魏延
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?

賈詡




孔明 郭嘉 周瑜

 

三国志のなかには謀略や戦略に優れているものたちが多数登場します。

魏には司馬懿荀彧荀攸賈詡郭嘉程昱など。

呉には周瑜魯粛呂蒙陸遜諸葛恪など。

蜀には諸葛亮龐統法正姜維馬謖など。

他にも田豊沮授李儒張松徐庶など。

軍師として君主を補佐できるものたちです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




もしもあなたが君主だったら誰を軍師として起用するか

韓信vs孔明13 孔明

 

三国志ファンであれば一度は考えたことがあるはずです。

シュミレーションゲームであれば、その夢を叶えることができます

(あくまでもゲームの世界のなかの話ですが)やはり人気があるのは諸葛亮でしょうか。

絶対的に信頼できる的確なアドバイス、

そして戦場でもおそろしいほど強力な計略をバンバン仕掛けることができます。

魅力や政治力が高いことも人気が高い理由のひとつでしょう。

 

周瑜

 

次に人気があるのは周瑜だと思います。知略面もさることながら、

実際に兵を率いて戦う統率力や武力も高いものを持っています。

「美周郎」と呼ばれるほどのイケメンだということも人気を高める要因になっています。

諸葛亮周瑜を比較した場合、どちらが優れているとは結論を出しにくいですが、

決定的な差は、周瑜は寿命が短いという点で不安を抱えています。

まさに「美人薄命」といったところです。




賈詡陸遜

賈詡

 

ややマニアックな軍師で比較してみましょう。

魏の賈詡(かく)と呉の陸遜(りくそん)です。

賈詡は主君を董卓李傕→張繍→曹操と渡り歩いています。

まさに「良禽は木を択んで棲む」といったところです。曹操と巡り合って賈詡は落ち着きます。

賈詡は謀略面や先を見通す才能が飛び抜けています。

なにせあの曹操を策をもって追い詰めたことがあるのです。

逆に賈詡が出し抜かれたという話は聞いたことがありません。

こと謀略面においては陸遜より一枚上手だったのではないでしょうか。

陸遜も計略を何度も成功させてきた天才です。賈詡と違うのは、主君に対して一途であること。

実際に兵を率いて戦場で活躍するだけの統率力や武力も有していることでしょうか。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

明暗を分けた主君へのアドバイス

賈詡と曹操

 

ふたりの将来に大きく影響を及ぼしたのが、「家督問題」です。

誰が家督を継ぐのかという問題は実にやっかいな爆弾で、

扱いを誤るとあっと言う間に首が胴から離れることになりかねません。

一番の権力を有する君主を怒らせてしまう可能性があるのです。

賈詡の場合、曹操から家督問題を相談されて、

その問題で失敗した袁紹劉表を引き合いに出してうまく曹操を正解に誘導します。

その甲斐あってか、家督を継いだ曹丕は恩を感じて賈詡を重用することになりました。

では、陸遜の場合はどうでしょうか。

彼は孫権に何度も上書しアドバイスします。

この場合、孫権と陸遜のふたりが、直接話し合っていないということが問題でした。

当時の孫権は落日の勢いで失墜し、判断力が低下していたのです。

 

陸遜

 

書面で孫権のやり方に抗議し、やがては直接説得しようと試みますが、

孫権に「うざい」と思われて流罪になり、63歳の若さで憤死します。

そして呉は迷走していくことになるのです。

家督問題を上手に対処した賈詡と、正論を突き受けるも受け入れられなかった陸遜。

この点において優れていた政治家は賈詡だったといえるでしょう。

 

関連記事:陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達

関連記事:忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

司令官としての重責を担い、かつ命をかけて戦場で戦えるのは間違いなく陸遜のほうです。

総合力においては陸遜が賈詡に劣るとは思えません。

ただし、謀略面や政治面だけをクローズアップしていくと、

賈詡のほうが優れているような気がしてきます。

でも、私が三国志の英雄のひとりだったら(ちなみに袁術だったら)欲しいのはやっぱり陸遜ですね。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 甘寧に殺されかける料理人 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  2. 袁術と呂布 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が…
  3. 獬豸冠(かいちかん)って何?とんがり帽子は正義のしるし!司法官が…
  4. そんろは 孫魯班 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題
  5. 賈詡 郭嘉と賈詡どっちが秀でた軍師だったのか【今夜比べてみました】
  6. 周泰(しゅうたい) 徐盛と周泰って本当に仲が悪かったの?二人の微妙な関係を紹介
  7. 蔣琬(しょうえん) 蒋琬の子孫はどのような人物たちだったのか!?
  8. 【大三国志 攻略9】ついに天下乱舞にも春が来た!念願のあれをつい…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魯粛と周瑜が詐欺を決行
  2. 曹操 三国志 ゆるキャラ1
  3. 陸遜
  4. 張良と始皇帝
  5. 郭嘉の本
  6. 南蛮胴を身に着けた織田信長

おすすめ記事

  1. 曹操の墓はどこに?発掘のきっかけは村人が見つけた遺跡だった! 曹操の墓
  2. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  3. 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明 孔明
  4. 夏候惇の父親としての評価はどうだったの? 夏侯惇
  5. 桂小五郎と大村益次郎の出会いが維新にシナジー効果を起こす 大村益次郎 幕末
  6. 元帝とはどんな人?儒教大好き!何度も廃されそうになった前漢の第10代皇帝 文帝(前漢)

三國志雑学

  1. 張飛の男気人生
  2. 周泰(しゅうたい)
  3. 蜀の外交官・鄧芝
  4. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  5. 曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権
  2. 皇帝になることを決意する孫権
  3. 曹操に仕えることを検討する荀彧
  4. 魯粛

おすすめ記事

司馬懿と公孫淵 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く はじめての三国志 画像準備中 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2 樊噲 樊カイ(はんかい) 樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の生い立ちを辿ってみよう よかミカンさん はじめての三国志ライター 三国志武将のダイエットグッズでこんなのがあったら嬉しい 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達 文帝(前漢) 元帝とはどんな人?儒教大好き!何度も廃されそうになった前漢の第10代皇帝

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP