架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの?

この記事の所要時間: 234




 

曹操から警戒されていた司馬仲達(しばちゅうたつ)。

そのため彼は中々要職に就くことができない状態でしたが、

ある事件がきっかけで出世の糸口をつかむことになります。

軍師連盟が放映される前に孔明の宿敵であった司馬仲達の出世の糸口について、

ご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?




曹丕の側近になる

 

曹操は自らの後継者とするべく曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)どちらにするか思い悩み続けた結果、

曹丕を自らの後継者とします。

この時に曹操は曹丕を援護していた司馬懿を曹丕の側近に任命。

曹丕は司馬懿や呉質(ごしつ)・陳羣(ちんぐん)らを厚遇して彼らの援護に報います。

こうして王太子となった曹丕は曹操が亡くなると魏王に就任し、

後漢王朝の皇帝であった劉協(りゅうきょう)から禅譲(ぜんじょう)を受けて、

魏の初代皇帝に就任することになります。




要職を歴任する

 

司馬懿は曹丕が皇帝として君臨すると要職を歴任することになり、

曹操の時代とは打って変わって出世してくことになります。

その原因は曹操の後継者問題で司馬懿が曹丕を援護したことが、

出世のきっかけと言えるのではないのでしょうか。

彼は文官としての出世とともに将軍の位を授かっており、

つねにセットで官位を上げもらっております。

 

関連記事:【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?

 

曹丕に信頼される

 

王太子時代の曹丕から非常に信頼され四友(しゆう)と言われていた司馬懿。

皇帝になってからも曹丕が司馬懿に向ける信頼は一切変わりありませんでした。

曹丕の信頼を表すものとして上記のように司馬懿に軍事・政治の要職を歴任させたことや

曹丕が孫呉討伐戦や地方へ一体際彼は

「地方の尚書台には陳羣を据えておけば大丈夫だ。

また許には司馬懿を置いておけば全く心配することはない」と信頼を示しております。

これほどまでに信頼関係を築いていた曹丕と司馬懿の間には、

喧嘩や軋轢などはなかったのでしょうか。

 

司馬懿が止めても名士を殺害

 

司馬懿と陳羣(ちんぐん)は九品官人法(きゅうひんかんじんほう)が制定されると

地方の名士達や自らの出身地である名士達を魏の政権に参画させるべく推挙していきます。

司馬懿や陳羣が推挙した人物の中には、

曹操の盟友であった鮑信の息子である鮑勛(ほうくん)がおりました。

彼は誰に対しても公平に扱っており皇帝・曹丕も例外ではありませんでした。

自らの思い通りならずにズケズケとはっきりモノを言う鮑勛に嫌気がさしていた曹丕。

ついに彼は鮑勛に罪を見つけて殺害しようと試みます。

しかし鮑勛を殺害しようとすると司馬懿や陳羣らが必死に命乞いをしてきます。

だが曹丕は彼らの命乞いを却下して殺害。

信頼している間柄である曹丕と司馬懿ですが、

鮑勛殺害事件により信頼関係にヒビが入るのかと思いきや

全く信頼関係が揺らぐことはありませんでした。

その証左として曹丕は自らが亡くなる寸前に陳羣と司馬懿は呼ばれて、

自らが亡くなった後のことを頼むとお願いしており、

曹丕と司馬懿の信頼関係がかなり強い結びつきであったことが伺えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

もし曹操がズバット後継者問題に決着をつけていたら司馬懿は出世することなく、

低い身分のまま一生を終えていたかもしれません。

すると晋の建国の直接の原因は曹操の後継者問題にあるのでしょう。

曹操があれほど警戒していた司馬懿が後継者問題が原因となって、

魏の重鎮へと出世して晋を建国する礎を建てることになるとは、

思ってもいなかったのではないのでしょうか。

軍師連盟が三国志演義をベースとして物語を展開していくのでしょうか。

それとも三国志の正史をベースにして物語を展開するのかはわかりませんが、

司馬懿にとって上記の記事の部分は、

出世に関わることですのでぜひピックアップして取り上げてほしいとレンは考えております。

 

参考文献 SB晋書 三国志「その後」の真実 渡邉義浩・仙石知子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校
  2. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  4. まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ
  5. 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵…
  6. 連環の計って、どんな作戦?
  7. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ
  8. 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期の流派も紹介!
  2. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯
  3. 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦
  4. 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた名将
  5. 【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎる
  6. 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2 【センゴク】羽柴秀吉はどうやって関白に就任することができたの? 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい!?春秋時代のTOP3と言われた宰相達をご紹介 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの? 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム攻略に挑戦です!

おすすめ記事

  1. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る
  2. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  3. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】
  4. 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子
  5. ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!
  6. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼
  7. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  8. 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP