広告募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

前漢

石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君

この記事の所要時間: 240




 

前漢を建国した高祖・劉邦(りゅうほう)

彼の元には色々な人材が集まり彼を支えたことによって、

天下統一の偉業を成し遂げることに成功します。

 

 

彼を支えた人材には軍略に秀でた張良(ちょうりょう)陳平(ちんぺい)などの人材や

内政の天才である蕭何(しょうか)、国士無双と言われた韓信(かんしん)などが有名です。

しかし今回紹介する人物はそのような異才の持ち主ではなく、

劉邦から人柄で愛されたことがきっかけで出世した人物。

その名を石奮(せきふん)と呼ばれ、漢帝国景帝から万石君と呼ばれた人物です。

いったい彼は何故万石君と呼ばれることになったのでしょうか。

 

関連記事:40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




劉邦に従う

 

石奮は趙の住人で秦の始皇帝が天下統一した後小役人に任命されます。

始皇帝死後、天下は大いに乱れていき沛(はい)出身の大将である劉邦が

石奮が小役人をやっている土地へやってきます。

この時上司から「劉邦殿の身の回りの世話をやってやれ」と命令され、

石奮は劉邦の身の回りの世話を行っていくことになります。

劉邦は一生懸命身の回りの世話を行っている石奮をすっかり気に入り彼に色々と質問していき、

最後に「ワシと共に来る気はあるか」と訪ねます。

すると石奮は「はい。一生懸命仕えさせていただきたいと思います。」

と述べたことがきっかけで、劉邦に仕えることになります。




歴代の皇帝に仕えたことで出世していく

 

石奮は高祖劉邦に仕えると真面目にコツコツと仕えていきます。

劉邦の時代には劉邦に拝謁してくる人物を取り次ぐ役目に任命され、

劉邦の死後文帝の時代になると今までコツコツ真面目に仕事をしてきたことが評価されて、

太中大夫(たいちゅうたいふ=皇帝の顧問のような役目)を与えられることになります。

そして文帝が亡くなって景帝の時代になると彼はさらに出世することになり、

九卿(きゅうけい)の位にまで出世することになるのです。

九卿は2千石の給料をもらえる9つの官位のことを指す言葉です。

こうしてかなりのところにまで出世した石奮は景帝の時代の時に引退することに決めます。

 

身内にも真面目で頑固

 

石奮は引退した後も真面目な人物でした。

彼は役人からの挨拶も引退した後もひっきりなしに来ておりましたが、

彼よりも上の位の人物だろうが、下位の人物だろうが丁寧に接して行きます。

また息子や親族が罪を犯したときには、

その人に対して頭ごなしに怒鳴りつけたり折檻するのではなく、

自分の部屋に引きこもって一切食事を取らなくなったそうです。

この石奮の姿を見た親族達は心の底から反省して謝罪。

彼は謝罪した人が心の底から謝っていることを確認した時に初めて食事を食べたそうです。

このように身内にも真面目で役人にも丁寧に接する石奮を周りの人々は

大いにほめたたえたそうです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

石奮は異才を放っていなかったのに劉邦に愛されたことがきっかけで、

その名を歴史にとどめることに成功します。

彼の頑固者は普通の人では考えられない位であり、

役人として働いていた息子がある日酔っ払って村の門を車で駆け抜けたそうです。

別に何一つ悪いことはないように思えるのですが、石奮はいっさい食事を食べなくなります。

その理由は「偉くなったのに村の門を車で駆け抜けて帰るとは何事だ。

お前の役職くらいになったら民衆からしたわれなければならないのに。」と述べてから

彼を許したそうです。

非常に真面目で頑固な人物ですが、彼が万石君と呼ばれたきっかけは彼には四人の息子がおり、

四人とも九卿の位を与えられておりました。

そのため石奮を含めて五人全員が2千石の位を保有していることから景帝はあるとき側近に

「石奮は親族すべてが2千石の位についておる。

五人合わせれたら1万石ではないか。

まさに人臣の中で最高のくらいが彼らに集まったようだな。

そうだあいつのあだ名を万石君と呼ぼう。」と言って笑いながら決めたそうです。

こうして石奮あらため万石君と呼ばれるようになります。

 

参考文献 史記 司馬遷 村山孚・竹内良雄著など

 

関連記事:劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】

関連記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

関連記事:【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?
  2. 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?
  3. 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば…
  4. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加してい…
  5. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなか…
  6. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外…
  7. 関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治
  8. 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将
  2. 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を最小限に済ませる戦術とは?
  3. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  4. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師
  5. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  6. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは? 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権 なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男

おすすめ記事

  1. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた
  2. 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能
  3. 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情
  4. これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?
  5. 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後
  6. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る
  7. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」
  8. 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP