キングダム
朝まで三国志軍師




はじめての三国志

menu

はじめての変

董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話

この記事の所要時間: 250




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・動物占い」のコーナーです。

 

 

三国志に登場する英雄の中で動物に例えられた有名人といえば、諸葛亮孔明と龐統でしょう。

何だったか皆さんは覚えていますか?

犬と猿?いえ全然違います。空想上の動物です。

ファンタジーの世界ですね。ペガサスとユニコーン?

それは聖闘士(セイント)ですね。でも惜しい。もう一息です。

そうです。ドラゴンとフェニックスですね(これもセイントか)。

竜と鳳凰です。厳密に言うと「伏竜と鳳雛」となります。

隠れている竜と鳳凰の雛のことです。ここから、

四字熟語で「伏龍鳳雛」と言えば、才能に満ち溢れているのに機会に恵まれず

力を発揮できない人を指すことになりました。

三国志には他にも動物に例えられた英雄はいるのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察




年少ながら才能を発揮する人

 

若くして活躍した英雄もいます。有名なところでは天水の姜維(きょうい)

諸葛亮孔明にその才能を認められ、蜀の大黒柱になっていきます。

知略、武勇ともに優れていたそうです。

姜維はどんな動物に例えられたか知っていますか?

そうです。キリンさんです。

いや、空想上の麒麟ですね。厳密に言うと麒麟児です。

これは首が長いからそう言われたわけではありません。

年少から才能を発揮する人のことを麒麟児と呼ぶのです。

日本では織田信長に求められた蒲生氏郷が有名な麒麟児ですね。

そう考えると孫策も立派な麒麟児です。探せば他にも大勢いそうですね。

三国志にはたくさんのキリンさんが登場しているのです。




猫はいないのか?

ユーチューバーには有名な「ねこてん」さんがいます。

猫の天使で「ねこてん」です。圧倒的な可愛さを誇っています。

三国志には猫に例えられた人物はいないのでしょうか。

虎ならいますね。蜀の五虎将軍です。関羽張飛馬超黄忠趙雲の五人です。

虎のように強かったということでしょう。

その後継者たちで五猫将軍がいたという噂もあります。

張苞、関興、趙統、馬岱、黄叙という2世メンバーで構成されているそうですが、

こちらはデマだと思われます。

そもそもこの時代に猫がいたのかどうかも不明です。

 

孫堅(そんけん)は何に例えられたのか

 

孫堅も有名なのでご存知の方は多いかもしれません。

正解は虎です。これは三国志の正史に書かれています。

裴松之の注釈によれば、「江表伝」にこう記されています。

「狼を追い払って虎を呼び入れたものだ」と。

この話に登場する狼は董卓のことです。虎は孫堅

孫堅が洛陽を手に入れたら大変なことになると誰かが袁術に吹き込みました。

狼すら抑えられないのに、虎を相手にどうする気だ?と暗に言われて袁術は不安になります。

当時、孫堅は袁術の先鋒のような存在で、

董卓連合の一員として洛陽攻略を目指していました。

最前線の陽人の地で猛将・華雄を討ち取って武功をあげています。袁術の本陣は百里ほど後方です。

このまま孫堅が洛陽を攻め落とすとコントロールできなくなると考えた袁術は、

なんと前線への兵糧の供給を止めてしまうのです。これで袁術は人気を落とします。

三国志演義でもやはり袁術は孫堅への兵糧の輸送を中断したと記されています。

そのために孫堅は華雄に敗れるのです(正史とあべこべですね)。

烈火のごとく怒った孫堅は袁術に猛抗議をします。

こちらでは孫堅は江東猛虎と称されています。

 

関連記事:【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介

関連記事:江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

水軍が盛んな呉であればピラニアとか

シーラカンスとか魚に例えられる武将がいてもよさそうですが、残念ながらいないようです。

愛犬家の私としては、犬に例えられた英雄はいないのかな、って気になりますね。

噛ませ犬的存在はいますが、本来の意味の「愛らしい犬」といったような人物はいなかったようです。

私としては大好きな犬に例えてもいい英雄としては

荀彧かなーって思っていますが、皆さんはどう思います?

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可…
  2. 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の…
  3. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  4. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  5. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将…
  6. 三国志乱舞 – スクエニが贈る本格三国志RPG -と…
  7. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  8. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 井伊直弼の家系図は豪華絢爛!
  2. 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情
  3. 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達
  4. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎
  5. 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  6. 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の結末(最後)ってどうなるの? 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる! 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた! 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの? はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」

おすすめ記事

  1. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  2. 潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に忠義を尽くした硬骨漢
  3. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  4. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇
  5. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介
  7. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!
  8. 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“水滸伝"
PAGE TOP