コメント機能リリース
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?

魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・僻地益州」のコーナーです。

 

 

212年、仁君で有名な劉備(りゅうび)が同族・劉璋(りゅうしょう)が治める益州に侵攻します。

はっきりいって劉備に益州を攻める大義名分はありません。

完全に勢力拡大のための侵略です。

後世ではこの劉備の不義を非難する声も多く聞かれるようになりました。

なぜ劉備が益州を攻めたのかは、

弱肉強食の戦国時代だったからという答えが最も適しているのではないでしょうか。

荊州の南で独立した劉備には、そこ以外に攻め獲る領地はなかったのです。

 

 

劉備の益州攻めに正統性を持たせるための言葉に「天下三分の計」があります。

要するに曹操孫権に匹敵する勢力を持つためには益州を奪うことは絶対条件だったわけです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名士達




最初の被害者・楊懐(ようかい)と高沛(こうはい)

 

211年12月に益州牧・劉璋は劉備を迎えます。

場所は涪城です。歓迎の宴は百日に及びました。

その後、劉備軍はさらに漢中の張魯に近い葭萌に移り、ここで1年間治安維持に努めています。

その上流に広漢郡の白水関があり、劉璋張魯に備えて益州の名将二人をここに配しています。

それが楊懐と高沛です。軍勢もかなり強力であったと記されています。

まともに真正面から戦っていれば劉備軍も相当の被害を受けたはずですが、

劉備は龐統の策を採用し、荊州に帰還するふりをして二将をおびき寄せ謀殺します。

劉備はこうして益州攻略の難関になるであろう劉璋の最前線の兵力を吸収してしまうのです。

楊懐と高沛がどれほど戦上手だったのかわからないのが残念ですね。




長男・劉循(りゅうじゅん)と張任(ちょうじん)

 

完全に劉璋に牙をむいた劉備は成都攻略のために進軍します。

涪城を落とした後は雒城を攻めます。ここに籠城したのが劉璋の長男・劉循と勇将・張任らでした。

劉循はなんと雒城で1年もの長きに渡り籠城し抵抗を続けるのです。

張任はここで劉備軍の軍師である龐統を討ち、武功をあげます。

龐統については「正史」では雒城の包囲の最中に流れ矢に当たり戦死したと記されています。

三国志演義」では劉備の白馬を借りたところ出撃してきた

張任に劉備と間違えられて射殺されたことになっています。

有名な「落鳳坡」という場所です。

どちらにせよ益州の名将二人をだまし討ちにした龐統はこうして仇を討たれるのです。

張任はその後、捕らえられていますが、降伏することなく処刑されました。

劉循は1年間の抵抗の末、劉璋の降伏を聞いて城を明け渡しました。

どちらも劉備を苦戦させる活躍を見せています。

ちなみに張任は名士でも豪族でもなく、貧しい家柄だったそうです。

剛胆さを認められて州の従事に出世しています。

「老臣は二主に仕えず」とかたくなに帰順を拒絶し、劉備を感服させました。

 

関連記事:張任によって龐統討たれる

関連記事:劉備を徹底的に追い詰める張任

 

軍師李厳(りげん)

 

実は劉璋は軍師を置いていません。

軍師代役のような形で李厳を起用しています。役職は護軍です。

李厳はもともと劉表の配下でしたが、劉表の死と曹操の侵攻によって益州に亡命してきていたのです。

劉璋はそんな李厳を成都の県令に任じていますから、

劉表に仕えていた頃から李厳の手腕は評価され、他国にも名が知れ渡っていたのでしょう。

劉璋は綿竹に期待を込めてこの李厳を送り出しました。

三国志演義ではなんとあの五虎大将黄忠(当時はまだ五虎大将ではありませんが)と一騎打ちをし、

引き分けています。まさに文武両道の勇将です。

しかしこの李厳、すぐに劉備に帰順します。正史では一戦もせずに降伏しているのです。

劉備は李厳をすぐに裨将軍に任じています。劉璋にとって期待外れだったのが李厳です。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

結局、劉璋は馬超が劉備に降ったことを聞いて抗戦をやめました。

劉璋にとって致命的だったのは、直属兵である「東州兵」と地元の豪族が対立していたことです。

統率力という点において劉璋はトップに立つ器ではなかったのかもしれません。

ということで劉備の益州侵攻の最難関は「劉循」ではなかったかと私は思います。

劉循が益州牧であればもっと劉備は苦戦していたのではないでしょうか。

 

みなさんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 呂布の英雄石像 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  2. 幕末 魏呉蜀 書物 【笑林】上申書をコピペしてクビになった役人の話
  3. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リ…
  4. 華佗 【笑林】人命度外視の治療と儒学をまなんだ不孝者
  5. 裏切りは許さぬ 曹操 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  6. 曹操が嫌われた本当の理由は価値観の相違だった
  7. 亡くなる孫堅 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の…
  8. 司馬懿仲達 司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 新選組の土方歳三
  2. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう)
  3. 最弱武将と対峙する張飛
  4. 孔明
  5. 朝まで三国志の公孫瓚
  6. 上杉謙信
  7. 株式会社三国志で働く劉備と孔明

おすすめ記事

  1. 【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった! 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  2. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  3. 呂布を文官として使ってみたら?小国の君主が過酷な三国時代を生きのびる裏技 袁術をからかう呂布
  4. 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明
  5. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将
  6. 秦漢って一括りにされることが多いけど違いは?【秦漢帝国】 秦の旗を掲げる兵士

三國志雑学

  1. 袁術
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 曹操に降伏する教祖・張魯
  4. 蒼天航路


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 嫉妬している明智光秀
  2. 陸遜の部下の兵士
  3. 邪馬台国と卑弥呼軍
  4. 孔明
  5. 陸遜

おすすめ記事

落書きをする宋江(水滸伝の主人公) 水滸伝をあらすじでざっくりと分かりやすく解説してみる【3分で理解】 古代ローマ人の末裔が中国のある村に住んでいる!? スキッパーキ犬 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた! 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西 張飛と劉備 愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編 袁術 スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦 韓非子を読む劉禅 諸葛亮が劉禅の教科書に選んだ『韓非子』とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP