ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての魏

毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた?

高句麗まで攻めるカン丘倹




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・朝鮮半島の歴史」のコーナーです。

 

 

三国志「正史」を編纂した陳寿に「ずばぬけた才能と見識」と絶賛されたのが、

魏の毌丘倹(かんきゅうけん・ぶきゅうけん)です。

明帝(曹叡)に可愛がられ、出世していきます。

荊州の刺史→幽州の刺史→豫州の刺史→揚州の刺史と歴任しました。

凄い転勤ぶりですね。

彼の功績はなんといっても朝鮮半島北部の鎮圧です。

現代では北朝鮮の動向が大きな問題になっていますが、

アメリカや中国が何をしようともなかなか解決しません。

おかげで地政学リスクが生じてドル安になる始末です。

4月の1週目には米中首脳会議がありますがどのようになるのでしょうか

(執筆時はまだ4月3日ですのでわかりません)。

トランプ大統領がまた余計なことを言いそうですね。

と、いうことで今回は朝鮮半島問題に詳しい毌丘倹の活躍に注目していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性




遼東の支配者・公孫氏と高句麗

 

西暦238年、遼東を支配していた公孫淵(こうそんえん)司馬懿(しばい)が打ち破ります。

この年はちょうど邪馬台国から卑弥呼の使者が訪れていたとされています。

燕王を称する公孫淵を滅ぼすのに魏に協力したのが高句麗です。

高句麗は以前に公孫氏に負けて服従していました。

そのとき都を丸都(現在の中国と北朝鮮の国境付近)に移しています。

しばらくはおとなしくしていましたが、

公孫淵が滅ぶと高句麗は盛んに魏の領土を侵略するようになりました。

高句麗は以前に呉に朝貢した経歴があります。

魏としてはもはや許してはおけない存在になりました。

そこで高句麗討伐を任されたのが毌丘倹です。




高句麗との戦い

 

毌丘倹は公孫淵の討伐に武功があり、安邑侯となっています。

司馬懿は公孫淵を討つと凱旋しましたが、毌丘倹は遼東に留まり、

さらなる異民族の平定を任されます。

西暦246年2月に毌丘倹は高句麗の都・丸都を攻めて陥落させました。

(西暦244年という説もあります。この2年の開きはどこからくるのでしょうか)

毌丘倹はさらに部下の王頎に追撃を命じます。

高句麗の王は第11代目の東川王(宮)です。東川王は沃沮を南に逃げます。

さらに東川王の腹心が魏に偽りの投降をし、

敵方を混乱させて王の逃亡を助けました。

高句麗はこうして滅亡を回避したのです。

毌丘倹もこれ以上の追撃を諦めます。

ちなみに高句麗は第15代美川王のときに復讐に転じました。

三国志では晋がすでに天下を統一していますが、

西暦313年、高句麗はその晋を攻めて楽浪郡を占領しています。

 

司馬師への反乱

 

話は戻りますが、高句麗を撃退した後、毌丘倹は魏の重臣として都督となります。

そして西暦252年、鎮南将軍・豫州刺史として、

呉の皇帝・孫権の死に乗じて攻め込むのです。

ここは敵の総大将・諸葛恪の奮戦によって敗北します。

しかし西暦253年、今度は合肥に攻め込んできた諸葛恪を迎撃し、

さらに追撃して成果をあげました。

この年に諸葛恪は呉国内で誅殺されています。

そして毌丘倹もまた司馬氏の専横に対して反乱を起こして征伐され、西暦255年に亡くなりました。

毌丘倹の反乱にショックを受けた司馬師もまた毌丘倹征伐後の同年に病没しています。

 

関連記事:眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじさん臨終図巻】

関連記事:衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

三国志の後半に登場するのであまり馴染みのない毌丘倹ですが、

こうしてみるとかなりの活躍をしているのです。

朝鮮半島の南部まで平定できればさらに注目を集めていたのでしょうが、

呉の孫権がいたために呼び戻されて、戦力として期待されています。

それがなければ毌丘倹の兵は倭まで攻め寄せていたかもしれませんね。

日本の歴史は変わっていたかも!って考えると呉の存続に感謝です。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




関連記事

  1. 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?
  2. 空を飛ぶスーパーマン袁術 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  3. 阿会喃(あかいなん)と猛獲 ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】
  4. 魏の武将をまとめた趙嚴(ちょうげん) 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめ…
  5. 車に乗る諸葛亮 天才軍師の条件ってなに?諸葛亮孔明・司馬懿仲達・黒田官兵衛・大村…
  6. 馬謖の失敗に嘆く孔明 馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲し…
  7. 甘寧と凌統 三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選
  8. 趙雲子龍 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 水滸伝って何?
  2. 曹休
  3. 韓信と劉邦
  4. 2つの持論を展開する費禕
  5. 趙雲
  6. 眠る董卓
  7. 織田信長

おすすめ記事

  1. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう
  2. 曹休が赤壁の戦いに参加していたら曹操は天下統一できた? 石亭の戦い 曹休と韓当
  3. 愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編 挑発する諸葛亮孔明
  4. 世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotify「ながら三国志」開始 Spotify 引用
  5. 前漢の文帝ってどんな人?文景の治と称された皇帝の政治手腕とは? 文帝(前漢)
  6. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について 孫子の兵法 曹操

三國志雑学

  1. 苛ついている曹操
  2. 司馬懿
  3. 大喬と小喬
  4. 陳宮


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 諸葛瑾
  2. 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した
  3. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  4. 蜀の魏延
  5. キングダム55巻
  6. 藺相如(りんしょうじょ)
  7. 于禁、曹操、青州兵

おすすめ記事

キングダムの王騎 これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら? 孫和 孫和とはどんな人?文武両道だけど最後はとっても悲惨な貴公子 君主論 董卓 董卓の武勇はすごかった!短命とはいえトップに上り詰めた男の手腕を再考 張飛の男気人生 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑 【お知らせ】ソウルフルボイス vs 怪人 初の対決! 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具 荀彧の系図を調べてみるととんでもない○○が判明!? 李靖(りせい)曹操と孔明に憧れる 孔明・龐統・徐庶の三人がいたら劉備軍はどうなる!?【if三国志】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP