帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師

この記事の所要時間: 659




羌瘣

 

始皇帝は戦国七雄と言われた国々をキングダムの主人公・李信やヒロイン羌瘣(きょうかい)などの

将軍を投入して天下統一を果たします。

 

陳勝・呉広

 

しかし始皇帝の死後、陳勝(ちんしょう)・呉広(ごこう)の反乱が勃発したことがきっかけで、

全国各地で反乱が勃発します。

 

項羽 はじめての三国志002

 

この反乱で立ち上がった群雄の中に楚の名将・項燕の血を引いている

項梁(こうりょう)と項羽(こうう)も秦帝国に反旗を翻して独立。

後に項梁が亡くなってしまったことがきっかけで項羽が跡を継ぐことになります。

彼は戦いを行えばほとんど無敵といっていいほどの戦上手でした。

そんな彼に軍師がいたことを知っておりましたか。

その軍師こそ項羽のパパ兼軍師役を務めていた范増という人物です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




天下乱れる

キングダムと三国志

 

范増は若いときから一体何をやってきた人物かはっきりと分かってはおりません。

それどころか史記や他の歴史書に彼の名前すら乗ってはいませんでした。

その後天下は始皇帝によって統一され、

彼は中華で何も残すこともなく乱世の終幕を迎えることになります。

しかし70歳を迎えた時彼の人生を大きく変えるできことが。

 

始皇帝 キングダム

 

それは始皇帝が亡くなったことと陳勝・呉広が秦帝国に反乱を起こしたことです。

この反乱によって秦帝国に不満をもっていた6国の旧貴族や豪族達が一斉に反乱。

この時に南方の楚で反乱を起こした人物がおりました。

それは項梁と項羽でした。

彼らは反乱を起こして勢力を拡大し、

薜の地で反乱を起こした諸将を集めて会議を開くことにします。




400キロ以上を踏破して、進言を行う

范増

 

范増は項梁が薜の地で諸将を集めて会議を開くとの噂を聞くと

従者を一人連れて薜へ向かうことにします。

しかし范増がいた地から薜までなんと400キロ以上あり、当時彼は70歳の年齢でありました。

現在の老人に東京から北へ400キロの地にある岩手県盛岡市まで歩いて行ってきてと頼んでも、

まず無理でしょう。

途中でギブアップしてタクシーなどの乗り物を使うか、

疲労で倒れてしまうかのどちらかだと思います。

しかし范増はなんとこの400キロ踏破を成し遂げて薜の地へ到着するのです。

一体どんな鍛え方をすれば70の爺様が400キロを踏破することができるのでしょうか。

そして彼は薜の地にいる項梁に会見を申込みます。

 

 

范増の進言とは

項羽

 

范増は項梁と会見すると旅の疲れを感じさせないしっかりとした口調で、

「項梁殿。秦は天下統一する際、楚に対してかなり悪辣な事をしておりました。

この事を知っている天下の豪族や知識層は楚に同情していることは間違えありません。

その証左として我が軍に多くの豪族達が参加している。

また陳勝達は反乱を成功させて大勢力となっていた後なぜあんなにも早く章邯(しょうかん)に

敗北してしまったのでしょうか。

それは陳勝自ら王を自称したからです。

以上の事を踏まえて項梁殿には楚を最高してもらうことを第一に考えてもらい、

楚の王を探して擁立させることを進言します。

楚王を擁立していれば、項梁殿が楚を再興していくのだと思い、

現在よりも多くの将兵があなた様の元へ集まることになり、

一致団結して秦を討伐することができるでしょう。」と進言。

この進言を聞いた項梁は早速彼の提案を採用して、楚王を探索を開始します。

その後、羊使いとして農業を営んでいた人物が楚王の孫であることが判明。

彼は早速この羊使いを楚の王様として向かい入れて懐王(かいおう)として擁立します。

こうして項梁は楚王擁立に成功して范増の進言通り、多くの諸将が項梁の元へ集結してきます。

 

劉邦と項羽

 

その中には後年項羽と覇を競うことになる

劉邦(りゅうほう)の姿や張良(ちょうりょう)の姿もありました。

 

関連記事:【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】

関連記事:張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)

 

 

再び歴史の中に埋もれてしまう

三国志 人材 劉邦

 

 

范増(はんぞう)は優れた進言を行ったにも関わらず、その彼の行動はわかっていません。

一体何をしていたのか分かりかねますが、

多分懐王の近くにいる項梁に仕えていたのは間違えないと考えます。

その後項梁が章邯奇襲作戦によって討ち死にすると、

項羽が彼の跡を継いで楚軍の総大将となります。

 

范増は何をやっていたのか

項羽

 

范増はその後項羽と共に趙救出参戦である鉅鹿(きょろく)の戦いに参加していたと考えられます。

これも確証がないので何とも言えないですが、

私の推測では懐王の近くに侍っていたであれば項羽軍の軍師として活躍できなかったでしょう。

その理由は、項羽は後に懐王を殺害しているからです。

この時に懐王と共にいれば間違えなく殺害されていたでしょう。

また項羽は戦功がないものや自分が気に入らない武将に対しては

厳しすぎるくらいの態度で接しておりました。

しかし范増に対してはそのような態度で接していないことから項羽が項梁の跡をついでから、

仕えていたのではないかと推測します。

そして范増の名が再び現れることになるのは歴史に名高い鴻門の会になってからです。

 

関中王レースに参加する群雄

張良㈭ 広武山決戦編03 劉邦と項羽

 

懐王は項梁が章邯によって殺害されると諸将を呼び出し「関中へ一番最初に入った者こそ、

関中王の名にふさわしい。

よって関中に一番入った者を関中王に任命する。」と諸将の前で高らかに宣言します。

この宣言を聞いて奮起したのが項羽と劉邦でした。

しかし項羽は章邯軍に包囲されて滅亡寸前に

追い込まれていた趙救援にむかわなくてはなりませんでした。

そしてライバルである劉邦はまっすぐ東にある関中盆地へ向かうように指示が出されます。

その後項羽は章邯軍を打ち破って勝利を収めることに成功し関中へ急ぎますが、

秦の国門として名高い函谷関(かんこくかん)には劉邦軍の旗がはためいておりました。

 

函谷関

 

項羽は怒り狂い函谷関を閉じて籠城の構えを見せている劉邦軍へ猛攻をかけて、

函谷関を強引に突破。

劉邦軍の本陣である咸陽(かんよう)へ向かってひた走っていきます。

 

関連記事:キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密

 

謀略渦巻く「鴻門の会」その1

張良 劉邦

 

劉邦は項羽軍が函谷関を打ち破って咸陽へ向けて驀進していることを聞くと大いに驚き、

すぐに使者を発します。

項羽と范増は劉邦の使者から「劉邦は項羽殿と敵対する意思は全くありません。

函谷関を閉めたのは、東方からくる賊軍から咸陽を守るためです。

項羽様と敵対する意思がないことを証明するためにすでに咸陽を出ております。

また此度の失態を陳謝するため、あす早朝項羽殿の陣へ劉邦自ら謝りに来ると申しております。」

と述べます。

この使者の言葉を聞いた項羽は何も言わずにただ頷くだけでした。

范増は使者がいなくなると項羽へ「殿。劉邦が咸陽の美女や宝石、宝物に一切手をつけず

立ち去ったのは、関中に住む秦人の人気を得るためでしょう。

そこであすここに陳謝にやってきた劉邦を一度許し、親睦を兼ねて宴会を開きましょう。

そして私が目配せを行った時に殺害してしまうべきと勘考します。」と進言。

この進言を聞いた項羽は劉邦を暗殺する決意を固めます。

 

念を入れる周到さ

劉邦

 

范増は項羽に進言を行った後、項羽の従兄弟である項荘(こうそう)を呼び出して、

「あす劉邦がここへ謝罪しにやって来る。

その後宴会を催するのであるが、私の合図で劉邦の前で剣舞を舞ってくれないだろうか。

そして剣舞を舞っている最中劉邦を刺殺して欲しい。」とお願いします。

項荘は大いに頷き「承知した。明日は私に任せて欲しい」

と胸を叩いて自信満々の表情と口調で、快諾します。

こうして劉邦暗殺を実行するべく、準備を整えて行くのでした。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法…
  2. 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い
  3. キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの…
  4. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  5. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ
  6. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  7. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かっ…
  8. 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  2. 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  3. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  4. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  5. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  6. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

十常侍ってなんぞや? ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの? はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・ 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説

おすすめ記事

  1. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  2. 東方明珠のへなちょこ万里長城旅行記 その5
  3. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?
  4. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  5. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  6. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!
  7. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説
  8. 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画
袁術祭り
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP