編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超

この記事の所要時間: 222




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

馬超仲間入り

 

馬超孟起(ばちょう・もうき:176~222年)は、

三国志ファンには、言わずと知れた蜀の五虎大将軍として有名な武将です。

その武勇は張飛と五分、戦術でも曹操を後一歩まで追い詰めるなど抜群!

また、美しい容姿をしており錦の馬超と美称されていました。

 

ところが、史実の馬超を見ていると、劉備(りゅうび)の配下になった頃から

あまり活躍していない事が分ります。

 

なんだか鳴り物入りで巨人に入団したメジャーの助っ人外国人が

大した成績も残せず帰ってしまう、あの感じにそっくりなのです。




曹操に反旗を翻した馬超の輝かしい半生

馬超 許褚

 

馬超は、関中の軍閥、馬騰(ばとう)の嫡男として産まれました。

関中は長安の周辺地域で、後漢の末には複数の軍閥が割拠して

度々、戦乱を巻き起こし火薬庫ぶりを示していた地域です。

 

馬超は、早くから父について戦場を走り回りますが、

関中は、やがて曹操(そうそう)の支配下に入り父の馬騰は曹操の命令で

西暦208年、衛尉(えいい)に任命され、軍を解いて曹操の本拠地鄴(ぎょう)に

一族を引き連れて移動します。

 

馬超も誘われますが拒否し、馬騰の地盤を引き継いで関中に残りました。

しかし、西暦211年、曹操は関中の西の漢中の張魯(ちょうろ)を

征伐する計画を立てます。

 

その際に関中の軍閥が張魯に付かないように曹操は、

馬超にも人質を出すように命令します。

 

「もしや、曹操は張魯を滅ぼしたら自分達も滅ぼすつもりでは」

曹操の命令に疑心暗鬼になった馬超は、元の父の盟友である韓遂(かんすい)と

手を組んで関中の軍閥達とも手を結び、曹操に反旗を翻しました。




曹操を一度は追いつめ、歴史に名を刻む馬超

曹操 朝まで三国志

 

羌(きょう)族や氐(てい)族のような遊牧民族を味方に加えた

馬超は優勢な機動力を活かして曹操を翻弄し、一時期は、

後一歩で曹操を討ち取る寸前まで行きます、しかし、健闘もここまででした。

 

曹操は、軍師賈詡(かく)の計略で馬超と韓遂の仲を裂きます。

これにより、鉄の結束を誇っていた連合軍に亀裂が生じてしまい、

その隙を突いた曹操の攻撃で馬超は撃破され連合軍は崩壊します。

 

馬超は諦めず、翌年、曹操が東に戻った隙を突いて

涼州刺史、韋康(いこう)を殺し冀城を本拠に再び遊牧民を纏めて挙兵します。

曹操軍の、楊阜(ようふ)、姜敍(きょうじょ)は鹵(ろ)城に籠り抵抗すると

馬超は、それを討ちにいきますが、その間に冀城で政変が起きてしまい、

馬超は冀城に戻れず鹵城も落せず、進退極まり、漢中の張魯(ちょうろ)を

頼って落ちていきます。

 

落ちぶれた馬超、ついに劉備を頼って落ちる

馬超

 

曹操の脅威を抑える為に馬超を迎え入れた張魯ですが、

馬超は、失地回復の為に兵を借りては曹操軍に攻撃を仕掛け

失敗してしまいます。

 

やがて、路線対立は深刻になり、張魯からも厄介者として

扱われるようになった馬超は、当時、益州の劉璋(りゅうしょう)と戦い、

成都を包囲していた劉備から味方にならないか?と

誘われたのを幸いに、張魯の元を離れて劉備に帰順したのです。

時に西暦214年の事で、馬超は落ちぶれたどん底の身でした。

 

劉備はどうして、馬超を優遇したのか?

朝まで三国志 劉備

 

馬超は劉備に帰順した後、大した手柄を残していません。

大体、馬超が蜀で実働した期間は8年に過ぎず、

西暦222年には、病を得て47歳の生涯を閉じています。

主君劉備よりも1年早く、人生を終えているのです。

 

にも関わらず劉備は、馬超を驃騎(ひょうき)将軍に任命し

涼州牧を兼務し、斄郷(りごう)侯に封じています。

驃騎将軍というのは外戚か国家の元勲が就任する最高の将軍位です。

どうして、大した手柄も立てていない馬超に対して、

このような優遇をしたのでしょうか?

 

参考文献:正史 三国志著者: 井波 律子/陳 寿/裴 松之

/小南 一郎/今鷹 真 出版社: 筑摩書房

 

シミルボン

 

【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【5分で分かる】田中角栄とは何者なの?戦後最大の庶民宰相をザック…
  2. 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍…
  3. 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?
  4. 【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実…
  5. 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?
  6. どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの?
  7. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんな…
  8. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家
  2. 三国志では何故、最初に蜀が滅びたの?
  3. 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男
  4. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  5. 【真の将軍はあいつだ!!】漢の名将・周亜夫が命じた命令とは
  6. 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ! 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。 もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの? 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器

おすすめ記事

  1. 北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ!
  2. 曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何?
  3. 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編
  4. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  5. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  6. 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情
  7. 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?
  8. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP