ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】

五虎大将軍の趙雲




孔明君のジャングル探検01 孔明

 

蜀の諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)が提案した天下三分の計は、

西暦219年、劉備が漢中を制圧し、益州全土を手にしたことで現実のものとなりました。

劉備は「漢中王」の名乗りをします。曹操の「魏王」に対抗したもので、

劉備は高祖劉邦と同じようにこの漢中から天下統一を成そうと夢見たのです。

劉備絶頂の時でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】




天下三分の計

魯粛の生涯09 魯粛、孫権、孔明

 

しかし不吉な気配が東にはありました。西暦217年に、

呉と蜀の友好関係を繋いできた穏健派の魯粛が亡くなったのです。

後釜には孫策周瑜と共に戦場で武功をあげてきた呂蒙が座りました。

その影響で、呉の主である孫権は領土拡大の方針を大きく変えてきます。

曹操に降伏の使者を送り、西に目を向けたのです。

孫権の目に映っていたのは、蜀の領地となっていた「荊州」だったのです。




趙雲の立ち位置

法正、夏侯淵

 

西暦219年は大きく荒れる年です。

劉備が漢中を制圧するにあたり魏の重臣・夏侯淵(かこうえん)を討ち取っています。

しかし蜀は呉に裏切られ、荊州の総司令官である関羽が敗戦し、

首を斬られ、荊州を失うことになります。

 

朱然と関羽

 

ちなみに魏では関羽の動きに呼応した魏諷がクーデターを起こすも失敗に終わり、処刑されています。

このとき、蜀の趙雲はどこにいたのでしょうか。

彼は、漢中制圧に貢献していました。

ちなみにこの漢中争奪戦のなかで、趙雲は抜群の武功を示し、

「子龍は一身これ胆なり」と賞賛される働きをしました。

一番の手柄をあげたのは夏侯淵を斬った黄忠(こうちゅう)でしたが、

趙雲の働きなくして漢中制圧は成し得なかったことでしょう。

 

関連記事:どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂が提案

関連記事:士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武将

 

勢いに乗った劉備の前に落とし穴

朝まで三国志 劉備

 

細かく西暦219年の動きをおってみます。

漢中を制した劉備は勢いに乗ってさらに魏領に進軍していきます。

漢中の西にある上庸を孟達劉封に攻め落とさせました。

同時に荊州の南・江陵にいる関羽を北上させて、漢水北岸の樊城を攻めたのです。

樊城を守っていたのは魏の重臣・曹仁(そうじん)でした。

曹操は名将・于禁を援軍に出し、さらに龐徳も出撃させます。

関羽は大雨で氾濫した漢水を巧みに使い、于禁を降伏させ、龐徳を斬ります。

曹操は慌てて名将・徐晃を樊城の北、南陽の宛に向かわせます。

樊城の近郊では関羽に呼応して反乱を起こす民・野盗などが急増。

魏は漢中を失ったばかりで、荊州北部も蜀に奪われる事態に陥ったのです。

しかし蜀の劉備は前ばかり見ていて、背後を疎かにしました。

そのために一転、ピンチを迎えることになります。

それはこれまで同盟を結んできた呉を見誤ったことです。

 

歴史if ここで趙雲に荊州を任せるのがグットタイミング!

五虎大将軍 趙雲

 

初めから関羽の代わりに趙雲に荊州を任せることはありえない話だと私は思います。

関羽と趙雲ではその重さが違うのです。曹操すらも関羽には一目置いていました。

名前が知れ渡っている関羽には州一帯を統治する統制力があります。

対して趙雲にはそのような経験がありません。

趙雲は戦闘のプロフェッショナルとして関羽と肩を並べることはあっても、

国の統治においては大きな差があったと思われます。

しかし、関羽が北上し、樊城を攻めたタイミングで、荊州南部の守りが手薄になります。

あくまでも呉が攻めてこないと見込んでの布陣だからです。

私はここで趙雲を投入すべきだったと思うのです。

つまり関羽の留守番のような仕事です。公安と江陵を守る士仁と麋芳の監督者として趙雲を置くのです。

おそらく劉備は関羽の北上が成功し、

さらに奥深く魏領に攻め入るために趙雲を漢中に待機させていたのでしょう。

漢中の北の長安を落とす手はずだったのかもしれません。

しかし、ここは一度足元を固める必要が蜀にはありました。

趙雲が関羽の代わりに江陵にいれば、例え呂蒙であっても落とすことは容易ではなかったはずです。

表立っての戦闘になれば趙雲が呂蒙を返り討ちにしたかもしれません。

その間に樊城を関羽は確実に落城させています。

樊城・襄陽を手に入れることで、蜀は呉を圧倒するような国力をもつようになるのです。

 

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

関連記事:趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

一瞬の油断が劉備を奈落の底に落とすことになります。

そして蜀と呉がぶつかる「夷陵の戦い」という不毛な戦に移っていくのです。

もし、趙雲を関羽の留守番に置いていたら、

漢中に劉備・張飛馬超諸葛亮孔明黄忠魏延。荊州北部に関羽。

荊州南部に趙雲。という隙の無い布陣が置けます。

おそらく曹操は西の長安を切り捨てて、中原の守りに力を集中することでしょう。

そうなると長安に劉備・諸葛亮を置き、

西涼の制圧には馬超を向かわせ、洛陽に張飛黄忠魏延を向ける。

関羽はさらに南陽を攻め、許都にプレッシャーをかけることになります。

その間、呉には趙雲をもって無言の圧力をかけ続けることができるのです。

趙雲を戦闘に出さないのはもったいない話ですが、趙雲が統治や政治を学ぶ良いチャンスでもあります。

ここで趙雲にもひと回り大きく成長してもらうのです。

無論不安要素がないわけではありませんが……。

みなさんはいかが思いますでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

関連記事:もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 姜維はなぜ魏から蜀に寝返った?
  2. 袁術 皇帝に即位した袁術とは何者か?早すぎた改革者に迫る
  3. 張角逝く 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?…
  4. 孔明 【三国志平話】俺って凄いだろ?赤壁の戦いで諸葛亮が嫌な人に変身
  5. 孔明 臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解く…
  6. 黄巾賊 黄巾の乱から増える戦死者、三国志時代が人口減少を招いたの?
  7. 姜維 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、…
  8. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 責められる陸遜
  2. 関羽と張飛と劉備
  3. 丁奉(ていほう)
  4. 鄒氏
  5. 劉備 婿
  6. 韓信vs孔明
  7. 読者の声バナー(はじめての三国志)

おすすめ記事

  1. 上杉謙信と関羽はどちらが強いの?日中の軍神対決【if三国志】 上杉謙信
  2. 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官
  3. 【新機種】iPhoneX/ Xperia XZ1/ XZ1 Compact対応スマホケース発売開始です! 郭嘉スマホケース
  4. 三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?
  5. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察
  6. キングダム最新612話ネタバレ予想「カイネvs糸凌の戦いの決着は?」 キングダム55巻

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 曹操に降伏する教祖・張魯
  3. 孫権と張昭
  4. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 耶律突欲
  2. 袁術と曹操と黄巾賊
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2
  4. 法正と夏侯淵
  5. 三国志ライター よかミカンさん
  6. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  7. カバ&関羽

おすすめ記事

景帝(けいてい)は前漢の第6代皇帝 景帝とはどんな人?「文景の治」の一角を担った前漢の第6代皇帝 九品官人法を作った陳羣 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの? 93話:名将 張任、遂に堕ちる 三国志ライター黒田レン 誰が読んでも間違いなく面白い戦国時代小説!夏の読書感想文もこれでバッチリ! 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR) おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦 斉王になる司馬攸 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP