編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】

この記事の所要時間: 222




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・これが起きたら時代は変わった!」のコーナーです。

 

 

劉備(りゅうび)の後継者が劉禅ではなく養子の劉封だったら蜀はどうなっていたのだろうか?

孫策(そんけん)の後継者が弟の孫権ではなく、

子の孫紹(そんしょう)だったら呉はどうなっていたのだろうか?

後継者が違っていたら国の将来は大きく変わったはずです。

活躍した武将や軍師の顔ぶれも違っていたかもしれません。

果たしてどんな国になっていたのか想像は膨らみます。

 

 

今回はそんな中で、曹操(そうそう)の後継者が曹丕(そうひ)ではなく

曹植(そうしょく)だったらどうなったのかを妄想してみます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?




禅譲は行われたのか?

 

曹丕といえば中国の歴史上初めて禅譲により皇帝に即位した人物として有名ですが、

道筋はすでに父親の曹操が築いていました。

(新の王莽は禅譲ではなく簒奪という認識です)

曹操・曹丕親子が作り上げた禅譲の流れとは、

 

・九錫を賜ること

・娘を皇帝に嫁がせ外戚となり王となること

 

大まかにいうとこの2点になります。こうして帝位を受け継ぐ権利を有するわけです。

はっきりいって禅譲と簒奪の区別はつきにくいのですが、

この曹操・曹丕親子の禅譲がモデルとなり「魏武輔漢の故事」として

王朝が替わるたびに行われていくことになります

(モンゴル族の元などは別ですが・・・それを倒した明も別ですね)。

確認しておくと、曹操は皇帝になっていません。

禅譲で皇帝になったのは息子の曹丕です。

気になるのは曹操が皇帝になる気があったのかどうか。

息子を皇帝にする気があったのかどうかです。

実際に曹丕が皇帝になっているので、

きっとそう考えていたのだろうと思いますが、真相はわかりません。

曹丕は自らを文帝、父親の曹操を武帝と追号しています。

武より文の方が格上ですから曹丕は曹操に対抗するために皇帝になった可能性もあります。

それ以外に父親のカリスマ性をしのぐ手段はなかったのではないでしょうか。

 

 

曹操は息子の治世のためにあえて皇帝にならなかったのかもしれません(超希望的観測)。

そう考えると、仮に曹操の後継者が曹丕ではなく曹植であったとしても

禅譲は行われたかもしれません。

だとすると曹植は自らを武帝として、曹操に文帝を追号したのではないでしょうか。




兄・曹丕の待遇

 

後継者争いをした相手をそのまま重用するなど、古今東西聞いたことがありません。

父母が同じ兄弟であっても後継者争いをした相手への憎しみは異常です。

さらに油断すればいつ反乱を起こされるかわかりません。

殺しておいたほうが後々のためなのです。

当然のようにその腹心もまとめて処分します。

曹操は後継者を曹丕に定めた後、曹植を支持する楊脩(ようしゅう)を処刑し、

曹植と縁戚にあたる崔琰を自害させています。

曹植の側近の丁儀、丁廙は曹丕によって処刑されました。

しかし、曹植自体は殺されていません。

有名な「七歩の作詩」の兄弟愛に感銘を受けたのか、母親に気兼ねしたのか、

曹丕は曹植を殺さず、鄄城侯として片田舎へ送りました。

曹植が後継者になっていたらどうなっていたでしょうか。

本気で魏王を継ぎ、皇帝になるつもりであれば曹丕を処刑していたのではないでしょうか。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

曹丕だけでなく、その相談役の呉質、辛毗の命運も尽きていたことでしょう。

陳羣、司馬懿も同じ道をたどることになったかもしれませんね。

賈詡、華歆、夏候惇あたりはそのまま起用したでしょうか。

司馬氏がこのタイミングで滅んでいたら、

少なくとも魏が晋に禅譲しなければならなくなる歴史は変わっていたかもしれません。

ちなみに日本の「大化の改新」あたりで活躍する遣隋使の「旻」は曹植の子孫だそうです。

こういった渡来人の活躍もなかったかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  2. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  3. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  4. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/2…
  6. 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超…
  7. 呂布の裏切りについて考察してみた
  8. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将
  2. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!
  3. 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?
  4. 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!?
  5. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ
  6. みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何? 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察 王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族 三国志のダブー・劉禅は本当に劉備の子だったの? 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について

おすすめ記事

  1. 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか?
  2. 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった
  3. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  4. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後
  5. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  6. 禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた
  7. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  8. 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP