呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった!

美女を集めた曹叡




 

魏の二代皇帝、曹叡(そうえい)、統治の初期は大変に有能で、戦争も強かった彼ですが、

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の死後、緊張の糸が切れ人が違ったように

大建築物をバカバカ建てまくる浪費家になり、魏の屋台骨を傾けてしまいます。

しかし、曹叡が豹変したのは、実は孔明の死のせいではないようなのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていたってホント!?




曹叡の上に君臨していた郭皇太后

 

曹叡が即位した時、皇太后だったのは、曹丕の妃であった郭氏(かくし)でした。

三国志演義では、曹叡の生母である甄后(しんき)を野心の為に曹丕に殺させて、

曹叡に恨まれて自害に追い込まれたとされる郭氏ですが、それは正史には見られず、

魏略と漢晋春秋という文献にしか見いだせません。

 

魏書や魏志が伝える郭皇太后は、曹丕に度々、アドバイスをする賢女であり

大変な倹約家、そして、自分の一族が自身の名前で立身出世しようとするのを

批判してたしなめるなど、慎ましい女性でした。

 

郭皇太后の実家は、元々、長史の家柄で父は郭永(かくえい)と言いました。

彼女は、郭永の娘の中で特に聡明だったようで、郭永は親バカで

「この子は娘の中の王だ」と言い、字を女王としたと書かれています。

 

 

ところが幸せな生活は長く続かず、父母も兄弟も早く死に、戦乱の中で、

彼女は流れ流れて、幷州上党の銅鞮侯(どうていこう)家の下僕に落ちぶれました。

しかし、曹操(そうそう)が魏公となった時、彼女を見て気に入り曹丕の東宮に入ります。

このような経緯があり、彼女は質素で慎ましく分限を弁えていました。




曹叡は、郭氏を敬い、その言葉に従っていた

 

曹叡は、母を殺した張本人として郭皇太后を恨んでいたとされていますが、

正史では、明帝は即位すると、郭后を尊んで皇太后とし永安宮と称しています。

そればかりではなく、230年には、詔で郭皇太后の従兄の郭表(かくひょう)を

安陽亭侯に封じ、後には、郷侯に進めて食邑を増して五百戸にして

中塁(ちゅうるい)将軍に任命します。

 

郭表の息子も騎都尉に任命し、皇太后の父母にも称号を与えるなど厚遇しています。

本当に郭皇太后を母の仇と恨むなら、ここまでするでしょうか?

 

郭皇太后の死去後も、その一族を引き上げている

 

百歩譲って、前漢の呂后のように、その勢力が強く、死ぬのを待ってから、

一族を排除しようとしていた可能性もあるとしましょう。

それなら、郭皇太后が死んだ後、郭氏は追い落とされる筈です。

 

ところが、現実には、そうならず、曹叡は、235年に郭皇太后が死んだ後も、

郭表の爵位を進めて観津侯とし食邑五百を増し前と併せて千戸としていますし、

一族の郭詳(かくしょう)も位を進めて駙馬都尉(ふばとい)とし、

董氏を堂陽君にし、死んだ皇太后の兄の郭浮(かくふ)も梁里亭戴侯と追封するなど

郭氏を手厚く累進させています。

 

魏書には、郭皇太后の柩を前にして曹叡が、丁重に供え物をし胸をかきむしり

地を蹴りあげて哀切な声を挙げて泣いたともあり、どう見ても、郭皇太后の柩を

恨みから辱めたとは思えません。

 

締まり屋の郭皇太后が死んでから曹叡の常識感覚が壊れた

 

郭皇太后は、大変な締まり屋でした、曹丕の陵も薄葬で質素なものですし、

一族にも、曹丕の陵墓を手本にしなさいと教えています。

と言う事は、もちろん義理の息子である曹叡にも「贅沢はダメ」と教えていた事でしょう。

それを受けて曹叡は、贅沢を慎み、義母の為にもよい皇帝であろうとしたようです。

 

ところが、郭皇太后が、235年に死去すると曹叡のタガが外れます。

急に大土木工事を開始し大宮殿を造り出すのは、その直後に始まっているのです。

そればかりか、曹叡は郭皇太后の没後から正妃を殺したり、一度結婚した女性を離婚させ

兵士と再婚させるなど、変な法令を連発するようになります。

 

よく考えると、遥かに遠い孔明からの重圧より、締まり屋で賢い義母の重圧が消えた

その事の方が、曹叡に大きな影響を与えたのではないでしょうか?

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

曹叡がどうして変になったのか?それについては、色々な説がありますが、

身近にいた締まり屋の義母が亡くなったというのは盲点ではないでしょうか?

ですが、曹叡が狂い出した時期と郭皇太后の死没の時期は確かに重なっています。

こうして考えると、曹叡の暴走は、皇太后の死と無関係ではないようです。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった?

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. ロボ関羽 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  2. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る
  3. キングダム45 オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?
  4. 荒れる黄河 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  5. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜 そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!
  6. 劉備と曹操 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグ…
  7. 嬴政(始皇帝) 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ
  8. 太平道の祖・張角(黄巾賊) 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. こいつらが悪役達だ!
  2. 大喬と小喬
  3. 荀攸と曹操
  4. 金栗四三 いだてん
  5. 魯粛

おすすめ記事

  1. 【新サービス】はじめての三国志メモリーズを始めました
  2. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる
  3. 織田信長の桶狭間の勝利は勘違いで起きた! 馬に乗って戦う若き織田信長
  4. 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から! はじめての三国志 画像準備中
  5. 桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい 桂小五郎(木戸孝允)
  6. 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた 英雄曹操とナポレオンを比較

三國志雑学

  1. ネズミで人生を変えた李斯
  2. 奮闘する黄蓋
  3. 劉備 婿
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉備
  2. 土安(南蛮族)
  3. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  4. 謝夫人 孫権の妻
  5. 金栗四三の足袋 いだてん
  6. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  7. 野望が膨らむ鍾会
  8. 正妃 卞夫人

おすすめ記事

キングダムのナキ(那貴)は史実どおり実在したの? 豊臣秀吉 戦国時代2 お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジはハンパ無い 平野国臣 平野国臣、最初に「日本人」を名乗った先駆者の孤高の生涯とは? ゆるい許褚 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣 呂布に仕える袁渙 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは? 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第1部 すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP