はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?

この記事の所要時間: 228




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

司馬懿

 

三国志の勝者は、曹操(そうそう)でも孫権(そんけん)でも

劉備(りゅうび)でもありません。

実は、三者とも中華統一の夢半ばで倒れ、その大事業は魏を纂奪した

晋の武帝、司馬炎(しばえん)によって西暦280年に達成されました。

この司馬炎の祖父こそが、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)と

北伐で対峙した司馬懿仲達(しばい・ちゅうたつ)です。

それは、さておき、彼には、首が180度回るというエクソシストな逸話があります。

果たして、それは事実なのでしょうか?



晋書 宣帝紀に記された信じがたい記述

 

司馬懿は晋王朝の土台を築いた人物として正史三国志には紀が立たず、

晋書に宣帝紀として記録が残されています。

その記録の末尾に、司馬懿の首が180度回ったとされる逸話があります。

 

魏武察帝有雄豪志 聞有狼顧相 欲驗之

乃召使前行 令反顧 面正向後而身不動

 

意訳:魏武(曹操)は帝(司馬懿)が野心を持っている事を知っていた。

また、司馬懿が狼顧の相を持っていると聞きそれを確認してみたくなった。

そこで、司馬懿に自身の前を歩かせ、後ろを振り返るように命じると、

面(首)だけが後ろを振り向き、体はまったく動かなかった。

 

ね?このように史書は司馬懿が顔だけを後ろに向けて、体は不動だったと

記録しています、つまりエクソシストのように首だけが動いて真後ろを

向いたとハッキリ書いているのです。

 

参考文献:晋書

著者: 越智 重明 出版社: 明徳出版社




そんなモノは史書の比喩に過ぎない?

司馬懿

 

しかし、首が180度回るという信じがたい人間離れした記述に、

古くから多くの研究者が、これは狼顧の相という言葉に対応していて、

狼のように用心深く、視野が広くてまるで真後ろでも見えているようだ、、

という事を比喩して記したのだと主張しています。

 

確かに、例えば劉備などは、自分で自分の耳を見る事が出来る程に耳が大きく

手はそのままで膝を触れる程に長いとありますから、比喩や誇張かも知れません。

ですが、一方で本当に司馬懿の首が180度回った可能性も否定できないのです。

 

どうして、人間は真後ろを見る事が出来ないのか?

司馬懿 ふくろう

 

一般的に、私達人間の首は180度回る事がありませんが、

それはどうしてなのでしょうか?

答えは首の骨の数にあります、私達が属する哺乳類は大体、首の骨が

7個と決まっていて、首の長いキリンも7個しかありません。

これにより、首の可動域が狭くなり、体を動かさずに真後ろを見る事が

出来ないのです。

 

一方で鳥類の首の骨は、哺乳類より遥かに多い事が分っています。

白鳥の首の骨は25もあり、フクロウは12~14個もあります。

フクロウは180度以上、首を回転できますが、それは首の骨が

多い為に可能になっているのです。

 

哺乳類の例外、ミツユビナマケモノ

司馬懿 ナマケモノ

 

しかし、それでは、哺乳類である人類の首は180度回らないという

証明にしかならないのか?というとそうではありません。

実は哺乳類でも、ミツユビナマケモノという種は例外的に首の骨が9個あります。

そして、推測通り、ミツユビナマケモノは真後ろを向けるのです。

それは、哺乳類であっても、真後ろを向ける種がいるという証拠です。

 

人間にも稀ではあるが、首の骨が8個、9個の人がいる!

 

実は、稀ではありますが、人間にも首の骨が8個、ないし9個という人がいます。

首の骨が多くても自覚症状はなく、レントゲンなどを撮って分かる事が多いようです。

もちろん、首の骨が多くても、生活に支障はないのですが、狭い首の面積に、

余分に1~2個の骨が入る事によりストレートネックという症状が出る事があります。

では、ストレートネックとは、どんな症状なのでしょうか?

 

首の骨が多い事でも起きる、ストレートネックとは何か?

 

ストレートネックとは、首の頚椎の生理的前湾角度が30度以下の

首の状態になる事を言い病名ではありません。

 

普通の人は首の頚椎の生理的前湾角度が30~40度存在していて

適度に湾曲しているので頭の重さをある程度、分散出来ていますが、

ストレートネックの人は湾曲がない分、首が真っすぐになってしまい、

頭の重さをまともに首と肩で受け止めてしまう事になります。

 

この状態が続くと、慢性的な頭痛や、首の痛み、肩コリ、または首を

長時間圧迫されて手足の痺れなどの症状が出る事があります。

病気ではありませんが、首の骨に隙間がない事により体の不調が

出てくるという事なのです。

 

司馬懿がストレートネックであった事を記録した文献がある

司馬懿

 

実は司馬懿にも、ストレートネックの症状が疑われる記述があります。

それは晋書の宣帝紀にあり、曹操に仕えるように言われた司馬懿が、

自分は中風を患っており、期待に添えませんと断る場面です。

 

漢建安六年 郡舉上計掾 魏武帝為司空 聞而辟之

帝知漢運方微 不欲屈節曹氏 辭以風痹

 

この風痹というのが中風を意味していますが、つまり曹操に仕えるように

言われたが、私は中風で動く事が出来ませんと言い、断ったというのです。

 

シミルボン

 

【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前…
  2. 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可…
  3. 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活
  4. 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備
  5. 董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?
  6. 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』…
  7. 顔良と文醜は三国志の中でも可哀想な武将だった!その理由とは?
  8. 124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  2. 【三国志平話】あの劉備親分がまさかの詩人キャラ
  3. 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い
  4. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  5. 【日本神話の逆襲】ニギハヤヒは出雲王国復興の為に邪馬台国を滅ぼした!
  6. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キングダム 521話 ネタバレ予想:王翦の秘策と蒙恬の機動力 【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達 独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その1 噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱 何顒(かぎょう)とはどんな人?党錮の生き残りで袁術に嫉妬された人

おすすめ記事

  1. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?
  2. 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性
  3. 【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介
  5. 蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情
  6. かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!
  7. 陸遜はどんな性格だったの?大都督の時代と晩年時代の性格
  8. 月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP