三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格

この記事の所要時間: 428




キングダム 19 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

秦においては、蒙驁(もうごう)、蒙武(もうぶ)と続く将軍の家系に

生まれたサラブレット蒙恬(もうてん)

さぞかし苦労しらずの上から目線のボンボンかと思いきや、意外に気さくで、

下僕出身の信(しん)とも親しく話すナイスガイとして描かれています。

そんな蒙恬は、史実ではどんな性格で、漫画とはどんな共通点があるのか?

ちょっと調べてみましたよ。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!




蒙恬が軽く見えるのは重圧を受け流す照れ隠し

王賁

 

同期の王賁(おうほん)が、冷徹で強烈なエリート意識を隠さず、

下僕出身の、信と何度も衝突するのに対して、蒙恬は、性格が軽く、

飄々と毎日を生きているように見えます。

 

しかし、本当は蒙驁、蒙武と続く名門の家柄を背負う重圧に黙って耐え、

自分とは何かを模索している悩み多き青年武将こそが彼の真実でした。

ですが、それを前面に出す事に、奇妙な照れがあるので、

敢えて、軽い人間を演じているのが蒙恬なのです。

 

単純、直情バカの信より、ずっと性格が複雑に出来ていると言えます。

蒙恬としては、天下の大将軍になるという信の素直さが羨ましく

何かと言えば、気に掛け助けになろうとしているのでしょう。




信を救ったり、喧嘩を仲裁するのは史実の蒙恬と同じ?

蒙恬

 

史実の蒙恬は、最初から将軍ではなく、文官として、

訴訟や裁判に関わる仕事をしています。

さすがに訴訟や裁判に関わるだけあり、王賁と信の喧嘩を仲裁するのも

手慣れたものという感じがしますね。

 

また、正義感から軍規を侵して処断されそうになった信を

裏工作で救うのも、法律の網を熟知している蒙恬らしいフォローです。

 

漫画の蒙恬も史実同様に文官志望を口にしていますが、

それは叶えられる事になります。

 

紀元前221年、斉を滅ぼして秦が天下を統一すると蒙恬は、

内史(ないし)という首都圏の行政長官に抜擢されたからです。

 

それ以前に、大将軍になった蒙恬は、祖父、父と続いた名門の家名を

保ったので、天下統一後は、自分のもう一つの夢である文官への道を

取ったとすれば、なかなか器用な生き方をしていると言えます。

 

※あのファルファルさんは、かなり難しい仕事をしていた

内史騰(とう)の真実の姿とは!

 

みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!

 

 

重要な局面で自分を犠牲にする勇敢な一面

 

厳格で統制のとれた王賁の玉鳳(ぎょくほう)隊に対して、

陽気な楽華(がくか)隊という部隊を率いる蒙恬ですが、

その部隊の実質は特殊部隊であり、時に、戦争の局面を変える

重要な場面に遭遇します。

 

合従軍編では、楚軍の総大将、汗明(かんめい)と秦の蒙武(蒙恬の父)が

激しい一騎打ちを繰り広げていた時、楚の将軍、媧燐(かりん)の命令で、

蒙武を背後から狙撃するように命じられた媧偃(かえん)の存在を見逃さず、

阻止しようとして逆に一騎打ちの範囲に入り汗明に斬られて重傷を負っています。

 

しかし、蒙恬のフォローが無ければ、蒙武は狙撃され、汗明が勝利し、

函谷関の戦いの形勢は逆転した可能性もあります。

イザという時には自身を顧みないという勇敢さも蒙恬の持ち味です。

 

関連記事:嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる

関連記事:河了貂や媧燐もハマった?キングダムの時代の占いはテキトーで過激だった!

 

真面目な性格が仇に、蒙恬の悲劇

三国志 ろうそく 写真

 

そんな蒙恬の人生の転機は紀元前215年にやってきます。

 

戦歴と行政官のキャリアを買われて、30万の兵力を与えられて、

匈奴征伐を命じられ、オルドス地方から匈奴を駆逐すると、

再度の匈奴侵攻を阻止する為に、辺境にとどまり

万里の長城の建築に着手する事になったのです。

 

これは史上空前の大工事になり、北方異民族への防波堤として、

遥か清の時代まで活用されますが、そこには何十万という労働力が

投入され、厳しい環境と重労働で多くの犠牲者が出ます。

 

真面目な性格の蒙恬は、自身の手腕を存分に発揮して、

長城を完成させますが、それは、秦を恨む人民の怨念と引き換えでした。

やがて、始皇帝が死去すると、三十万の軍勢と皇太子と目された

扶蘇(ふそ)の補佐役である蒙恬は危険視されました。

 

趙高 キングダム

 

扶蘇とは相性が悪い、宦官の趙高(ちょうこう)と宰相、李斯(りし)

陰謀により蒙恬と扶蘇は、偽の勅書によって死を命じられます。

 

蒙恬の元にいた、始皇帝の長子の扶蘇は、勅命に従い自殺しますが、

蒙恬は、どうして自分が死を賜るのか理解できませんでした。

 

「ただ、一途に国家の要求に答えた私が、

どうして死を与えられないといけないのか!」

 

胡亥

 

それでも扶蘇が死に、さらに二世皇帝の胡亥(こがい)からの自殺を命ずる

勅が届くと、「長城の建築で大地の地脈を傷つけた」という理由にならない

理由で自身を無理やり納得させて自殺してしまうのです。

 

人民の犠牲を顧みず、命令のままに長城建築を成し遂げるのも真面目なら、

謀反など考えず、理由にならない理由で死を選ぶのも悲痛な真面目さです。

まさに、その真面目さが蒙恬の栄達と破滅を産んだのです。

 

関連記事:馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?

関連記事:ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

信、王賁、蒙恬の中でその最期が記録されているのは蒙恬だけです。

また、蒙恬は伝承では、動物の毛を集めて、筆を発明したという逸話もあり

大昔から、器用でアイデアに溢れた人という評価があったようです。

キングダムでは、そのような逸話から、真面目さを隠して器用に

飄々と振る舞う、キャラクターの蒙恬を生み出したのでしょう。

 

蒙恬は同時に、楚の攻略戦で信と共に出陣して、大敗北を喫したのに

秦王政に処断されなかったという珍しい人物でもあります。

今後、陰謀により死を賜るまでに蒙恬の性格が変貌するのか?

あるいは、オリジナルの解釈で最期を迎えるのか、

キングダムの今後の展開が楽しみですね。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ!
  2. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しが…
  3. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留…
  4. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大…
  5. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超…
  6. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥…
  7. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  8. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  2. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?
  3. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ
  4. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  5. 【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した?
  6. 馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰? 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの? 諸葛孔明の影に隠れる劉備 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.3【完】 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの? キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上がる?

おすすめ記事

  1. 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生
  2. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣
  3. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  4. 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?
  5. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?
  6. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人
  7. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節
  8. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP