帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる

この記事の所要時間: 242




 

袁紹軍の二大軍師と言えば田豊(でんほう)沮授(そじゅ)が当てはまるのではないのでしょうか。

ふたりは袁紹(えんしょう)に仕えた当初は献策を行えばすぐに採用されていたのですが、

袁紹と曹操が対立し始めるとふたりの献策は採用されなくなってきます。

そして官渡の戦いで袁紹軍は大敗北してしまうのですが、

ふたりの軍師は何度も袁紹に対して曹操と戦うことに反対意見を述べております。

 

 

今回はそんなふたりがどれだけ袁紹に対して反対意見を述べたのかを

ご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?




顔良活用に反対意見を述べるも・・・・

 

沮授は袁紹が南下して曹操軍と戦った初戦である白馬の戦いに対して、

まず反対意見を述べております。

白馬の戦いそのものに反対意見を述べているのではなく、

白馬攻撃軍の将軍として任命した顔良(がんりょう)を活用することに対して

反対意見を述べております。

沮授は「顔良将軍は袁紹軍きっての武勇を持っています。

しかし性格に問題があり、彼一人に白馬攻撃軍を任せるのは良くないと考えます。」と

反対意見を述べます。

だが袁紹は沮授の意見を採用することなく白馬攻撃軍を顔良に託します。

その結果顔良は討ち取られる結末を迎えることになり白馬を取ることに成功するのですが、

袁紹軍の士気は大いに低下してしまいます。




曹操との戦い方を提案するも・・・・。

 

沮授は顔良・文醜(ぶんしゅう)二人が討ち取られてしまった事を知ると再び袁紹に進言します。

彼は袁紹へ「河北には兵糧が潤沢に有り、経済力も曹操が有している土地と比べれば、

我が方が圧倒的に有利です。

しかし曹操軍の方が兵士は強く短期決戦を行う場合には曹操軍の方が有利でしょう。

そのため一度領土へ戻って今受けた傷を癒して時間をかけて、

曹操軍と戦えば我が軍の勝利は揺るぎないでしょう」と提案。

だが袁紹は沮授の提案を却下して曹操が篭城している官渡城へ猛攻をかけていくことになります。

結果は皆さんが知っているとおり袁紹軍の大敗に終わってしまいます。

 

二年以内に勝利することができる田豊の進言も・・・・

 

田豊は袁紹が大軍を南下させて曹操軍と決戦しようと決断した時に反対意見を述べます。

彼は曹操に絶対勝つことのできる作戦を提案して袁紹の南下をやめさせようとしておりました。

田豊の必勝の作戦とはどのような物なのでしょうか。

田豊曰く「曹操は策略に秀でており兵士が我が方よりも少なくても決して、

油断してはならない敵です。

そのため曹操とは短期決戦で決着を着けるのではなくて、

持久戦に持ち込むのが一番いいでしょう。

袁紹様は各地の群雄と手を組んで曹操軍を攻撃させ、

我らは少数の奇襲部隊を編成して曹操軍の領土を犯し続けるのが一番いいでしょう。

東に奇襲部隊を編成して攻撃させ曹操軍が東に援軍を送ったならば

西へ奇襲部隊を編成し攻撃。西に援軍を繰り出してきたならば再度東へ攻撃を行い、

曹操軍を疲弊させることが肝要です。

このように攻撃を繰り出していけば、

領内の民衆達は怯えて農業や商業に従事することができず、

曹操軍も疲弊して体力がなくなっていくことでしょう。

この策を採用すれば、

二年以内に兵糧が尽きて我が軍が手を下すことなく滅亡することになるでしょう。」と進言します。

しかし袁紹は「そんなのんびりやってられるか!!」と言って田豊の進言を取り上げませんでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

もし沮授もしくは田豊の進言が採用されていれば、曹操軍は袁紹に勝つことは難しかったでしょう。

持久戦に持ち込めば四方に敵がいる曹操軍の方が圧倒的に不利な状態であり、

敵がいない袁紹が曹操に勝つことはほとんど確実な状態であったと思います。

しかし大軍と名家の名声を持っていた袁紹は沮授や田豊の小賢しい作戦に耳を傾けることなく、

堂々と曹操軍と渡り合ったことが原因で敗北してしまいます。

ついでに沮授は袁紹軍が官渡の戦いに敗北した時に戦場に放置プレイされて、

曹操軍の捕虜になってしまい、田豊は袁紹が鄴に帰還した時に処刑されてしまいます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?

関連記事:同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 





黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 …
  2. 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪
  3. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?
  4. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて…
  5. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価…
  6. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い
  7. 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったか…
  8. 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 『三国志』人気を数字から考えてみる
  2. 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説
  3. 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】
  5. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎
  6. 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能! 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟 荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!? 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は? 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

おすすめ記事

  1. 101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す
  2. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  3. 【告白】私はこうして三国志にハマりました!
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介
  5. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの?
  6. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  7. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?
  8. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP