キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える

この記事の所要時間: 258




藏覇と陶謙

 

徐州牧の陶謙(とうけん)には、陶商(とうしょう)、陶応(とうおう)という

二人の息子がいましたが、いずれもボンクラであるとして継がせず、

他所者の劉備(りゅうび)に徐州を継がせます。

それは、それで美談めいていますが、リアルな話、苦労して築きあげた地位を

あかの他人に譲るなんて、いくら大昔でも考えにくくないですか?

そこで、はじさんでは、陶謙劉備を後継者にした理由を考えました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




陶謙劉備を後継者にした理由1 自分の若い頃に似ていた

陶謙

 

陶謙は、三国志演義では、温厚な老人ですが史実では、

勇猛バリバリの軍人出身の人物でした。

呉書によれば、陶謙の父は餘姚(よとう)県長でしたが若くして死に

陶謙は孤児になり、最初は乱暴者として名を知られます。

14歳になるまで帛で軍旗を造って竹馬に乗り合戦ごっこをしていて、

それに周囲の子供は従っていたと書かれています。

 

しかし、それを見た餘姚県の金持ちの甘公という人が

陶謙を気に入り車に乗せて色々話をするや、

ますます気に入って、自分の娘を嫁にやると言いだします。

甘公の妻は不服で、あんな合戦ごっこばかりしている男に、

大事な娘を与えるのですか?と文句を言うと、甘公は、

陶謙は奇相をしていて今に出世すると答えています。

 

陶謙が孤児の境遇から這い上がれたのは、

この甘公の財力があっての事でしょう。

 

劉備も早くに父を失い、叔父の劉元起の援助でお金を出してもらい、

盧植(ろしょく)の門下生になっていますが、あまり勉強せずに、

着飾った服を着て、音楽やドッグレースに夢中になり、

遊侠の徒と交わったりしています。

 

劉元起の妻は不服で、幾ら一族でも家計は別なのに、

どうして劉備の学費まで出すのか?と不満を言いますが、

やはり劉元起も、劉備は見所があるという一点張りでした。

 

早くに父が亡くなった点や遊侠の徒と近い点、人に見出されて

世に出た点は共通点があり、陶謙は、若い劉備を昔の自分と

重ね合わせて考えていたのかも知れません。




陶謙が劉備を後継者にした理由2 一流の人物の推挙

孔融

 

幾ら境遇が似ていても、それだけで州牧の地位までは譲りません。

劉備には、さらに追い風がありました。

当時の名士が劉備を後継者とするように陶謙に推挙していたのです。

 

それは孔子の子孫としてリスペクトを受ける北海国の相、孔融(こうゆう)

徐州の大金持ちの別駕、縻竺(びじく)、そして校尉の陳登(ちんとう)でした。

孔融が劉備を推すのは意外のようですが、孔融は、かつて、

都昌で黄巾賊の管亥(かんい)に包囲されて死にかけた時に、

平原国の相だった劉備の援軍で救われた恩義がありました。

 

そこまで言って委員会04a 孔融と禰衡

 

孔融が、それを返そうとしたのかどうか分りませんが、

禰衡(でいこう)の件といい、エコヒイキ満載の孔融の人材推挙なら、

劉備をベタ褒めしただろう事は想像に難しくありません。

 

孔融、縻竺、陳登の劉備推しは、今後の事も考えて

陶謙が充分考慮するに値する事だったと言えるでしょう。

だって、拒めば、彼等の助力が今後望めなくなるリスクを

覚悟するという事になるからです。

 

 

陶謙が劉備を後継者にした理由3 袁術への反感

袁術

 

元々、陶謙は公孫瓚(こうそんさん)を通じて、

袁術(えんじゅつ)サイドに立っていましたが、

袁術が匡亭の戦いで曹操(そうそう)に盛大に負けてからは距離を置き、

長安に貢物を送って李傕(りかく)郭汜(かくし)と友好関係を保ち、

むしろ反袁術の立場になっていました。

 

上で劉備を推挙した、3名の中で、孔融は漢室の忠臣の立場から

反袁術でしたし、陳登は袁術がどう懐柔しようが頑固に反発し

最終的には曹操についてしまいます。

 

もちろん徐州には、袁術のシンパである曹豹(そうひょう)や

許耽(きょたん)がいましたが、全体としては反袁術の空気が強かったのです。

一方の劉備は、最初、徐州牧就任を断り

「ここは四世三公の袁公路殿が相応しい」と言いますが、

ここぞとばかりに、孔融と陳登

「袁術は馬骨、自分勝手、ロクデナシ」等と劉備に吹き込んでいる点からも、

徐州で反袁術の空気が強かったという事が分ります。

 

病身の陶謙に袁術との関係を修復する時間はなく、

そんな事をすれば、徐州が分裂する恐れもある以上は、

反袁術派の推す劉備を立てるより手はないと考えたのでしょう。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

陶謙があかの他人の劉備を徐州牧に推したのは、元より、

劉備の人徳を慕ったのではなく、劉備を推した反袁術の面々の

変わらぬ協力を取り付ける為という面が強かったようです。

人情としては、血縁者に州牧を継がせたくても強敵満載の今は

そんな呑気な願望は出せなかったのでしょう。

 

まあ、そうまでして劉備に徐州牧を継がせたのに、

すぐに呂布(りょふ)に徐州を乗っ取られるとは

陶謙も思いもしなかったでしょうけどね。

 

関連記事:三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説

関連記事:【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. ゴールデンカムイネタバレ予想 131話 死神がやってくる
  2. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  3. 謎多き登場人物、関索って何者?
  4. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  5. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  6. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝
  7. 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こうい…
  8. 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!?
  2. 成廉(せいれん)とはどんな人?呂布を支えた八健将
  3. 世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)
  4. 正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表!
  5. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  6. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

130話:孔明無言の帰還と魏延の最後 流刑生活は意外に快適?奄美大島を満喫西郷どんを巡る旅 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!! 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの? 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの? 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男 中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー

おすすめ記事

  1. 【真・三國無双 Online Z 攻略1】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか
  2. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較
  3. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/9】
  5. 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操
  6. 【大三国志 攻略6】Lv7の土地攻略、青州より太守機能や最強部隊を一挙公開
  7. 何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?
  8. 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP