編集長日記
李傕祭り




はじめての三国志

menu

はじめての漢

王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人

この記事の所要時間: 316




 

幾多の戦を勝ち抜いて三国一の領土を保有していた曹操(そうそう)

彼を青年期から彼の能力を認めていた人は数多くおり、占い師の許子将(きょししょう)や

大喬(だいきょう)・小喬(しょうきょう)の父であった橋玄(きょうげん)など様々な人物達が、

彼の優れていた能力を見つけておりました。

しかし曹操の友達にも彼を認めている人物がいた事を知っておりましたか。

今回は曹操を早くから認めていた友人である王儁(おうしゅん)をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー




曹操を認め親しく付き合う仲

 

王儁は若い頃から名士達から認められており名声は近隣に響いておりました。

そんな彼はある日、曹操と出会うことになります。

彼は曹操と少し話しただけで彼を認め、

曹操に「君には尋常ならざる才能を必ず発揮する場が与えられるであろう」と

占い師でもないのに予言めいたことを述べます。

曹操も王儁の人柄が好きになり、彼と親しく付き合っていくようになります。




「天下を救うのは君だ!!」by王儁

 

曹操と王儁は共通の友人である袁紹(えんしょう)の母親が亡くなることを知ると葬儀に参加するべく、

彼らの実家である南陽(なんよう)へ向かいます。

袁紹の母親の葬儀には多くの参列者がいてその数は一万人以上はおり、

壮大な葬儀が行われておりました。

この葬儀には従兄弟で後年袁紹と中華全土を巻き込んで壮大な喧嘩を始めることになる袁術も

参加しておりました。

曹操は葬列に参加しつつ隣にいる王儁に向かって「今、後漢王朝は乱れており、

乱れた天下の中心人物となるのは絶対袁家兄弟だと思う。

天下の人々を救うために今ここで袁家兄弟を殺してしまおうか。」と

葬儀の最中に物騒なことを言います。

すると王儁は「バカなことを。天下を統べる人材は、

俺の隣にいる曹孟徳(そうもうとく)。君しかいないではないか。」と真面目な顔で答えます。

曹操はハニカミながら無言で下へ俯いていたそうです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

戦乱を避けて荊州南部へ

 

その後曹操は洛陽(らくよう)へ行き王儁は汝南で過ごしておりましたが、

彼の名声を聞いて各地の郡守から「すぐに来て欲しい」と要請を受けます。

だが彼は拒否して悠々自適な生活を送っておりました。

その後黄巾の乱が勃発すると天下は大いに乱れ董卓(とうたく)が長安へ遷都すると

袁紹と袁術を中心に各地の群雄が戦いを行い勢力拡大に励み、

中華は戦乱の世の中になってしまいます。

王儁は中原が戦乱に包まれると戦乱を避けて荊州の南部へ移住します。

彼が荊州南部の武陵(ぶりょう)へ戦乱を避けて移住したことを知った人々は武陵に集まって行き、

その数はなんと100家を越すほどの人々が集まったそうです。

この地で彼は再び悠々自適な毎日を過ごしていくことにしますが、

荊州の主である劉表(りゅうひょう)が袁紹と同盟したことを知ると、

友人である曹操が南北から挟まれる状態になり危ないと感じ、

急いで襄陽(じょうよう)へ向かいます。

 

関連記事:なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?

関連記事:曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?

 

曹孟徳に味方しなさい

 

王儁は襄陽に到着するとすぐに劉表に会見を申込みます。

数日後、王儁は劉表と会見すると「曹孟徳は天下に二人といない人物で、

晋の文公(ぶんこう)・斉の桓公(かんこう)を超える者です。

劉表様は遠き者と同盟を結んでおるそうですがもし近くで何かとんでもない出来事が起きた場合、

遠き者はどうやってあなた様に助けを送るのでしょうか。

それよりも近き場所にいる曹孟徳と手を組んでいたほうが安全ではないでしょうか。」と進言。

しかし優柔不断である劉表は部下でもない人物からの進言を受け入れることはありませんでした。

王儁は劉表が自らの意見を受け入れないことを知るとすぐに武陵へ帰っていきます。

その後彼は武陵で悠々自適な生活を送り亡くなってしまうのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹操は荊州を手に入れるとすぐに亡くなっていた王儁の遺体を引き取らせます。

そして江陵(こうりょう)に遺体が運ばれると彼の墓を建造して、葬式を行い埋葬したそうです。

この葬式の時に曹操は大いに悲しみを表して人前でもワンワン泣いたそうです。

三国志演義ではすっかり悪者である曹操ですが、

彼を認めていた唯一の友人である王儁の死を嘆いた彼の気持ちに嘘はないでしょう。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

関連記事:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!
  2. 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って…
  3. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の…
  4. 【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦
  5. 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の…
  6. うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!
  7. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どこ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?
  2. 三国テンカトリガーとはどんなアプリゲーム?
  3. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる
  4. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側
  5. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  6. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】 LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム? 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜群の才能を示した戦い 曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

おすすめ記事

  1. 呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの?
  2. 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯
  3. 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!
  4. 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】
  5. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言
  6. 【シミルボン】三国志を産みだしたのは魯粛だった!クレイジーと言われた豪傑の人生
  7. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理
  8. 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP