はじめての三国志

menu

はじめての変

呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?

この記事の所要時間: 314




 

曹操(そうそう)と言えば、人材コレクターとして、少しでも「お?」と思う人材には、

惜しみなく労力を使い自陣にスカウトしてしまう事で知られています。

 

 

その節操の無さは、徐庶(じょしょ)のような劉備(りゅうび)に属していた人材まで

及びますが、実は曹操の毒牙は、あの孔明(こうめい)にまで延びていた事が分りました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?




無名時代の孔明に鶏舌香を五斤プレゼント

 

あの曹操が孔明にツバをつけていた?劉備が激怒しそうな動かぬ証拠は、

全三国志文という、清の嚴可均(げんかきん)がまとめた三国志の時代の人物の書簡や

言論をアチコチから集めてまとめた文書にあります。

 

それによると曹操は、まだ無名時代の孔明に以下のような手紙を送っています。

 

「今奉雞舌香五斤 以表微意」

 

翻訳:今回、鶏舌香を五斤お送りしました、これは僅かばかりの私の気持ちです。

 

おおっ!これは、かなりイミシン、、確かに鶏舌香を五斤送って、

私の気持ちとしますとありますよ。

これは、かなりクサい、今となっては曹操も孔明も知られたくない過去かもです!




盛り上がってるけど、そもそも鶏舌香って何?

 

鶏舌香(けいぜつこう)は、香辛料のクローブの事です。

クローブは、インドネシアのモルッカ諸島原産の常緑低樹でインド医学の

アーユルヴェーダでは、つぼみを乾燥させ患者の治療にも使います。

胃腸を刺激して、食欲を増進する効果を持っているようです。

 

クローブには、甘みと苦み、そして舌にピリッと来る刺激があります。

森下仁丹にも配合されていると言えば、40代の人には大体の味が分るでしょうか?

 

このつぼみの形が鶏の舌に似ている事から、中国では鶏舌香と言います。

後漢末の中国において応劭(おうしょう)が書いた「漢官儀」という書物には、

当時の尚書郎(しょうしょろう)が皇帝に話をする際に鶏舌香を口に含んで

口臭を消していたという記録が残っているようです。

 

今風に考えると、ガムをかんで口の臭いを消していたという事ですね。

誰だって、自分に報告してくる部下の口が臭かったら嫌ですもんね。

 

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

 

曹操が孔明に鶏舌香を送った理由

 

こうして考えると、曹操が孔明に鶏舌香を送った理由も見えてきます。

鶏舌香=尚書郎=宮廷で皇帝に仕えるなのですから・・

「チミも漢室で優れた才能を活かしてみないか?ウヒョ!」でしょう。

しかも五斤というのは、今の重さだと1キロにもなります。

今で言えば、ガムみたいなものとはいえ、当時は薬でもありますし、

はるか東南アジアの産物ですから、値も張ると思います。

 

当時の士大夫に取って、皇帝の側近くで仕える尚書郎は花形ですし、

出世の早道でもあります。

いかに孔明と言っても、気持ちはグラついたのではないでしょうか?

 

或いは、このようにも考えられる・・

 

ただ、この手紙がいつ出されたものか?までは分りません。

こんな高価なモノを送るのだから、人材をスカウトしようという下心があり、

孔明が劉備に仕官する前であろうと考えられているだけです。

 

しかし、逆に考えれば、鶏舌香=口の臭い消しなのですから、

曹操一流の挑発行為で、「孔明、貴様の口は臭いんだよ!」かも知れません。

 

 

孔明にしても、後に五丈原で、司馬懿(しばい)に女物の装飾品を送りつけ、

「貴様は女のようだ!(臆病者だ)」と挑発したという俗説もありますから、

案外、そういうゆるい心理戦だったのかも知れないです。

 

或いは、漢室に限らず、当時の群雄の宮廷では、鶏舌香を噛む習慣があり、

一種の外交儀礼として鶏舌香を送り合っていた、、

それだけの事だったりするのかも知れません。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

正史、三国志においては、曹操を激しく批判する孔明の言説は多いですが、

逆に曹操が孔明に言及した事は、ほとんどありません。

この事から、曹操にとり孔明はアウト・オブ眼中だったと考えられていました。

ですが、この手紙は、少なくとも曹操は孔明の才能を認め、配下に加える気があった

その可能性を示しています。

 

もしかすると、人材コレクションに忙しい曹操は、うっかり孔明のスカウトを忘れ

それに怒った孔明が腹いせに劉備に仕官してたりしてね・・

 

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【はじめての孫子】第2回:どうして『孫子』はビジネスマン必携の書…
  2. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  3. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!…
  4. 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利
  5. 【キングダム予想】王翦が昌平君にした頼みって何?
  6. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  7. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?
  8. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超
  2. 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?
  3. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  4. 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?
  5. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  6. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い 【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの? 二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介! 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?

おすすめ記事

  1. 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた
  2. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  3. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い
  4. 32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示
  5. 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?
  6. 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!
  7. もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】
  8. 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP