編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった?

この記事の所要時間: 342




曹操 夏侯惇

 

覇王・曹操(そうそう)の分身として最も信頼された武将であった

夏侯惇元譲(かこうとん・げんじょう)

隻眼というフォルムから猛将だと思われがちですが、事実は武将としてではなく

政治家としての才能の方に秀でた人物でした。

 

夏侯惇

 

さて、そんな夏侯惇の一族は、夏侯惇の死後、どうなったのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?




夏侯惇の後を継いだのは、夏侯充

 

夏侯惇には、夏侯充(かこうじゅう)、夏侯楙(かこうぼう)、

夏侯?子臧(かこう?しぞう)、夏侯?子江(かこう?しこう)という四名の男子がいます。

記録では4名ですが、実際の夏侯惇には八人の子と二人の孫がいたようです。

その中で、夏侯楙と夏侯惇の弟の夏侯廉(かこうれん)は

すでに夏侯惇の生前に列侯に封じられていました。

 

※ちなみに、?がついている2名は、禕(いみな)が

分っていないのでそうしています。

 

曹丕

 

魏の文帝、曹丕(そうひ)は、建国の功臣である夏侯惇の功積を称えて

子孫を残らず列侯にしようと夏侯惇の食邑の中から千石を分けて、

夏侯充以外の夏侯惇の七子二孫を関内侯にします。

 

もちろん、封爵は男だけですから、もしかすると

夏侯惇には、女の子や孫も居たかも知れません。

そうだとすると、曹操には及ばないにしてもかなりの子沢山です。

 

さて、夏侯充ですが、父とは違い、高安郷侯の位を継いだ以外には、

これという功積は無かったようです。

 

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い




夏侯充の後を継いだのは、夏侯廙

 

夏侯充は西暦224年に死去しました。

父の夏侯惇の死後4年とは、かなり早いです。

その夏侯充の後を継いだのは、夏侯廙(かこうよく)という人物でした。

 

この夏侯廙も、名前に聞き覚えがない事に恥じず、

祖父の夏侯惇が死去した時に13歳で関内侯になった事と

父の死後に家督を継いで高安郷侯になった以外に、

これという功積も見られません。

 

夏侯廙は、西暦239年死去します。

記録が確かなら、32歳前後という早死になります。

 

夏侯廙の死後、家督は夏侯充の弟、夏侯佐が継ぐ

 

夏侯廙は、若死にだったようで、嫡男は、まだ幼児でした。

そこで、夏侯充の次男の夏侯佐(かこうさ)を代わりに継がせます。

こうして、高安郷侯になった夏侯佐ですが、彼には嫡男がいません。

 

西暦266年、彼が死去すると、すでに魏から禅譲を受けて

晋を建国していた武帝、司馬炎(しばえん)から勅が降ります。

 

「夏侯惇は魏の元勲であり、その手柄は竹帛にも書かれている程である

その家を絶やすわけにはいかない、近親から家を継がせて血脈を繋ぐように・・」

 

こうして、一度は幼かった為に家を継げなかった夏侯劭(かこうしょう)が、

高安郷侯の地位を継ぐ事になります。

 

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

 

夏侯劭の時代に、夏侯惇の家は断絶・・

 

ところが、こうして、地位を回復した夏侯劭にも

子孫はいなかったようで、ここで夏侯惇の家は途絶えています。

 

夏侯劭がいつ亡くなったのか分りませんが、時期的に考えて、

王朝も交替している事ですし、それ以上、近親者を探して

夏侯惇ブランドを引き継がなくても良かったのかも知れません。

 

高安郷侯の地位は、違う武将に引き継がれたのでしょう。

 

親の七光で出世した兄を妬んで、引きずり落そうという泥試合

 

はっきり言いまして、夏侯惇の子孫には、ろくな人がいません。

人畜無害なら、まあいいとしても、これから紹介する二人は、

兄弟同士で愛憎の泥試合をして家名に傷をつけています。

 

夏侯惇が死去した時、次兄の夏侯楙は、葬儀の際の礼義がなっていないと

弟の夏侯?子威、夏侯?子藏の事を讒言しました。

 

しかし、この夏侯楙、曹操の娘の清河(せいが)公主をもらって出世した、

「親の七光男」で女遊びと金儲けと遊興に耽るというダメ人間でした。

そんなどうしようもない兄なのに、地位だけは高く鎮東将軍で持節、

更には夏侯淵(かこうえん)の後継として関中都督も兼任して、

副首都とも言える長安を守備していました。

 

そんな兄貴に讒言されたのですから、二人の弟は内心穏やかではありません。

(お前なんぞに言われたくねえよ、、クソ兄貴が今に見てろ!)

 

そこで、夏侯?子威と夏侯?子藏は、夫の浮気ですっかり夫婦仲が、

冷めきっていた清河公主を巻きこんで夏侯楙を曹叡(そうえい)に讒言してします。

曹叡は、度を過ぎた夏侯楙のご乱行に激怒して、これを処刑しようとしますが、

長水校尉の段黙(だんもく)が曹叡に弁明します。

 

「陛下、これは、兄弟同士の痴話喧嘩の類です。

どうか、本気になさいませぬように・・」

 

これで曹叡は気を静めて、結局讒言は失敗しました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

 

夏侯惇の子孫達の話は、全部集めても、夏侯惇一人の伝記にも及びません。

それはそうとして、一番目立つのが、兄を陥れようとする兄弟同士の

泥試合とは、死んだ夏侯惇があまりにも可哀想です。

 

もしかすると、忙しかった夏侯惇は、それほど子育てに熱心ではなく

そのせいで、子孫はこうなった、、という事かも知れません。

まったく、鷹がトンビを産んだという残念な夏侯惇一族です。

本日も三国志の話題をご馳走様でした・・

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ
  2. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  3. 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元…
  4. 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13…
  6. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期
  7. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  8. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?
  2. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?
  3. 三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ-とはどんなアプリゲーム?
  4. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう
  5. 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?
  6. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント? 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男

おすすめ記事

  1. 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦
  2. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1
  3. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?
  4. 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期
  5. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?
  6. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」
  7. 三国志では何故、最初に蜀が滅びたの?
  8. 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP