ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】

曹植




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・これが起きたら時代は変わった!」のコーナーです。

 

 

劉備(りゅうび)の後継者が劉禅ではなく養子の劉封だったら蜀はどうなっていたのだろうか?

孫策(そんけん)の後継者が弟の孫権ではなく、

子の孫紹(そんしょう)だったら呉はどうなっていたのだろうか?

後継者が違っていたら国の将来は大きく変わったはずです。

活躍した武将や軍師の顔ぶれも違っていたかもしれません。

果たしてどんな国になっていたのか想像は膨らみます。

 

 

今回はそんな中で、曹操(そうそう)の後継者が曹丕(そうひ)ではなく

曹植(そうしょく)だったらどうなったのかを妄想してみます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?




禅譲は行われたのか?

 

曹丕といえば中国の歴史上初めて禅譲により皇帝に即位した人物として有名ですが、

道筋はすでに父親の曹操が築いていました。

(新の王莽は禅譲ではなく簒奪という認識です)

曹操曹丕親子が作り上げた禅譲の流れとは、

 

・九錫を賜ること

・娘を皇帝に嫁がせ外戚となり王となること

 

大まかにいうとこの2点になります。こうして帝位を受け継ぐ権利を有するわけです。

はっきりいって禅譲と簒奪の区別はつきにくいのですが、

この曹操曹丕親子の禅譲がモデルとなり「魏武輔漢の故事」として

王朝が替わるたびに行われていくことになります

(モンゴル族の元などは別ですが・・・それを倒した明も別ですね)。

確認しておくと、曹操は皇帝になっていません。

禅譲で皇帝になったのは息子の曹丕です。

気になるのは曹操が皇帝になる気があったのかどうか。

息子を皇帝にする気があったのかどうかです。

実際に曹丕が皇帝になっているので、

きっとそう考えていたのだろうと思いますが、真相はわかりません。

曹丕は自らを文帝、父親の曹操を武帝と追号しています。

武より文の方が格上ですから曹丕は曹操に対抗するために皇帝になった可能性もあります。

それ以外に父親のカリスマ性をしのぐ手段はなかったのではないでしょうか。

 

 

曹操は息子の治世のためにあえて皇帝にならなかったのかもしれません(超希望的観測)。

そう考えると、仮に曹操の後継者が曹丕ではなく曹植であったとしても

禅譲は行われたかもしれません。

だとすると曹植は自らを武帝として、曹操に文帝を追号したのではないでしょうか。




兄・曹丕の待遇

 

後継者争いをした相手をそのまま重用するなど、古今東西聞いたことがありません。

父母が同じ兄弟であっても後継者争いをした相手への憎しみは異常です。

さらに油断すればいつ反乱を起こされるかわかりません。

殺しておいたほうが後々のためなのです。

当然のようにその腹心もまとめて処分します。

曹操は後継者を曹丕に定めた後、曹植を支持する楊脩(ようしゅう)を処刑し、

曹植と縁戚にあたる崔琰を自害させています。

曹植の側近の丁儀、丁廙は曹丕によって処刑されました。

しかし、曹植自体は殺されていません。

有名な「七歩の作詩」の兄弟愛に感銘を受けたのか、母親に気兼ねしたのか、

曹丕は曹植を殺さず、鄄城侯として片田舎へ送りました。

曹植が後継者になっていたらどうなっていたでしょうか。

本気で魏王を継ぎ、皇帝になるつもりであれば曹丕を処刑していたのではないでしょうか。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

曹丕だけでなく、その相談役の呉質、辛毗の命運も尽きていたことでしょう。

陳羣司馬懿も同じ道をたどることになったかもしれませんね。

賈詡華歆、夏候惇あたりはそのまま起用したでしょうか。

司馬氏がこのタイミングで滅んでいたら、

少なくとも魏が晋に禅譲しなければならなくなる歴史は変わっていたかもしれません。

ちなみに日本の「大化の改新」あたりで活躍する遣隋使の「旻」は曹植の子孫だそうです。

こういった渡来人の活躍もなかったかもしれませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 張遼・楽進・李典 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち
  2. 法正と張松 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10
  3. 陸遜と孫権 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイント…
  4. ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布…
  5. 孔子と儒教 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  6. 袁尚と対立する袁譚 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  7. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?
  8. 曹叡から寵愛を受ける秦朗 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. スーパーDr華佗
  2. 三国志ライター黒田レン
  3. kawauso編集長
  4. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  5. 上杉謙信
  6. 荀彧
  7. 陳勝・呉広

おすすめ記事

  1. 三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!? 三国志大学で勉強する劉備
  2. 戦国時代の武士にも出席簿があった!軍忠状 日本戦国時代の鎧
  3. 【はじ三お悩み相談回答編】呂布のような無双ボディになりたい 呂布のラストウォー 呂布
  4. 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一 織田信長
  5. え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?
  6. 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ

三國志雑学

  1. 甘寧に殺されかける料理人
  2. 周倉
  3. 幕末 魏呉蜀 書物


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 本多忠勝
  2. 陳宮
  3. 幕末 魏呉蜀 書物
  4. 徳川家を守った篤姫
  5. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  6. 曹丕

おすすめ記事

【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文学はどんなもの? 孔明 郭嘉 周瑜 諸葛亮、周瑜、郭嘉…誰がお好み?ときめき軍師メモリアル 【古墳時代】初代神武天皇から26代継体天皇まで一挙紹介 張飛 張飛にはどんな逸話があるの?イメージとは違う張飛の実像 キングダム 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー 悪来と呼ばれた典韋 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗 曹操と機密保持 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの? 賊を討伐する呂岱(りょたい) 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP