よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?

この記事の所要時間: 244




 

漢の国を建国したのは劉邦(りゅうほう)ですが、彼一人のチカラで漢を建国したのではなく、

多くの有能な武将達が力を合わせたから建国することができました。

彼の元には軍師としてその名を轟かせた張良陳平

軍事の指揮能力の優秀さでは韓信や彭越、鯨布(げいふ)などが軍を率いて楚軍と戦います。

また劉邦の旗揚げ時から彼を支え続けて名臣として

曹参・蕭何(しょうか)夏侯嬰(かこうえい)などが彼の勢力基盤をしっかりと作り上げたからこそ、

天下統一が成し遂げられたと言っても過言ではないでしょう。

今回は劉邦の旗揚げ当初から付き従っていた功臣・周勃(しゅうぼつ)が

牢屋にぶち込まれた時に感慨深く漏らした一言をご紹介したいと思います。

 

関連記事:秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




劉邦を支え続けた葬儀屋

 

周勃は劉邦と同郷の人物で、彼が独立する前は副業として葬儀屋を営んでおりました。

そんな彼は劉邦が独立するとの話を聞き、彼の軍に加わります。

そして秦軍や楚軍と必死に戦いながら、彼を支え続けていきます。

その後垓下(がいか)の戦いで西楚覇王・項羽率いる楚軍を打ち破って、劉邦が天下を握ります。

天下統一後は侯の位を劉邦から与えられます。




劉邦から後を託される

 

天下統一を成し遂げた英雄である劉邦も年齢の老いには勝てず亡くなってしまいます。

彼は奥さんである呂雉へ「漢の天下を安定に導くのは周勃しかいない。」と周勃を頼るように

要請してからなくなります。

呂雉は劉邦の遺言を通り、周勃を太尉(たいい=軍事長官)の位に就任させることにしますが、

彼女は皇帝の母親として権威を握ると自らの一族を要職につけて、

漢の政権を自らの手で運営していきます。

そのため周勃は呂雉の政権内では太尉としての働きをすることができませんでした。

 

呂雉死後、漢の政権をあるべき姿に取り戻す

 

呂雉の主導の元で漢の政権は運営されていくことになります。

しかし彼女が亡くなると今まで耐えてきた周勃は名軍師陳平と共に呂雉の一族を要職から

引きずり下ろし、彼らを全員処刑。

そして新たな皇帝として代王であった劉恒(りゅうこう)を皇帝に据えます。

この劉恒こそ後の文帝と言われる漢の皇帝です。

こうして漢をあるべき姿に取り戻すことに成功した周勃は陳平が宰相の位を引退した後に

宰相へと就任することになります。

 

関連記事:中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

関連記事:漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!

 

偉くなりすぎて領地に引きこもるが・・・・

 

周勃は自らが漢帝国最高の位にいることを満足しておりましたが、ある時位人臣を極めたことに

不安を感じて、自らの領地に引きこもってしまいます。

しかしこれが裏目に出てしまいます。

周勃の功績を嫉妬していた者が皇帝へ「彼が領地に引きこもっているのは

謀反の準備をしているからでしょう。」と根も葉もない噂を伝えます。

皇帝はこの言葉を信じてしまい、周勃を引っ捕え彼を牢屋にぶち込んでしまいます。

 

無実をなんとか証明した後の一言

 

周勃は牢屋にぶち込まれると獄卒から謀反の理由を質問されます。

周勃は「俺は無実だ!!」と何度も言いますが、これだけでは相手に伝わりません。

さらにまずかったのは彼は説明するのが下手だったことです。

そのため獄卒達から無実を証明する方法を尋ねられても、

はっきりとした回答をすることができませんでした。

しかし彼は同僚や部下達に助けられてなんとか無罪を証明することができ、

牢屋から無事に出獄することができました。

その後彼は側近にポツリと「俺は若い頃から軍で戦ってきて、

百万の軍勢を率いる将軍だったこともある。

しかし獄卒達があんなにも偉いとは牢屋にぶち込まれるまで知らなかった。」と

感慨深く述べておりました。

 

前漢ライター黒田レンの独り言

 

上記の名言は周勃のように部下の偉さを認める人物であったことを示しております。

さらにこの名言は彼の性格が素朴であったことを表しております。

普通牢屋にぶち込まれ、無罪とわかれば罪に陥れたものや獄卒の偉そうな態度に激怒するのもですが、

彼は一切獄卒にキレないで獄卒の仕事に対して評価を下します。

このような人物は前漢時代には珍しい人物と言っていいのではないのでしょうか。

劉邦が彼を信用したのは周勃の素朴な性格を信用したからこそ、

彼に漢の天下を守らせようとしたのでしょう。

「今回の前漢時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

関連記事:【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】

関連記事:張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父…
  2. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考…
  3. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師
  4. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える
  5. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だ…
  6. 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた…
  7. 清洲会議(きよすかいぎ)って何なの?実は天下統一への重要局面を会…
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  2. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  3. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!
  4. 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介
  5. 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!
  6. 【三国志 魏の歴史事件簿】一体何が起きたのか!?曹芳の時代に起きた事件に迫る!!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察 【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった! 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた! 有馬新七の壮絶な最期についてもっと知ろう! 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた 曹操の北伐~袁氏の滅亡~

おすすめ記事

  1. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!
  2. 孫権が暴露!蜀は孔明の国だった
  3. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・
  4. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)
  5. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2
  6. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの?
  7. 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家
  8. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP