架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ

この記事の所要時間: 359




 

曹操(そうそう)は戦が上手でしたが、それだけに兵士の士気を失わない事に

気を配りました。

例え、鉄のような軍団を産み出しても、兵士も人間ですから、

ヒドイ扱いをされたなら、士気も低下し場合によっては離反する事もあるのです。

曹操の心憎いばかりの人心掌握術は、特に戦に敗れた時に発揮されます。

それが、張繍(ちょうしゅう)に敗戦した宛城の戦いでした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術




美女、鄒氏にうつつを抜かし直前まで謀反に気づかないウッカリぶり

 

西暦197年の春、曹操は宛に侵攻、不利を悟った張繍は降伏します。

しかし、ここからがいけませんでした、元は張繍の族父張済(ちょうさい)の妻である

未亡人の鄒(すう)氏に曹操が目をつけて寵愛しだしたのです。

 

族父の妻と言えば、張繍には叔母も同然、それを曹操が権力で奪ったので

張繍は激怒し賈詡(かく)に謀って、愛欲の日々を送る曹操に叛いたのです。

曹操は、全く謀反に備えずにノーガードでしたので、ボディーガード典韋(てんい)、

甥の曹安民(そうあんみん)、そして息子の曹昴(そうこう)を失います。

 

曹操は、ほとんど反撃できないまま、舞陰まで引き上げ、

ここで体制を整え、張繍の騎兵隊を迎え撃ち、何とか撃破しました。

ですが、張繍は宛に戻り、再び劉表(りゅうひょう)と同盟したので、

周囲の豪族は曹操と手を切り、再び張繍を盟主としてしまいます。




自分への冷たい視線を逸らす為に、曹操は身内以外を慰霊する

 

謀反の理由が、人の未亡人といちゃいちゃしていたせいだという事は、

何も言わなくても、曹操軍の兵士の末端まで知れ渡っていました。

つまらない理由で敗北の苦杯をなめさせられたという苦しみは、

士気の低下として曹操に跳ね返ってきます。

 

ですが、ここからが曹操の非凡な所です。

伝令から、典韋、そして、曹安民、曹昴の死が伝えられると、

曹操は身内である二人の事はそっちのけで典韋の名を叫び号泣したのです。

これは、一体どういう事なのでしょうか?

 

あえて身内を無視して部下を追悼する事で信頼を回復する

 

曹操は淯水(いくすい)で自分を守って戦死した典韋、

そして自軍の兵士を追悼し祠を造って祀っています。

この時、曹操は人目もはばからず号泣し、それを見た兵士達は

感激の涙を抑える事が出来ませんでした。

 

もう一度、言いますが、曹操は戦死した甥と息子について

なにも顕彰しても悼んでもいません。

曹昴と曹安民の伝でも、ただ、戦死したと書かれているだけで

祀ったのは、飽くまで典韋と戦死した将兵だけなのです。

 

どうして、こんなアベコベな事をしたのか?

それは兵士に対して、

「私が最も大事に思うのは身内ではなく諸君だ」という

無言のPRをする為なのです。

 

曹操がプライベートな悲しみに耽れば、兵士は反感を持つ・・

 

逆に、もし曹操が、典韋や兵士の事は放り出しておいて、

曹昴や曹安民の為に泣いて慰霊をするとどうでしょう?

それは兵士からすれば、まるで面白くありません。

 

「はぁん、身内が死んで悲しいってか?

じゃあ、赤の他人のあんたに従って死んだ俺達はどうなる?」

 

そのような反感が湧きおこり、全く私的な悲しみを披露した

曹操に対する尊敬が急速に失われてしまうでしょう。

 

曹操だって本心を言えば、名前も知らない兵士の死より、

多くの時間を共有した息子の死の方が悲しい筈です。

 

しかし、だからこそ、ここでは私情を押し殺し、

部下や兵の為にのみ泣く必要があったのです。

 

本拠地に戻っても典韋を惜しんで曹昴の事は何も言わない曹操

 

曹操は悲しみの表現を徹底していました。

本拠地に戻ってからも典韋を失った悲しみだけを口にし、

曹昴や曹安民の事は、口にしませんでした。

 

決死隊を募ってまで死体を奪い返した典韋については、

その後も折を見ては慰霊を行い、息子の典満(てんまん)を取り立てています。

これも、身内を軽んじて軍を重んじる態度として兵士の尊敬を集めます。

 

ところが、曹操は典韋を祀って贈物をしても、官爵は遺贈しませんでした。

それは、典韋もまた敗戦の責任者として特別扱いしていない事を意味します。

曹操が典韋を祀るのは、むろん典韋が得難い名将だからですが、

それ以上に、私は身内より将兵を愛しているという自己PRの

感情が働いていたからなのです。

 

パブリックを優先しすぎて妻に去られた曹操

 

しかし、余りにもプライベートを押し殺した曹操は、曹昴の育ての母である

丁夫人の憎しみを買う事になってしまいます。

我が子よりも部下の事ばかりを悲しむ曹操に、丁夫人は不信感を募らせたのです。

もちろん曹操は弁明できません、そこで弁明すれば、これまでの悲しみの

表現が意図的なモノである事が全将兵にバレてしまうからです。

兵士の信頼を繋ぎとめる為に、曹操は最愛の妻を失ってしまうのでした。

 

関連記事:曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」

関連記事:【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

曹操は反董卓連合軍の一員である頃、揚州で募兵をして4000名を集めながら

ささいな事で謀反を起こされ、兵士の大半を失った事があります。

この時から、曹操は神経質な程に兵士の心理に気を配るようになったようです。

 

曹操のケースは極端ですが、公的な場で、エコヒイキをしないように、

普段から気を配る教訓になる話ではないでしょうか?

 

関連記事:営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

関連記事:【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男

関連記事:【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!

関連記事:知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦
  2. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いら…
  3. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  4. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  5. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  6. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司…
  7. 魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?
  8. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?
  2. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将
  3. 劉備と劉邦
  4. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家
  5. 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」
  6. 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析 なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!? 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操 【第1回 幻想少女】衝撃の三国志が誕生!これぞ三国志革命だ!! 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  2. 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将
  3. 樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑
  4. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  5. 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編
  6. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  7. 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還
  8. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP