ライセンシー募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超

この記事の所要時間: 222




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

馬超仲間入り

 

馬超孟起(ばちょう・もうき:176~222年)は、

三国志ファンには、言わずと知れた蜀の五虎大将軍として有名な武将です。

その武勇は張飛と五分、戦術でも曹操を後一歩まで追い詰めるなど抜群!

また、美しい容姿をしており錦の馬超と美称されていました。

 

ところが、史実の馬超を見ていると、劉備(りゅうび)の配下になった頃から

あまり活躍していない事が分ります。

 

なんだか鳴り物入りで巨人に入団したメジャーの助っ人外国人が

大した成績も残せず帰ってしまう、あの感じにそっくりなのです。




曹操に反旗を翻した馬超の輝かしい半生

馬超 許褚

 

馬超は、関中の軍閥、馬騰(ばとう)の嫡男として産まれました。

関中は長安の周辺地域で、後漢の末には複数の軍閥が割拠して

度々、戦乱を巻き起こし火薬庫ぶりを示していた地域です。

 

馬超は、早くから父について戦場を走り回りますが、

関中は、やがて曹操(そうそう)の支配下に入り父の馬騰は曹操の命令で

西暦208年、衛尉(えいい)に任命され、軍を解いて曹操の本拠地鄴(ぎょう)に

一族を引き連れて移動します。

 

馬超も誘われますが拒否し、馬騰の地盤を引き継いで関中に残りました。

しかし、西暦211年、曹操は関中の西の漢中の張魯(ちょうろ)を

征伐する計画を立てます。

 

その際に関中の軍閥が張魯に付かないように曹操は、

馬超にも人質を出すように命令します。

 

「もしや、曹操は張魯を滅ぼしたら自分達も滅ぼすつもりでは」

曹操の命令に疑心暗鬼になった馬超は、元の父の盟友である韓遂(かんすい)と

手を組んで関中の軍閥達とも手を結び、曹操に反旗を翻しました。




曹操を一度は追いつめ、歴史に名を刻む馬超

曹操 朝まで三国志

 

羌(きょう)族や氐(てい)族のような遊牧民族を味方に加えた

馬超は優勢な機動力を活かして曹操を翻弄し、一時期は、

後一歩で曹操を討ち取る寸前まで行きます、しかし、健闘もここまででした。

 

曹操は、軍師賈詡(かく)の計略で馬超と韓遂の仲を裂きます。

これにより、鉄の結束を誇っていた連合軍に亀裂が生じてしまい、

その隙を突いた曹操の攻撃で馬超は撃破され連合軍は崩壊します。

 

馬超は諦めず、翌年、曹操が東に戻った隙を突いて

涼州刺史、韋康(いこう)を殺し冀城を本拠に再び遊牧民を纏めて挙兵します。

曹操軍の、楊阜(ようふ)、姜敍(きょうじょ)は鹵(ろ)城に籠り抵抗すると

馬超は、それを討ちにいきますが、その間に冀城で政変が起きてしまい、

馬超は冀城に戻れず鹵城も落せず、進退極まり、漢中の張魯(ちょうろ)を

頼って落ちていきます。

 

落ちぶれた馬超、ついに劉備を頼って落ちる

馬超

 

曹操の脅威を抑える為に馬超を迎え入れた張魯ですが、

馬超は、失地回復の為に兵を借りては曹操軍に攻撃を仕掛け

失敗してしまいます。

 

やがて、路線対立は深刻になり、張魯からも厄介者として

扱われるようになった馬超は、当時、益州の劉璋(りゅうしょう)と戦い、

成都を包囲していた劉備から味方にならないか?と

誘われたのを幸いに、張魯の元を離れて劉備に帰順したのです。

時に西暦214年の事で、馬超は落ちぶれたどん底の身でした。

 

劉備はどうして、馬超を優遇したのか?

朝まで三国志 劉備

 

馬超は劉備に帰順した後、大した手柄を残していません。

大体、馬超が蜀で実働した期間は8年に過ぎず、

西暦222年には、病を得て47歳の生涯を閉じています。

主君劉備よりも1年早く、人生を終えているのです。

 

にも関わらず劉備は、馬超を驃騎(ひょうき)将軍に任命し

涼州牧を兼務し、斄郷(りごう)侯に封じています。

驃騎将軍というのは外戚か国家の元勲が就任する最高の将軍位です。

どうして、大した手柄も立てていない馬超に対して、

このような優遇をしたのでしょうか?

 

参考文献:正史 三国志著者: 井波 律子/陳 寿/裴 松之

/小南 一郎/今鷹 真 出版社: 筑摩書房

 

シミルボン

 

【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?
  2. ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り
  3. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食…
  4. 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?
  5. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟…
  6. 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団
  7. 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】…
  8. 三国志水軍最強の将・決定戦!あの色男が一位でしょ!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官
  2. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?
  3. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  4. 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由
  5. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶
  6. 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち 【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言 もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/22】 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1

おすすめ記事

  1. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将
  2. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?
  3. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?
  4. 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  5. 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。
  6. 金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦
  7. 三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介!
  8. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP