編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価とは?

この記事の所要時間: 22




項羽と劉邦

 

項羽(こうう)劉邦(りゅうほう)

彼らは秦の滅亡させたあと天下の覇権を賭けて長いあいだ戦いを繰り広げていきます。

劉邦は項羽に連戦連敗していしまいますが、最後の一戦で大勝利をおさめたことがきっかけで、

漢帝国を樹立することに成功します。

劉邦は漢帝国を樹立した後に諸将を招いて宴会を開きます。

この時に項羽に勝つことができた理由を諸将に自慢げに語り始めるのです。

 

前回記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




洛陽で大宴会を開催

劉邦と張良と陳平

 

劉邦は最大の敵であった項羽を討ち滅ぼして天下統一し、漢帝国を樹立します。

その後功績の高かった者達へ褒美を与えて、一段落した時に諸将を招いて洛陽(らくよう)で

大宴会を開催します。

劉邦や参加した諸将らは楚漢戦争時代の辛い時期や

自らの武功などの思い出話などに花を咲かせて大いに盛りがったそうです。




項羽に勝った原因を諸将に尋ねる

劉邦

 

劉邦は宴会で盛り上がっている時に諸将に対して

「俺が項羽に勝った理由は一体何であったか知っている者はいるか」と尋ねます。

すると諸将の中から「陛下は諸将を使って城や領土を取らせて、

戦いに功績があった人達をしっかりと評価したことが項羽に勝った原因でしょう」と

劉邦の問いに答えます。

この答えに劉邦は「お主達の意見も間違えではないが、まだまだ読みが浅い」と

反論します。

諸将達は「では何をもって項羽に勝利することができたのでしょうか」と劉邦に問い返します。

 

「蕭何・韓信・張良」を使いこなしたからだ

劉邦と簫何

 

劉邦は諸将の問いに対して「私が項羽に勝った原因は、

確かに諸将が言ったこともあっているだろう。

しかし私が項羽に勝つことができた真の理由は謀略や戦術面における張良(ちょうりょう)の活躍や

補給物資を滞ることなく前線に送り、兵士を常に供給していた蕭何(しょうか)の活躍、

そして諸将を率いて戦にのぞみ、連戦連勝した大将軍である韓信(かんしん)の活躍。

彼ら三人の活躍があったればこそわれは項羽に勝利することができたのだ」と述べます。

 

 

三人を使いこなしたワシが居たからこそ勝てたのである

張良と劉邦

 

そして劉邦は諸将に言葉を続け「彼ら三人の助力があったからこそ項羽に勝つことができた。

項羽の敗因は范増(はんぞう)すら使いこなせないところに有り、

わしが三人を使いこなせたからこそ、やつに勝つことができたのである」と最後は自画自賛をして

諸将の方へ向きます。

諸将は劉邦の言葉に大いに喜びの表情で彼の言葉に敬服して、

宴会は終了したそうです。

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

黒田廉

 

劉邦があげた三人は「漢の三傑」として崇められることになります。

日本でもこの三傑の言葉はよく使われることになり、

徳川三傑(本多忠勝・井伊直政・榊原康政)や維新三傑(西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允)など

で使われることになります。

また徳川三傑の一人である井伊直政(いいなおまさ)ですが、

彼は幼い頃命を狙われることになりますが、

2017年の大河ドラマである女城主・井伊直虎(いいなおとら)達の助けによって、

命を助けられることになり、彼女達の必死の努力によって徳川家康へ仕えることになります。

 

おんな城主01 直虎

 

そして井伊直政は徳川家で大いに武功を挙げたことで、

井伊家の名声を天下に知らしめることになります。

話がそれてしまいましたが、

劉邦が評価した三人がいなければ項羽を倒すことはまず不可能であったでしょう。

さらに劉邦以外にこの三人が仕えていたとしても使いこなせるかどうかは微妙であったと思います。

なぜならばあの時代に劉邦以上の君主が出現していなかったからです。

レンの勝手な予想ですが、

斉・趙・燕などの国々で彼ら三人を使いこなせる事ができる群雄は多分いなかったでしょう。

(もし私の勝手な自己評価で使いこなせる事ができる人物を挙げるとすれば、

斉の田横(でんおう)が一番可能性として高いかもしれません)

もし劉邦以上にこの三人を使えることのできる人物がいれば楚漢戦争は、

まずその群雄が天下統一をしていた可能性が一番高いと思われます。

 

参考文献 朝倉書店 十八史略で読む史記 渡邉義浩著など

 

次回記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている…
  2. 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?
  3. 【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが…
  4. 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の…
  5. 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる
  6. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見ど…
  7. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  8. 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる
  2. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは?
  3. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長
  4. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  5. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  6. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった! 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ? 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい! 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯 57話:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた

おすすめ記事

  1. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  2. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣
  3. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  4. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  5. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 
  6. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  7. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学
  8. 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP