三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

三国志の雑学

もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】

この記事の所要時間: 322




孔明君のジャングル探検01 孔明

 

蜀の諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)が提案した天下三分の計は、

西暦219年、劉備が漢中を制圧し、益州全土を手にしたことで現実のものとなりました。

劉備は「漢中王」の名乗りをします。曹操の「魏王」に対抗したもので、

劉備は高祖劉邦と同じようにこの漢中から天下統一を成そうと夢見たのです。

劉備絶頂の時でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】




天下三分の計

魯粛の生涯09 魯粛、孫権、孔明

 

しかし不吉な気配が東にはありました。西暦217年に、

呉と蜀の友好関係を繋いできた穏健派の魯粛が亡くなったのです。

後釜には孫策・周瑜と共に戦場で武功をあげてきた呂蒙が座りました。

その影響で、呉の主である孫権は領土拡大の方針を大きく変えてきます。

曹操に降伏の使者を送り、西に目を向けたのです。

孫権の目に映っていたのは、蜀の領地となっていた「荊州」だったのです。




趙雲の立ち位置

法正、夏侯淵

 

西暦219年は大きく荒れる年です。

劉備が漢中を制圧するにあたり魏の重臣・夏侯淵(かこうえん)を討ち取っています。

しかし蜀は呉に裏切られ、荊州の総司令官である関羽が敗戦し、

首を斬られ、荊州を失うことになります。

 

朱然と関羽

 

ちなみに魏では関羽の動きに呼応した魏諷がクーデターを起こすも失敗に終わり、処刑されています。

このとき、蜀の趙雲はどこにいたのでしょうか。

彼は、漢中制圧に貢献していました。

ちなみにこの漢中争奪戦のなかで、趙雲は抜群の武功を示し、

「子龍は一身これ胆なり」と賞賛される働きをしました。

一番の手柄をあげたのは夏侯淵を斬った黄忠(こうちゅう)でしたが、

趙雲の働きなくして漢中制圧は成し得なかったことでしょう。

 

関連記事:どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂が提案

関連記事:士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武将

 

勢いに乗った劉備の前に落とし穴

朝まで三国志 劉備

 

細かく西暦219年の動きをおってみます。

漢中を制した劉備は勢いに乗ってさらに魏領に進軍していきます。

漢中の西にある上庸を孟達、劉封に攻め落とさせました。

同時に荊州の南・江陵にいる関羽を北上させて、漢水北岸の樊城を攻めたのです。

樊城を守っていたのは魏の重臣・曹仁(そうじん)でした。

曹操は名将・于禁を援軍に出し、さらに龐徳も出撃させます。

関羽は大雨で氾濫した漢水を巧みに使い、于禁を降伏させ、龐徳を斬ります。

曹操は慌てて名将・徐晃を樊城の北、南陽の宛に向かわせます。

樊城の近郊では関羽に呼応して反乱を起こす民・野盗などが急増。

魏は漢中を失ったばかりで、荊州北部も蜀に奪われる事態に陥ったのです。

しかし蜀の劉備は前ばかり見ていて、背後を疎かにしました。

そのために一転、ピンチを迎えることになります。

それはこれまで同盟を結んできた呉を見誤ったことです。

 

歴史if ここで趙雲に荊州を任せるのがグットタイミング!

五虎大将軍 趙雲

 

初めから関羽の代わりに趙雲に荊州を任せることはありえない話だと私は思います。

関羽と趙雲ではその重さが違うのです。曹操すらも関羽には一目置いていました。

名前が知れ渡っている関羽には州一帯を統治する統制力があります。

対して趙雲にはそのような経験がありません。

趙雲は戦闘のプロフェッショナルとして関羽と肩を並べることはあっても、

国の統治においては大きな差があったと思われます。

しかし、関羽が北上し、樊城を攻めたタイミングで、荊州南部の守りが手薄になります。

あくまでも呉が攻めてこないと見込んでの布陣だからです。

私はここで趙雲を投入すべきだったと思うのです。

つまり関羽の留守番のような仕事です。公安と江陵を守る士仁と麋芳の監督者として趙雲を置くのです。

おそらく劉備は関羽の北上が成功し、

さらに奥深く魏領に攻め入るために趙雲を漢中に待機させていたのでしょう。

漢中の北の長安を落とす手はずだったのかもしれません。

しかし、ここは一度足元を固める必要が蜀にはありました。

趙雲が関羽の代わりに江陵にいれば、例え呂蒙であっても落とすことは容易ではなかったはずです。

表立っての戦闘になれば趙雲が呂蒙を返り討ちにしたかもしれません。

その間に樊城を関羽は確実に落城させています。

樊城・襄陽を手に入れることで、蜀は呉を圧倒するような国力をもつようになるのです。

 

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

関連記事:趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

一瞬の油断が劉備を奈落の底に落とすことになります。

そして蜀と呉がぶつかる「夷陵の戦い」という不毛な戦に移っていくのです。

もし、趙雲を関羽の留守番に置いていたら、

漢中に劉備・張飛・馬超・諸葛亮孔明・黄忠・魏延。荊州北部に関羽。

荊州南部に趙雲。という隙の無い布陣が置けます。

おそらく曹操は西の長安を切り捨てて、中原の守りに力を集中することでしょう。

そうなると長安に劉備・諸葛亮を置き、

西涼の制圧には馬超を向かわせ、洛陽に張飛や黄忠・魏延を向ける。

関羽はさらに南陽を攻め、許都にプレッシャーをかけることになります。

その間、呉には趙雲をもって無言の圧力をかけ続けることができるのです。

趙雲を戦闘に出さないのはもったいない話ですが、趙雲が統治や政治を学ぶ良いチャンスでもあります。

ここで趙雲にもひと回り大きく成長してもらうのです。

無論不安要素がないわけではありませんが……。

みなさんはいかが思いますでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

関連記事:もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  2. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  3. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後…
  4. 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法
  5. 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  6. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  7. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  8. 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  2. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  3. 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面
  4. 袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察】
  5. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  6. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯! 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説! 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり

おすすめ記事

  1. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏
  2. 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。
  3. 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い
  4. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢
  5. はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル
  6. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4
  7. 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP