架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?

この記事の所要時間: 339




三國志13

 

三国志をゲームで初めて知ったというユーザーも多いと思います。

カードゲームや無双などのアクションゲーム、

そして昔ながらのシュミレーションゲームと三国志のゲームの幅は広がる一方です。

それだけ魅力的な世界なのだと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




シュミレーションゲームの数値

許劭 許子将

 

ゲームとなると気になるのは登場人物たちの能力であり、その能力をわかりやすくした数値です。

基本的にMAX100で表現されています。

定番は呂布の武力100、諸葛亮孔明の知力100といったところでしょうか。

もちろん納得いかないユーザーもたくさんいるでしょう。

細かく数値化すると人物の優劣がはっきり示されます。

ひいきにしている武将や軍師の能力が低いとやはり残念な気持ちになります。

しかし全員を納得させる数値の付け方というのは不可能に近いです。

ですからおおよそ多数決で決まったような数値の付け方が主流です。




李儒のパラメーター(能力値)

李儒

 

なかには「どうしてこんなに数値が高いのだろうか」

「どうしてこんなに低いのだろうか」という人物もいます。

李儒(りじゅ)はそのなかでも疑問にあがる人物のひとりではないでしょうか。

知力はだいたい90以上になります。

李儒より有名で、活躍した軍師がたくさんいますが、ほぼ同程度です。

ゲームのなかでいくとかなり頼れる軍師に数えられます。

なぜでしょうか。

 

基本的に能力値は「三国志演義」のお話をもとにして決められているケースがほとんどです。

演義では李儒は董卓にとって頼れる懐刀です。

単なるローカル武将だった董卓を支えて、天下を掌握するところまで引き上げた手腕は見事です。

よって評価は高くなったのでしょう。

 

日本人は数値化が好き

劉備 曹操

 

そもそも個人の能力を細かく数値化すること自体が難しい話ではないでしょうか。

日本人はテストだの内申点だのノルマだの数値化することが大好きな民族です。

ゲームですからまあ許せる話かもしれませんが、当の本人がこの数値を聞いたら憤りを感じるでしょう。

李儒はどうなのでしょうか。

案外、過大評価されていて驚くかもしれませんね。

 

関連記事:何で日本人は三国志が好きなの?

関連記事:文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い?

 

シュミレーションゲームの改善点

劉備と曹操

 

私も三国志のシュミレーションゲームは大好きです。

もちろん日本の戦国時代ものも同じくらい好きです。

ゲーム内容が改良されて進化していく姿も毎回楽しみにしています。

ただ何点か改善してほしいなーと感じるところもあります。

そのひとつが戦場における武将の存在価値です。

知力が低いが武力の高い武将がいます。

呂布(りょふ)張飛(ちょうひ)などがその筆頭にあげられます。

彼らに副将や参謀をつければ問題ないのですが、

彼らだけで部隊を率いて出陣させると、

ただ単純に知力の高い将がいる部隊に簡単に混乱させられます。簡単に火計にはまります。

ほとんど活躍できずにいるのです。

実際の戦場でそんなことが起こるのでしょうか?

戦上手で名の知れた呂布や張飛が、精鋭を率いて進撃していたら、

普通の部隊の方が逆に恐怖で委縮し、混乱するはずです。

たいして戦の経験の無い文官ごときに部隊をひっかきまわされることなどありえません。

戦の機微を知っているのは実戦を多く経験している彼らなのですから。

一騎打ちうんぬんはさておき、

戦場で最も活躍すべき人物たちが無下に扱われていることが私は残念ですね。

皆さんはいかがでしょうか。

 

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

関連記事:こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯

 

董卓配下の評価

賈詡

 

ついでに記載すると董卓配下の将たちの数値が低いのも気になります。

猛者揃いの西涼で名の知れた人物たちです。

部隊を率いても、一騎打ちをしてももっと強かったのではないでしょうか。

でなければあの董卓が将に任じるはずもありません。

李傕(りかく)や郭汜(かくし)は、知力、魅力、政治力は特に文句もつけませんが、

武力、統率力あたりは80以上あってもいいと思います。

特に郭汜は一騎打ちにおいて呂布とも引き分けるほどという話ですから90以上は欲しいですね。

 

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

群雄たちの勢力のバランスを考えると、

李傕や郭汜が雑魚扱いされている分、李儒が高い数値を付けられているような気がします。

確かに後世のひとの李傕・郭汜の評価は低いものがあります。

歴史がそれを証明しているのかもしれませんが、歴史が正当なものかどうかは定かではありません。

そこには政治的な要素も多分に含んで綴られています。

以前の政権の人間をこけおろすのは常套手段ですからね。

もしかしたら李儒は諸葛亮孔明以上、李傕・郭汜は張遼や馬超以上だったかもしれませんよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた…
  2. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  3. 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習
  4. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホー…
  5. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見…
  6. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようと…
  7. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外…
  8. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【センゴク】新事実かも!武田滅亡の原因は信玄のせいだった?
  2. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀
  3. 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  4. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?
  5. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  6. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意] 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソード 諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの? 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎の生涯から迫まる! これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの? 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期

おすすめ記事

  1. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介
  3. 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐
  4. 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻
  5. 幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について
  6. 魏や呉にもいた諸葛一族の話
  7. こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【7/31〜8/6】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP