華土俗の思想である儒教の徒を意味しています。

法の強制を嫌い、人間の自律的な修養、徳の力を絶対視する儒家は、

大昔から現実主義の法家とは対立する思想でした。

 

図らずも李斯の言葉は遥かな後年、焚書坑儒という儒家の大弾圧として

出現してくるのですが、それは後の話です。

 

ここで李斯は話を転じて、昌文君に質問します。

 

「では、昌文君、法とは一体なんだ?」

 

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

李斯が考える理想の法とは?

禰衡

 

昌文君は咄嗟に質問され言葉に詰まりますが、

 

「法とは、刑罰をもって人を律し治めるものだ」と答えます。

 

李斯は、それを馬鹿な!と一蹴しました。

 

「刑罰とは手段であって法の正体ではない、、法とは願いだ

国家がその国民に臨む人間の在り方の理想を形にしたものだ!

統一後 この全中華の人間にどうあって欲しいのか、

どう生きて欲しいのか、どこに向かって欲しいのか?

それをしっかりと思い描け!」

 

昌文君は法の番人、李斯の思想の凄みに圧倒されます。

 

(法とは願い、、李斯を登用し中華を法の支配する土地とする事こそ

人間が人間らしく幸福に生きられる世界こそ、死んだ蔡沢の、

そして我等が大王の願いだ)

 

昌文君は土下座し、李斯に再び、秦王に仕えてくれるように懇願します。

李斯は、こうして政の中華統一の夢に参加する事になるのです。

 

関連記事:禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏

関連記事:こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

中華の統一には、異なる二つの力が必要になります。

一つは、信(しん)や桓騎(かんき)王賁(おうほん)

蒙武(もうぶ)のように力で敵軍を破壊する武官の力。

 

もう一つは、新しい帝国に相応しい統治制度を整え

一度破壊した国を再び一つに纏め上げる文官の力です。

 

李斯は、その文官の力の最たるもので、今後、キングダムで重要な

位置を占めて行くのは間違いありません。

李斯の頭脳の戦いを注目して見ていきましょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 劉焉 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  2. 夏侯惇 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理…
  3. 嬴政(始皇帝) 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  4. 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?
  5. 袁術 まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術
  6. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理
  7. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ…
  8. 董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 女真族は辮髪
  2. 郭嘉
  3. 三国志ライター黒田レン
  4. 明智光秀 麒麟がくる
  5. 孫尚香
  6. はじめての三国志
  7. 光武帝(劉秀)陰麗華

おすすめ記事

  1. キングダム 525話 ネタバレ予想:朱海を翔ぶ鳳凰
  2. 宦官とはどんな人たち?朝廷を牛耳った宦官の役割を紹介 宦官
  3. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師
  4. 孫権の妃達は地味な上にあまり幸福ではなかったって本当? 謝夫人 孫権の妻
  5. 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った 劉禅
  6. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!

三國志雑学

  1. 酒を飲む曹操、劉備、孫権
  2. 孔明もコペルニクスに似ていた
  3. 二刀流の劉備
  4. 魔王曹操
  5. 曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬懿と曹爽
  2. 華陀
  3. キングダム54巻amazon
  4. 夏侯淵
  5. 司馬懿

おすすめ記事

韓信vs孔明 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった! 一騎打ちをする太史慈と孫策 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは? 空箱を受け取る荀彧 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍 漢の顔良(がんりょう) 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 袁家をイジメる董卓 呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!? 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識! 戦え于禁 于禁はチキン?その評価の妥当性について考えてみた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP