キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けませんわ

この記事の所要時間: 317




 

鍾会(しょうかい)

司馬家に接近し、司馬師司馬昭に仕えて彼らの参謀役として活躍した人物ですが、

蜀征伐戦の総大将として任命されます。

その後彼は蜀の大将軍であった姜維(きょうい)とともに魏に反乱を起こしますが、

あっけなく鎮圧されてしまいます。

ちょっと性格に難アリでしたが才能に溢れた人材でした。

そんな彼よりにも勝てなかった人物は幾人かおりますが、

今回ご紹介する人物にも彼は勝つことができませんでした。

その人物は阮氏(げんし)という人物です。




顔がやばい・・・・。

 

許允(きょいん)は阮氏と結婚式を挙げます。

彼は自らの奥さんとなる阮氏を結婚式当日まで見たことがありませんでした。

そのためどのような人が自分の奥さんになるのか楽しみにしていたのですが、

当日自らの奥さんとなる人の顔を見て大ショックを受けます。

なぜなら全然可愛くなく、ブサイクだったからです。

そのため許允は結婚式が終えると彼女がいる部屋に近寄らなかったそうです。

奥さんは自らの容姿がブサイクだったことを気にかけておりましたが、

一度も部屋に入ってこない旦那にショックを受けておりました。

しかしある人物の登場で旦那がやってくることになります。




桓範がチャンスをくれる

 

曹爽(そうそう)の参謀役として活躍することになる桓範(かんはん)。

彼は許允とは仲の良い方でしたが仕事が忙しくて、

彼の結婚式に行くことができませんでした。

しかし彼を祝福するために結婚式が終わった後に彼の家を訪れることにします。

彼はこの時、許允が阮氏の部屋を訪れていないことを聞いて彼へ

「一度自分の奥さんとしっかりと話し合ったほうがいい」と

述べて彼女を許允の部屋へ呼び、彼女が来ると桓範は彼の家から去っていきます。

許允は桓範が自らの部屋から居なくなってから彼女がやってきます。

すると彼は彼女の顔がブサイクすぎてすぐに部屋から出ていこうとしますが、

彼女が許允の服の袖を引っ張ったため部屋から出ることが叶わず、

彼女と語り合うことになります。

すると許允は彼女がブサイクでありながら非常に教養の高い人物であることを知り、

彼女と分かり合うことになります。

そして二人は仲良く愛し合う間柄を築くことになります。

 

司馬師のせいで旦那が亡くなる

 

許允と阮氏は互いに分かりあったことにより愛し合い仲の良い夫婦として、

周りから羨ましがられるのですが、彼が司馬師暗殺事件に関与した疑いにより、

北方に流されることになります。

許允は司馬師の命令を聞いて勤務地へ向かうのですが、

勤務地に到着する前に亡くなってしまうのです。

 

関連記事:衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!

関連記事:眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじさん臨終図巻】

 

二人の子供が狙われる

 

許允と阮氏の間には二人の男の子が誕生することになり、

許允が亡くなった時、二人の子供は青年でした。

司馬師は許允の息子達がどの程度の才能をもっているか確かめるために、

鍾会を派遣して彼らの人物評価を行うように命令をします。

そして司馬師は鍾会へ「もし許允と同じ程度の才能であれば彼らを殺害してこい」と命令。

鍾会は司馬師の密命を受けて許允の家を訪れることになります。

 

阮氏のアドバイスのおかげ

 

二人の息子は知り合いから近々鍾会が君たちの家にやってくるであろうという

情報を入手します。

鍾会がやってくることを知った二人は母親である阮氏に相談します。

すると阮氏は二人の息子へ「鍾会がやってきても自分たちの思ったことを

そのまま話せばいいのです。

しかし父の話になってもあまり悲しまないようにして、

鍾会が話をやめたらお前たちも話をやめなさい。

そして朝廷の話などを少し話せば必ず助かるはずです。」とアドバイスをします。

このアドバイスを聞いた息子達は鍾会がやってくると母の言うとおりに鍾会と話します。

その結果、鍾会は司馬師へ「許允の息子達は才能に優れておりますが、

父よりも若干優れている程度であり、殺害するほどではないでしょう」と述べ、

司馬師は鍾会の人物観察の評価を信用して彼らを殺害することはありませんでした。

阮氏の知恵が鍾会よりも優っていたことをあらわすエピソードをご紹介しました。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

阮氏は許允の妻となってから彼を支えていました。

彼は曹叡の時代から魏に仕えておりましたが、

ある日曹叡から「お前の昇進の仕方がおかしいから宮殿に出頭せよ」と

呼びつけれることになります。

この事を知った奥さんは許允へ「陛下は優れたお方であるので、

情に訴えるのではなく道理をしっかりと説明してください」と述べます。

許允は奥さんの言う通り曹叡に情で訴えることをしないで道理を持って説明した結果、

罰せれることなく宮殿を出てくることに成功し、新しい服までもらう有様でした。

上記が示しているとおり非常に優秀な奥さんだったことは疑いようもない事実でありますが、

もし彼女がもっと可愛ければもっと有名な人物になっていたのではないのかなと思います。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった?

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  2. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの?
  3. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息…
  4. 劉備と豊臣秀吉はどっちがスゴイの?英雄の比較
  5. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  6. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  7. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由…
  8. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かり…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志時代の便利すぎる水時計と元祖ブタの貯金箱を紹介!実は知られていない三国時代のイイモノ
  2. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】
  4. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】
  5. 漫画「センゴク」から見る小牧・長久手の戦い前哨戦
  6. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの? 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの? 【キングダム559話】「右翼の行方」ネタバレ&レビュー 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの? 妻子を人質に取られすぎな劉備 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

おすすめ記事

  1. 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め
  2. 曹操の機転。濮陽の戦いと定陶の戦い
  3. 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた!
  4. キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃいます!
  5. 徐璆(じょきゅう)とはどんな人?曹操より丞相を譲ろうとされた男
  6. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介
  8. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP