項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

李牧

 

キングダムのラスボス級と言えば、ファンは李牧(りぼく)の名前を出すでしょう。

しかし、それは半分正解で半分は間違っています。

 

 

何故かと言えば、そこに楚の項燕(こうえん)大将軍の名前が入っていないからです。

現在、名前が出ただけで特に動きが無い項燕ですが、じつは、

キングダムの最期のクライマックスを飾る名将なのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!


戦国時代末期、秦を撃破したのは、李牧と項燕のみ・・

信 キングダム

 

史実では秦王政に率いられた秦は、ほとんど無敵と言える存在でした。

ところが、そんな秦に待ったをかけた名将が二人います。

一人は、後に桓騎(かんき)を撃破する趙の三大天、李牧、、

そして、もうひとりは、李信(りしん)蒙恬(もうてん)

撃破して全滅させる項燕です。

つまり、李牧があれだけ神ってる扱いをされている以上は、

同様に項燕も、恐るべき名将として描かれるのは疑いないのです。


THE図解!信と蒙恬をフルボッコにするキラー項燕

王翦

 

紀元前225年、秦王政は、南の楚を征服しようと王翦(おうせん)

信を呼んで楚を滅ぼすには、どれだけの兵力が必要かを尋ねます。

老将の王翦は慎重に60万と言い、信は20万で充分と答えます。

これにより、秦王政は楚の征服を信と蒙恬に委ねて送りだします。

 

キングダム0

信は20万の軍勢を蒙恬と二つに分けて楚に侵攻します。

そして、信は平輿(へいよ)、蒙恬は寝丘(しんきゅう)を

いとも簡単に攻略してしまいました。


調子に乗る信と蒙恬、それを黙って見ている項燕

 

二人は、さらに郢(えい)を陥落させました。

あまりの手ごたえの無さに二人は楽勝ムードになってしまいます。

信は城父で合流しようと蒙恬と別れて、さらに楚の領地を

南へ南へと向かいます。

 

キングダム1 (1)

 

しかし、これは項燕の罠でした、最初からあまり兵力を配置せずに、

信と蒙恬を楽勝させて油断させようとしていたのです。

 

呑気に城父に向かう信と蒙恬、それを追っている影がありました。

もちろん項燕です、秦に蹂躙された国土に激しい怒りを燃やす楚兵を抑え

項燕は、3日3晩、信と蒙恬の軍を追い続けます。

 

そして、城父について油断している秦軍に襲いかかります。

 

キングダム2 (1)


全滅する信と蒙恬、項燕、城を奪い返しながら咸陽を目指す

 

キングダム3 (1)

 

秦軍は、7人の将校を失う大敗を喫し、ただ逃げ出す事しか出来ませんでした。

項燕は30万の軍勢で秦軍を追撃しながら奪われた城を奪回しつつ、

逆に咸陽に向けて進軍します。

 

秦王政は青ざめ、一度は隠居させた王翦を呼び戻し、

60万の軍勢を与えて函谷関(かんこくかん)を守備させます。

 

キングダム4 (1)

 

項燕軍は、函谷関に殺到して、王翦を挑発しますが、

戦上手の王翦は相手にせず、ひたすらに守って部下に休養を与えます。

項燕は函谷関を落そうと頑張りますが、項燕は30万、王翦は60万です。

時間が経過すると秦兵は気力が充実し、ヒマを潰して遊ぶようになり、

逆に楚兵は疲れ果てて、士気が低下していました。

 

項燕は、これ以上攻めるのは無理と悟り、速やかに退却しようとしますが

それを王翦は逃しませんでした。

即座に函谷関を開いて、充分に休養を取った秦兵が楚兵に襲いかかります。

楚軍は大敗、王翦はそのまま楚の領地に攻め入り、楚王を捕えます。

ここで一時的に楚は滅亡しました。

 

ド根性!昌平君を楚王に立てて復活!

 

しかし、項燕は諦めませんでした。

当時は秦にいた昌平君と連絡を取り、仲間に引き込む事に成功し、

昌平君を楚王として淮水(わいすい)の南に楚を再興したのです。

河了貂(かりょうてん)の師匠でもあり、蒙武(もうぶ)の親友でもある

昌平君の裏切り、ここは、キングダムでも激アツの物語になるでしょうね。

 

キングダム5

 

ですが、もちろん、秦がそれを放置するわけはありません。

紀元前223年、王翦と蒙武は60万の大軍で再び楚を攻めて、

ここに昌平君は戦死、項燕は自殺しました。

 

破れた項燕は、断末魔に

 

「例え、残り三戸となるとも、秦を滅ぼすのは楚なり!」

 

と絶叫して人生を終えたと伝えられています。

 

項燕の子孫が秦を滅ぼす、その華麗なる血脈

 

項燕の死後かその前に項翼(こうよく)も戦死すると思われます。

しかし、項燕には、項梁(こうりょう)、項伯(こうはく)という

生き残った息子達がいました。

項梁は武将ではありませんが、軍略家として優れ兄の項翼の子の

項羽(こうう)を立派な武人に育てあげ、始皇帝の死後、

江南の地で反秦の兵を挙げます。

 

項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】

 

 

そして、項梁の父、項燕が残した遺言、

「例え、残り三戸になろうとも秦を滅ぼすのは楚」という言葉は、

孫の項羽の手により実現され、紀元前206年、

咸陽は焼き尽くされ秦は滅ぶという事になっています。

 

まさにキングダムのラスボスに相応しい息の長い復讐です。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

楚の項燕と昌平君を倒す戦いは、キングダムの最期のクライマックスです。

理由は簡単で、最期の斉は、これという抵抗もせずに降伏しているからです。

対楚戦は、敵も味方も多くのキャラクターが戦死する凄惨な戦いになると思います。

果たして、誰が死に誰が生き残るのか、、特に史実に出てこない

オリジナルキャラの生死が気になるのはkawausoだけでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

関連記事

  1. キングダム
  2. 始皇帝
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 王翦
  5. 劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP