三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)

この記事の所要時間: 232




 

魏には孫呉キラーと言われる将軍達がおります。

一人目は合肥(ごうひ)の戦いでわずか数千の軍勢で孫権軍10万を打ち破り、

その名を天下に轟かせた張遼(ちょうりょう)

二人目は数年にわたって合肥や寿春など孫呉の国境を守り続け、

孫呉の軍勢が攻めてくれば必ず打ち破った孫呉キラー満寵(まんちょう)

さて今回紹介する三人目の孫呉キラーは曹休(そうきゅう)です。

あれこの人そんなに孫呉軍と戦っていた人なのと思われる方も多いと思いますが、

実は上記で紹介したキラー達と同じくらい孫呉戦で活躍している人物だったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる




夏侯惇の後任者

 

曹操軍の重鎮として君臨していた夏侯惇(かこうとん)

彼は曹丕(そうひ)が皇帝になると大将軍に就任することになります。

しかし彼は高齢であったために大将軍に就任後すぐに亡くなってしまいます。

彼は孫呉との国境を守っていたのですが、彼の後任者として白羽の矢が立ったのが曹休です。

彼は曹丕から鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)の位を拝命すると任地へ赴くことになります。




孫呉キラー曹休の活躍その1:孫呉軍に圧勝

 

曹休は任地に到着するとすぐに孫呉の軍勢が攻撃を仕掛けてきます。

彼は歴陽(れきよう)という土地に孫呉軍が駐屯していることを知ると自ら軍勢を率いて孫呉軍へ

攻撃を行いみごとに孫呉の軍勢を撃破。

曹休は孫呉軍を撃破すると長江沿いにある孫呉の拠点をいくつも破壊して武功をあげます。

この事を知った曹丕は大いに喜び征東将軍(せいとうしょうぐん)へと格上げし、

揚州刺史(ようしゅうしし)の位を与え侯の位を与える大盤振る舞いを見せます。

 

孫呉キラー曹休の活躍その2:張遼らを率いて孫呉軍を撃破

 

こうして孫呉軍との初戦を圧倒的な勝利を収めた曹休。

彼は曹丕が孫呉討伐を行うと孫呉討伐軍に参加することになり、

諸将を率いる黄金のマサカリと征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の位を下賜されます。

曹休は孫呉キラーの先輩である張遼らの諸将を率いて洞浦(どうほ)に駐屯している

孫呉軍の大将である呂範(りょはん)を完膚なきまで叩き大勝利を収めることに成功。

こうして孫呉キラーの名を着実に上げていく曹休は曹丕から

「孫呉キラーとして名乗りをあげたらどうなのだ」と言われたそうです

(すみませんこれはレンの勝手な想像です。)。

曹丕は孫呉の軍勢を打ち破った曹休に揚州の牧の地位を与えることにします。

 

孫呉キラー曹休の活躍その3:孫呉軍を降伏させる

 

孫呉キラーとして孫権から恐れられるほどの功績を挙げ、

国内からも武功の数々を褒めた讃えられていた曹休。

彼は孫呉の軍勢が懲りずに魏・呉の国境沿いにある皖(かん)に駐屯していることを知ると

自ら軍勢を率いて孫呉軍へ攻撃を行います。

この攻撃によって孫呉の武将である審徳(しんとく)が討ち取られ、

孫呉の武将達は曹休の軍勢に審徳が討ち取られたことを知ると降伏してきます。

魏の二代目皇帝である曹叡(そうえい)は曹休が孫呉軍を撃破し、

孫呉の武将を降伏させたことに大喜び。

曹叡は彼に領土を増加させて大司馬の位を与え報います。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

孫呉キラーとして魏・呉両国にその名を馳せていた曹休ですが、

彼の孫呉キラーとしての戦いぶりはここで止まってしまいます。

孫権は曹休軍をこてんぱんにするため周魴へ魏に偽りの降伏を命じて、

曹休軍をおびき寄せる作戦を決行。

その結果、孫権の作戦は大成功を収めます。

周魴の偽りの降伏を信じてしまった曹休は、

呉軍の猛攻撃を受けて率いていた軍勢はボロボロにされてしまい、

討ち取られる寸前まで追い詰められてしまいます。

しかし魏軍の援軍がなんとか曹休を救出することに成功するのですが、

彼は呉軍に敗北したことが相当に悔しかったらしく病を発して亡くなってしまいます。

しかしレンとしては孫呉キラーとして孫呉軍に幾度も勝利を収めていた曹休を

張遼満寵に匹敵する孫呉キラーとして認定したいと思います。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?

関連記事:三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物
  2. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  3. 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった…
  4. 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介…
  5. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  6. 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・…
  7. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!
  8. 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備と孫権
  2. 陸抗

おすすめ記事

  1. 法正が「隗より始めよ」のことわざを引用して劉備に進言したけど、どういう意味?
  2. 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎
  3. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1
  4. 徐晃にとって曹操は人使いの荒いブラック社長?
  5. 【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!!
  6. 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位 月刊はじめての三国志2018年11月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』

おすすめ記事

  1. 西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係?
  2. 島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬
  3. 【8月の見どころ】8/27公開予定:本当は嫌なヤツだったかも知れない五丈原の費禕に迫る
  4. 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決
  5. 三国志の英雄が未来の人間からパクるという怪現象
  6. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  7. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い
  8. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP