ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

はじめての変

コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三國志13

 

三国志をゲームで初めて知ったというユーザーも多いと思います。

カードゲームや無双などのアクションゲーム、

そして昔ながらのシュミレーションゲームと三国志のゲームの幅は広がる一方です。

それだけ魅力的な世界なのだと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情


シュミレーションゲームの数値

許劭 許子将

 

ゲームとなると気になるのは登場人物たちの能力であり、その能力をわかりやすくした数値です。

基本的にMAX100で表現されています。

定番は呂布の武力100、諸葛亮孔明の知力100といったところでしょうか。

もちろん納得いかないユーザーもたくさんいるでしょう。

細かく数値化すると人物の優劣がはっきり示されます。

ひいきにしている武将や軍師の能力が低いとやはり残念な気持ちになります。

しかし全員を納得させる数値の付け方というのは不可能に近いです。

ですからおおよそ多数決で決まったような数値の付け方が主流です。


李儒のパラメーター(能力値)

李儒

 

なかには「どうしてこんなに数値が高いのだろうか」

「どうしてこんなに低いのだろうか」という人物もいます。

李儒(りじゅ)はそのなかでも疑問にあがる人物のひとりではないでしょうか。

知力はだいたい90以上になります。

李儒より有名で、活躍した軍師がたくさんいますが、ほぼ同程度です。

ゲームのなかでいくとかなり頼れる軍師に数えられます。

なぜでしょうか。

基本的に能力値は「三国志演義」のお話をもとにして決められているケースがほとんどです。

演義では李儒董卓にとって頼れる懐刀です。

単なるローカル武将だった董卓を支えて、天下を掌握するところまで引き上げた手腕は見事です。

よって評価は高くなったのでしょう。


日本人は数値化が好き

劉備 曹操

 

そもそも個人の能力を細かく数値化すること自体が難しい話ではないでしょうか。

日本人はテストだの内申点だのノルマだの数値化することが大好きな民族です。

ゲームですからまあ許せる話かもしれませんが、当の本人がこの数値を聞いたら憤りを感じるでしょう。

李儒はどうなのでしょうか。

案外、過大評価されていて驚くかもしれませんね。

 

関連記事:何で日本人は三国志が好きなの?

関連記事:文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い?


シュミレーションゲームの改善点

劉備と曹操

 

私も三国志のシュミレーションゲームは大好きです。

もちろん日本の戦国時代ものも同じくらい好きです。

ゲーム内容が改良されて進化していく姿も毎回楽しみにしています。

ただ何点か改善してほしいなーと感じるところもあります。

そのひとつが戦場における武将の存在価値です。

知力が低いが武力の高い武将がいます。

呂布(りょふ)張飛(ちょうひ)などがその筆頭にあげられます。

彼らに副将や参謀をつければ問題ないのですが、

彼らだけで部隊を率いて出陣させると、

ただ単純に知力の高い将がいる部隊に簡単に混乱させられます。簡単に火計にはまります。

ほとんど活躍できずにいるのです。

実際の戦場でそんなことが起こるのでしょうか?

戦上手で名の知れた呂布張飛が、精鋭を率いて進撃していたら、

普通の部隊の方が逆に恐怖で委縮し、混乱するはずです。

たいして戦の経験の無い文官ごときに部隊をひっかきまわされることなどありえません。

戦の機微を知っているのは実戦を多く経験している彼らなのですから。

一騎打ちうんぬんはさておき、

戦場で最も活躍すべき人物たちが無下に扱われていることが私は残念ですね。

皆さんはいかがでしょうか。

 

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

関連記事:こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯

 

董卓配下の評価

賈詡

 

ついでに記載すると董卓配下の将たちの数値が低いのも気になります。

猛者揃いの西涼で名の知れた人物たちです。

部隊を率いても、一騎打ちをしてももっと強かったのではないでしょうか。

でなければあの董卓が将に任じるはずもありません。

李傕(りかく)郭汜(かくし)は、知力、魅力、政治力は特に文句もつけませんが、

武力、統率力あたりは80以上あってもいいと思います。

特に郭汜は一騎打ちにおいて呂布とも引き分けるほどという話ですから90以上は欲しいですね。

 

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂さん02b 背景あり

 

群雄たちの勢力のバランスを考えると、

李傕郭汜が雑魚扱いされている分、李儒が高い数値を付けられているような気がします。

確かに後世のひとの李傕・郭汜の評価は低いものがあります。

歴史がそれを証明しているのかもしれませんが、歴史が正当なものかどうかは定かではありません。

そこには政治的な要素も多分に含んで綴られています。

以前の政権の人間をこけおろすのは常套手段ですからね。

もしかしたら李儒は諸葛亮孔明以上、李傕・郭汜は張遼馬超以上だったかもしれませんよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 貂蝉 スケベには回避不能?董卓を滅ぼした貂蝉の連環の計
  2. 坂の上の雲の主人公・秋山真之と後漢王朝の張衡には深い関係があった…
  3. 孔明 郭嘉 周瑜 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!
  4. 黄忠の様子を見に行く趙雲 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?
  5. 呉の孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  6. 孟達と孔明 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  7. 三国志の主人公・劉備 何で日本人は三国志が好きなの?
  8. 甘露寺 十字紋石 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操を励ます荀彧
  2. 酔っ払う関羽
  3. 賈詡
  4. 真田丸 武田信玄
  5. 山本勘助 wikipedia
  6. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  7. 三国志のモブ 反乱

おすすめ記事

  1. 謎の中華料理「日本豆腐」と「孔明点灯豆腐」とは? 三国志の計略と孔明
  2. 三国志フェス2015に「はじめての三国志」のおとぼけも主演します!
  3. 曹丕は毒蛇使いだったのか?曹操最愛の息子・曹沖の死の真相 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  4. キングダム「激突!龐煖vs羌瘣」 ホウ煖(龐煖)
  5. 老荘思想(道家)ってどんな思想?ありのままに? 老荘思想(ろうそうしそう)
  6. 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男 関羽の死

三國志雑学

  1. 司馬遷(しばせん)
  2. 曹操と劉備
  3. 七星剣
  4. 陸遜 剣と刀
  5. 劉備に降伏する劉璋


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 丸木舟(弥生時代)
  2. キングダム53巻
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 岳王廟 wikipedia
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

キングダム54巻amazon キングダム最新605話ネタバレ「王翦の予想」レビュー 徐庶をゲットする曹操 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻 幕末 魏呉蜀 書物 科挙をカンニングで乗り切れ!あの手この手を紹介 劉備 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう! 羅憲 【陸抗vs羅憲】勝ったのは一体どっち!? 荀攸 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習 若い曹操に「天下を掴むのは君だ!」と言う王儁 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP