朝まで三国志悪
広告




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?

この記事の所要時間: 312




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・僻地益州」のコーナーです。

 

 

212年、仁君で有名な劉備(りゅうび)が同族・劉璋(りゅうしょう)が治める益州に侵攻します。

はっきりいって劉備に益州を攻める大義名分はありません。

完全に勢力拡大のための侵略です。

後世ではこの劉備の不義を非難する声も多く聞かれるようになりました。

なぜ劉備が益州を攻めたのかは、

弱肉強食の戦国時代だったからという答えが最も適しているのではないでしょうか。

荊州の南で独立した劉備には、そこ以外に攻め獲る領地はなかったのです。

 

 

劉備の益州攻めに正統性を持たせるための言葉に「天下三分の計」があります。

要するに曹操や孫権に匹敵する勢力を持つためには益州を奪うことは絶対条件だったわけです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名士達




最初の被害者・楊懐(ようかい)と高沛(こうはい)

 

211年12月に益州牧・劉璋は劉備を迎えます。

場所は涪城です。歓迎の宴は百日に及びました。

その後、劉備軍はさらに漢中の張魯に近い葭萌に移り、ここで1年間治安維持に努めています。

その上流に広漢郡の白水関があり、劉璋は張魯に備えて益州の名将二人をここに配しています。

それが楊懐と高沛です。軍勢もかなり強力であったと記されています。

まともに真正面から戦っていれば劉備軍も相当の被害を受けたはずですが、

劉備は龐統の策を採用し、荊州に帰還するふりをして二将をおびき寄せ謀殺します。

劉備はこうして益州攻略の難関になるであろう劉璋の最前線の兵力を吸収してしまうのです。

楊懐と高沛がどれほど戦上手だったのかわからないのが残念ですね。




長男・劉循(りゅうじゅん)と張任(ちょうじん)

 

完全に劉璋に牙をむいた劉備は成都攻略のために進軍します。

涪城を落とした後は雒城を攻めます。ここに籠城したのが劉璋の長男・劉循と勇将・張任らでした。

劉循はなんと雒城で1年もの長きに渡り籠城し抵抗を続けるのです。

張任はここで劉備軍の軍師である龐統を討ち、武功をあげます。

龐統については「正史」では雒城の包囲の最中に流れ矢に当たり戦死したと記されています。

「三国志演義」では劉備の白馬を借りたところ出撃してきた

張任に劉備と間違えられて射殺されたことになっています。

有名な「落鳳坡」という場所です。

どちらにせよ益州の名将二人をだまし討ちにした龐統はこうして仇を討たれるのです。

張任はその後、捕らえられていますが、降伏することなく処刑されました。

劉循は1年間の抵抗の末、劉璋の降伏を聞いて城を明け渡しました。

どちらも劉備を苦戦させる活躍を見せています。

ちなみに張任は名士でも豪族でもなく、貧しい家柄だったそうです。

剛胆さを認められて州の従事に出世しています。

「老臣は二主に仕えず」とかたくなに帰順を拒絶し、劉備を感服させました。

 

関連記事:張任によって龐統討たれる

関連記事:劉備を徹底的に追い詰める張任

 

軍師・李厳(りげん)

 

実は劉璋は軍師を置いていません。

軍師代役のような形で李厳を起用しています。役職は護軍です。

李厳はもともと劉表の配下でしたが、劉表の死と曹操の侵攻によって益州に亡命してきていたのです。

劉璋はそんな李厳を成都の県令に任じていますから、

劉表に仕えていた頃から李厳の手腕は評価され、他国にも名が知れ渡っていたのでしょう。

劉璋は綿竹に期待を込めてこの李厳を送り出しました。

三国志演義ではなんとあの五虎大将の黄忠(当時はまだ五虎大将ではありませんが)と一騎打ちをし、

引き分けています。まさに文武両道の勇将です。

しかしこの李厳、すぐに劉備に帰順します。正史では一戦もせずに降伏しているのです。

劉備は李厳をすぐに裨将軍に任じています。劉璋にとって期待外れだったのが李厳です。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

結局、劉璋は馬超が劉備に降ったことを聞いて抗戦をやめました。

劉璋にとって致命的だったのは、直属兵である「東州兵」と地元の豪族が対立していたことです。

統率力という点において劉璋はトップに立つ器ではなかったのかもしれません。

ということで劉備の益州侵攻の最難関は「劉循」ではなかったかと私は思います。

劉循が益州牧であればもっと劉備は苦戦していたのではないでしょうか。

 

みなさんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介
  2. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された…
  3. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕…
  4. 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ
  5. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメ…
  6. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  7. 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?
  8. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操軍】
  2. 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?
  3. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  4. 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍
  5. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!
  6. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った 【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネスに応用しよう! 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~ 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法 樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱

おすすめ記事

  1. 清洲会議(きよすかいぎ)って何なの?実は天下統一への重要局面を会議していた!
  2. 【三国志入門者向け】三国志の魏・呉・蜀を建国した君主っていったい誰?
  3. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した武勇の士
  4. 国淵(こくえん)とはどんな人?三国志時代にも名探偵は存在した!魏のシャーロック・ホームズ
  5. 春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?
  6. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!!
  7. 【忠臣・魏延に迫る】何で劉備は魏延をあれほど重用したの?
  8. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP