曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

この記事の所要時間: 511




孔明

 

蜀の丞相である諸葛孔明は魏を倒そうと幾度も北伐を行います。

しかし三国志を知っている方ならご存知ですが、孔明の北伐はすべて失敗に終わり、

魏を打倒することができませんでした。

しかし孔明の北伐が成功した可能性があったかもしれない時があったのを皆さんご存知でしたか。

そのきっかけを作ったのが魏の武将である孟達(もうたつ)の内応です。

彼がしっかりとしれていれば孔明の北伐は成功していたかもしれません。

 

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

はじめての三国志全記事一覧はこちら




劉璋から劉備に仕える

孟達

 

孟達(もうたつ)は始め劉璋(りゅうしょう)の家臣として仕えておりましたが、

劉備が益州へ攻撃をしかけて来ると彼の陣営に寝返り劉備の家臣として仕えるようになります。

劉備軍によって益州平定が完了すると、

孟達は荊州の西北に位置する宜都(ぎと)と呼ばれる土地の太守に任命されます。

宜都太守となった孟達は魏の領土である上庸(じょうよう)へ攻撃を仕掛けて、

魏の上庸太守を降伏させこの地を劉備から任せられるようになります。




劉備の怒りを恐れて魏に寝返る

孟達と劉備

 

上庸の地を任されられるようになった孟達ですが、

荊州の江陵(こうりょう)都督となっていた関羽(かんう)とそりが会いませんでした。

その為、関羽が樊城(はんじょう)攻略戦に失敗して危機的状況に陥った時、

援軍を出さずに見殺しにしてしまいます。

その後関羽は呉軍に捕まり処刑されてしまいます。

孟達は関羽を助けに行かなかった事で劉備が怒り、

このまま蜀にいればいずれ殺されてしまうのではないかと考えます。

そして彼は上庸の土地を手土産に魏へ降伏します。

魏の皇帝であった曹丕(そうひ)は孟達のカッコよさと才能に惚れてしまい彼に、

西城(せいじょう)・房陵(ぼうりょう)・上庸の三つ土地を合わせた領土の太守に任命。

こうして孟達は蜀にいた頃よりも出世することになります。

 

関連記事:関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!

関連記事:どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂が提案

 

魏の国内で仲間を作り地位を磐石な物にする

曹丕

 

孟達は自らの地位を磐石なものにするため、曹丕とは懇意に付き合っておりました。

しかし皇帝である曹丕とは強固な信頼関係を構築することに成功しましたが、

いつ何が起きるかわからないため親しく付き合うことが出来る人間を探します。

その結果曹丕のお気に入りの武将である夏侯尚(かこうしょう)に接近。

彼は夏侯尚を家に招いて宴会を幾度か行うことで、互いの事をよく知る仲となります。

他にも夏侯尚から紹介された人物と交わっていくことで、

魏国の中で自分の地位を確立していくことに成功します。

 

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?

 

孟達の優遇に古い家臣達が反発するも・・・

楽綝

 

こうして孟達の地位は磐石な物になっていくのですが、

魏に長年仕えている臣下達からしてみれば孟達の異常な出世ぶりを見ておもしろくありません。

そこで彼らは曹丕に「孟達は劉璋を裏切って劉備につき、

今また関羽を裏切って魏へ寝返ってきました。

このように裏切りを重ねている人物に広大な土地を任せてもいいのでしょうか。」と曹丕に進言します。

すると曹丕は「いや孟達は絶対に曹魏を裏切ることはしない。

なぜならば私が信用しているからだ。」と孟達を心の底から信用している皇帝でした。

 

絶頂期の終わり

孟達 曹丕

 

曹丕の信頼を勝ち得ることに成功した孟達は曹丕が生きている間は、彼の地位は磐石でした。

しかし彼は突然亡くなってしまいます。

また曹丕が亡くなる前に親友であった夏侯尚は奥さんを亡くしてしまい、

そのショックから気が狂ってしまい亡くなってしまいます。

こうして孟達が親友として頼りにしていた夏侯尚までも亡くなってしまうと、

他に頼れる人物がいなくなってしまい、彼の絶頂期が終幕を迎えることになります。

そして彼は魏の国において辺境ではあるが、

広大な土地と大きな兵力を抱えていることに不安を感じ始めます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】
  2. 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政…
  3. 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?
  4. 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から…
  5. 兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る
  6. 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に…
  7. 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績…
  8. 袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】
  2. 謎の中華料理「日本豆腐」と「孔明点灯豆腐」とは?
  3. 【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった?
  4. 【大三国志 攻略1】ついに始まった中国韓国で大ヒットしている戦略RPGの三国志
  5. 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ
  6. 「ざっくりとわかる三国志」をはじめました。

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの? 阿部正弘の墓はどこにある?イケメン老中の眠る谷中墓地を紹介 王烈(おうれつ)を知っていたら三国志マニア?名声をもっていながら民衆として生きた名士 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今後どうなる? 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家 【空海KU-KAI】空海が修行した長安青龍寺によかミカンが行ってみた

おすすめ記事

  1. 愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編
  2. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  3. 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想!
  4. 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【9/4〜9/10】
  6. 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー
  7. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える
  8. 呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP