曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる

この記事の所要時間: 242




 

袁紹軍の二大軍師と言えば田豊(でんほう)沮授(そじゅ)が当てはまるのではないのでしょうか。

ふたりは袁紹(えんしょう)に仕えた当初は献策を行えばすぐに採用されていたのですが、

袁紹曹操が対立し始めるとふたりの献策は採用されなくなってきます。

そして官渡の戦いで袁紹軍は大敗北してしまうのですが、

ふたりの軍師は何度も袁紹に対して曹操と戦うことに反対意見を述べております。

 

 

今回はそんなふたりがどれだけ袁紹に対して反対意見を述べたのかを

ご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?




顔良活用に反対意見を述べるも・・・・

 

沮授は袁紹が南下して曹操軍と戦った初戦である白馬の戦いに対して、

まず反対意見を述べております。

白馬の戦いそのものに反対意見を述べているのではなく、

白馬攻撃軍の将軍として任命した顔良(がんりょう)を活用することに対して

反対意見を述べております。

沮授は「顔良将軍は袁紹軍きっての武勇を持っています。

しかし性格に問題があり、彼一人に白馬攻撃軍を任せるのは良くないと考えます。」と

反対意見を述べます。

だが袁紹は沮授の意見を採用することなく白馬攻撃軍を顔良に託します。

その結果顔良は討ち取られる結末を迎えることになり白馬を取ることに成功するのですが、

袁紹軍の士気は大いに低下してしまいます。




曹操との戦い方を提案するも・・・・。

 

沮授は顔良・文醜(ぶんしゅう)二人が討ち取られてしまった事を知ると再び袁紹に進言します。

彼は袁紹へ「河北には兵糧が潤沢に有り、経済力も曹操が有している土地と比べれば、

我が方が圧倒的に有利です。

しかし曹操軍の方が兵士は強く短期決戦を行う場合には曹操軍の方が有利でしょう。

そのため一度領土へ戻って今受けた傷を癒して時間をかけて、

曹操軍と戦えば我が軍の勝利は揺るぎないでしょう」と提案。

だが袁紹は沮授の提案を却下して曹操が篭城している官渡城へ猛攻をかけていくことになります。

結果は皆さんが知っているとおり袁紹軍の大敗に終わってしまいます。

 

二年以内に勝利することができる田豊の進言も・・・・

 

田豊は袁紹が大軍を南下させて曹操軍と決戦しようと決断した時に反対意見を述べます。

彼は曹操に絶対勝つことのできる作戦を提案して袁紹の南下をやめさせようとしておりました。

田豊の必勝の作戦とはどのような物なのでしょうか。

田豊曰く「曹操は策略に秀でており兵士が我が方よりも少なくても決して、

油断してはならない敵です。

そのため曹操とは短期決戦で決着を着けるのではなくて、

持久戦に持ち込むのが一番いいでしょう。

袁紹様は各地の群雄と手を組んで曹操軍を攻撃させ、

我らは少数の奇襲部隊を編成して曹操軍の領土を犯し続けるのが一番いいでしょう。

東に奇襲部隊を編成して攻撃させ曹操軍が東に援軍を送ったならば

西へ奇襲部隊を編成し攻撃。西に援軍を繰り出してきたならば再度東へ攻撃を行い、

曹操軍を疲弊させることが肝要です。

このように攻撃を繰り出していけば、

領内の民衆達は怯えて農業や商業に従事することができず、

曹操軍も疲弊して体力がなくなっていくことでしょう。

この策を採用すれば、

二年以内に兵糧が尽きて我が軍が手を下すことなく滅亡することになるでしょう。」と進言します。

しかし袁紹は「そんなのんびりやってられるか!!」と言って田豊の進言を取り上げませんでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

もし沮授もしくは田豊の進言が採用されていれば、曹操軍は袁紹に勝つことは難しかったでしょう。

持久戦に持ち込めば四方に敵がいる曹操軍の方が圧倒的に不利な状態であり、

敵がいない袁紹が曹操に勝つことはほとんど確実な状態であったと思います。

しかし大軍と名家の名声を持っていた袁紹は沮授や田豊の小賢しい作戦に耳を傾けることなく、

堂々と曹操軍と渡り合ったことが原因で敗北してしまいます。

ついでに沮授は袁紹軍が官渡の戦いに敗北した時に戦場に放置プレイされて、

曹操軍の捕虜になってしまい、田豊は袁紹が鄴に帰還した時に処刑されてしまいます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?

関連記事:同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 





黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?
  2. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  3. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由と…
  4. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本…
  5. 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士
  6. 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説して…
  7. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された…
  8. 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 18話:菫卓を守った最強のボディーガード呂布
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  3. たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  4. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  5. 陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】
  6. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted 辛憲英(しんけんえい)はどんな人?鍾会の滅亡を予言し自らの子供に注意を与えたママ 土方歳三の勇気が湧く名言「灰になっても自分を貫け」 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂 なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!? 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

おすすめ記事

  1. 豊臣秀吉による惣無事令って何?わかりやすく解説
  2. 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介
  3. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  4. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家
  5. 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説!
  6. 【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!?
  7. 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた結果
  8. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP