「劉備くらいにはなれる」と豪語した鍾会、本当に身の程知らずの野望だったの?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

鍾会

 

今回は鍾会(しょうかい)を紹介(爆笑ポイント)したいと思います。おっと、どうかクールダウンせずに最後までお付き合い下さいね!

 

ローランド風 鍾会

 

鍾会と言えば三国時代末期に現れ、群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の時代も終わる所で群雄割拠の時代をやろうとした人物。そんな彼の最大の名言が「劉備(りゅうび)にはなれる」というものです。今回はこの言葉について考えてみたいと思います。




鍾会という人物

野望が膨らむ鍾会

 

鍾会は幼少の頃から優秀で聡明な子であったとされています。父親が74歳の頃に生まれた子供でしたが、教育熱心な母親に指導され、教養豊かな人物となりました。

 

自分は天才肌だと勘違いする鍾会

 

しかし人間性に問題があったのか、王元姫(おうげんき)辛憲英(しんけんえい)にその野心を見抜かれていたとも言われています。そんな人物が三国志でも一躍有名になったのが蜀平定……後に、姜維(きょうい)と組んで反乱を起こしたから、とも言えるでしょう。




鍾会の生と死

殺害される姜維と鍾会

 

最後に反乱を起こしてから戦死、ということでやたら厳しい評価をされてしまう鍾会ですが、前述したように生前、特に幼い頃は優秀であると評判でした。

 

独立したくウズウズする鍾会

 

五歳の頃にはその才能は並外れているとまで賞された人物です。ここで二十過ぎればただの人とかは言ってはいけません。しかしこれまた前述したように、鍾会は「野心が大きすぎる」と言われており、実際にその野心を達成しようとしたのか反乱を起こし、そしてその生涯を終えました。

 

【独立を夢見た早熟の策士・鍾会】
鍾会特集

 

野心、散る

鍾会と手を組むが後で殺す気満々の姜維

 

その鍾会の野心を知ってか知らずかは分かりませんが、焚き付けたのが姜維です。

 

鍾会を説得する姜維

 

姜維は鍾会を焚き付け、魏から独立させ、その上で劉禅(りゅうぜん)を解放して蜀を復興しようとしました。こうして鍾会は反乱の手はずを整えましたが……その手法はやや杜撰(ずさん)と言えます。

 

鍾会を捕縛し殺害する衛瓘

 

反乱のために部下たちを幽閉しておいたために、よりによってその部下たちが暴動を起こしてしまったのです。こうして鍾会、姜維は戦死しました。野心は野心のまま、遂げることなく終わったのです。

 

関連記事:姜維とはどんな人?鍾会の乱を利用し蜀復興を目論んだ忠臣

関連記事:衛瓘とはどんな人?鄧艾と鍾会を始末した鍾会の乱の受益者

 

鍾会の強烈な名言

姜維と一緒に戦う鍾会

 

さて、そんな鍾会ですが、強烈な名言を残しています。鍾会を知るものならば一度は目にしたことがあるでしょう。それは反乱前、鍾会が残した言葉。

 

「事が成功すれば、私は天下を手に入れられるだろう。失敗しても、劉備ぐらいにはなれるだろう」

 

三国志を楽しく語るライターセン様

 

見ましたか?

凄いですね、鍾会。

 

蜀の皇帝に即位した劉備

 

『劉備ぐらいには』なんて言っちゃってるんですよ!

 

関連記事:【if三国志】もしも、劉備が皇帝に即位しなかったら?

関連記事:【ホラッチョ劉備】皇帝の子孫は後付け設定だった?

関連記事:【三国志平話】劉備を殺す気満々!でも皇帝ブランドに騙された孫夫人

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 鍾会の乱に巻き込まれる鄧艾(トウ艾)
  2. 鍾会を独立するようそそのかす姜維

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP