キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

前漢

石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君

劉邦と張良と陳平




 

前漢を建国した高祖・劉邦(りゅうほう)

彼の元には色々な人材が集まり彼を支えたことによって、

天下統一の偉業を成し遂げることに成功します。

 

 

彼を支えた人材には軍略に秀でた張良(ちょうりょう)陳平(ちんぺい)などの人材や

内政の天才である蕭何(しょうか)、国士無双と言われた韓信(かんしん)などが有名です。

しかし今回紹介する人物はそのような異才の持ち主ではなく、

劉邦から人柄で愛されたことがきっかけで出世した人物。

その名を石奮(せきふん)と呼ばれ、漢帝国景帝から万石君と呼ばれた人物です。

いったい彼は何故万石君と呼ばれることになったのでしょうか。

 

関連記事:40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




劉邦に従う

 

石奮は趙の住人で秦の始皇帝が天下統一した後小役人に任命されます。

始皇帝死後、天下は大いに乱れていき沛(はい)出身の大将である劉邦

石奮が小役人をやっている土地へやってきます。

この時上司から「劉邦殿の身の回りの世話をやってやれ」と命令され、

石奮は劉邦の身の回りの世話を行っていくことになります。

劉邦は一生懸命身の回りの世話を行っている石奮をすっかり気に入り彼に色々と質問していき、

最後に「ワシと共に来る気はあるか」と訪ねます。

すると石奮は「はい。一生懸命仕えさせていただきたいと思います。」

と述べたことがきっかけで、劉邦に仕えることになります。




歴代の皇帝に仕えたことで出世していく

 

石奮は高祖劉邦に仕えると真面目にコツコツと仕えていきます。

劉邦の時代には劉邦に拝謁してくる人物を取り次ぐ役目に任命され、

劉邦の死後文帝の時代になると今までコツコツ真面目に仕事をしてきたことが評価されて、

太中大夫(たいちゅうたいふ=皇帝の顧問のような役目)を与えられることになります。

そして文帝が亡くなって景帝の時代になると彼はさらに出世することになり、

九卿(きゅうけい)の位にまで出世することになるのです。

九卿は2千石の給料をもらえる9つの官位のことを指す言葉です。

こうしてかなりのところにまで出世した石奮は景帝の時代の時に引退することに決めます。

 

身内にも真面目で頑固

 

石奮は引退した後も真面目な人物でした。

彼は役人からの挨拶も引退した後もひっきりなしに来ておりましたが、

彼よりも上の位の人物だろうが、下位の人物だろうが丁寧に接して行きます。

また息子や親族が罪を犯したときには、

その人に対して頭ごなしに怒鳴りつけたり折檻するのではなく、

自分の部屋に引きこもって一切食事を取らなくなったそうです。

この石奮の姿を見た親族達は心の底から反省して謝罪。

彼は謝罪した人が心の底から謝っていることを確認した時に初めて食事を食べたそうです。

このように身内にも真面目で役人にも丁寧に接する石奮を周りの人々は

大いにほめたたえたそうです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

石奮は異才を放っていなかったのに劉邦に愛されたことがきっかけで、

その名を歴史にとどめることに成功します。

彼の頑固者は普通の人では考えられない位であり、

役人として働いていた息子がある日酔っ払って村の門を車で駆け抜けたそうです。

別に何一つ悪いことはないように思えるのですが、石奮はいっさい食事を食べなくなります。

その理由は「偉くなったのに村の門を車で駆け抜けて帰るとは何事だ。

お前の役職くらいになったら民衆からしたわれなければならないのに。」と述べてから

彼を許したそうです。

非常に真面目で頑固な人物ですが、彼が万石君と呼ばれたきっかけは彼には四人の息子がおり、

四人とも九卿の位を与えられておりました。

そのため石奮を含めて五人全員が2千石の位を保有していることから景帝はあるとき側近に

「石奮は親族すべてが2千石の位についておる。

五人合わせれたら1万石ではないか。

まさに人臣の中で最高のくらいが彼らに集まったようだな。

そうだあいつのあだ名を万石君と呼ぼう。」と言って笑いながら決めたそうです。

こうして石奮あらため万石君と呼ばれるようになります。

 

参考文献 史記 司馬遷 村山孚・竹内良雄著など

 

関連記事:劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】

関連記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

関連記事:【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  2. 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、…
  3. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どこ…
  5. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  6. 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】羽柴秀吉はどうやって関白に就任することができたの?
  7. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の…
  8. 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜と孫権
  2. はじめての三国志編集長 kawauso
  3. 呂蒙を慰める孫権
  4. 読書する劉備

おすすめ記事

  1. 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  2. キングダム 514話 ネタバレ予想:王翦の進路変更の理由とは?
  3. 大器晩成とはこのことか!三代にわたって魏に仕えた朱霊の魅力に迫る!
  4. 87話:劉備、蜀への侵攻を決意
  5. 十常侍ってなんぞや?
  6. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

三國志雑学

  1. 暴れまわる異民族に困る梁習
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹丕
  2. 孫皓に対して戒めの手紙を書く陸抗(りくこう)
  3. 于禁を虐める曹丕

おすすめ記事

劉備 結婚 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2 張角と通じていた宦官 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊 ホウ徳 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情 幕末 大砲発射 大鳥圭介とはどんな人?函館戦争に参加する経緯まで紹介 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!? 君たちはどう生きるか?劉禅 劉禅その後はどうなった?皇帝劉禅の生涯・降伏後の姿は本当の姿だった? 袁術と孫策 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた 島津久光はどうして寺田屋事件で薩摩藩士を粛清したの?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP