架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:ろひもと理穂

【第5回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】総括します!愛着の湧く三国志ゲームでした

この記事の所要時間: 412




 

【今まで語られることのなかった、もう一つの三国志ストーリー。

幻霊の力とは?全ての謎を解き明かせ!】

 

 

さあ、お待たせいたしました「はじめての三国志」の三国志ゲーム中継!

世の中のいろいろな三国志ゲームを自称三国志マニアの「ろひもと理穂」が実際にプレイし、

三国志マニアの視点からお伝えしております。

 

 

今回は2017年4月にファンユーさんからリリースされた

「幻霊物語~爆裂三国バトル~」の紹介の続きで最終回となります。

 

1ヶ月プレイしてきました。主人公のレベルは51です。

戦闘力は72,594となっています。

エースとして健闘してくれた「趙雲」がレベル34、戦闘力が66,563ですね。

スキル「七進七出」の威力は抜群でした。

敵将を倒すと、その余波で敵のパーティー全体にかなりのダメージを与えることができましたからね。

その次が途中から仲間に加わってくれた「袁紹」。

レベル32で、戦闘力が57,339でした。耐久力があり、

全滅しそうななかでも最後まで奮闘してくれました。

スキルの「万箭斬」が決まると強烈な敵将を目眩状態にしてくれるので助かりましたね。

袁紹がこんなにも頼もしく感じたゲームは初めてでした。

さらに後半に仲間になった「太史慈」。

レベル34で戦闘力が52,346。

速度はあまりなかったのですが、袁紹同様にスキル「疾風箭刃」が決まると

速度ダウンと目眩状態にするので効果的でしたね。

 

蔡「あのー・・・私はいつ登場してくるのでしょうか?」

 

あっ、蔡文姫さん、もういらっしゃっていたんですね。

 

蔡「ええ、最終回ですから当然ですよ」

 

そ、そうですね。蔡文姫さんも素晴らしい活躍でした。

レベル39で、戦闘力が52,009って華雄や孫尚香より上でしたからね。

スキルの「才女の美声」はみんなのHPを回復してくれる頼みの綱でした。救われました!!

 

 

蔡「そうですかー。それほどでも。でも最後は訓練場をフル活用でしたけど」

 

そうなんです。この「訓練場」はプレイしていない時間も経験値を積んでくれるので、

レベルアップに役立ちましたね。

特に最後に仲間に加わってくれた「曹節」が

すぐに戦力として戦場に立てるようになったのも訓練場のおかげでした。

 

 

蔡「あれ??曹節様って誰??とか言っていませんでしたか」

 

いや・・・すみません。勉強不足で。曹操の娘で献帝に嫁いだ献穆皇后のことだったんですね。

曹丕(文帝)の妹で、献帝が曹丕に禅譲を迫られたときには激しく抵抗したとか。

 

蔡「そうですよ。伝国の璽を使者に投げつけたんです。美人なんですけど、怒らせると怖いんです」

 

曹節さんとは最終回直前でしたからあんまり絡めなかった・・・残念・・・。

 

蔡「そこまでがっかりしなくても・・・。私と孫尚香様がいたじゃないですか。

それとも、何か不満でも?」

 

い、いえいえ。そんなことは・・・。話を戻しましょう。総合戦闘力と全国順位はどうだったのかな??

 

蔡「えーと、総合戦闘力が350,385ですね。決闘での全国順位は3,678番です」

 

 

けっこう強くなったと思ったんですが、上には上がいるなー。

総合戦力が7万とか8万のパーティーも、うじゃうじゃいましたね。

「クエスト」は「メイン」モードで、第13章の洛陽美人の不信感(下)まで進みました。

貂蝉・呂布・董卓の関係がどうなるのか気になる展開で終了ですね。

 

 

「エリート」モードでは、第10章の単騎救世趙子龍(下)まで進んでいます。

ラスト1週間はけっこうストーリーモードを進めることに専念しましたからね。

 

 

ストーリーモードはこれからまだまだ盛り上がりそうな雰囲気です。

まだ見ぬ武将や軍師、君主たちもたくさんいました。

曹操や孫策そして諸葛亮孔明に会いたかった。

 

蔡「あれ、孔明様なら舌戦のイベントで何度もお見かけしたような気がしますけど」

 

前回記事:【第1回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】蔡文姫さんと一緒に攻略プレイ!

前回記事:【第2回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】あの袁●が仲間に!攻略が進む!

前回記事:【第3回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】三国志好きならニヤリとする数々のイベントを紹介!

前回記事:【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り!

 

ダウンロードはコチラはこちら

 

まだまだ増えていくイベント・・・どこまで増えるの?

 

そうか。あの「舌戦」のイベントに登場していたのが「諸葛亮孔明」だったのか。

 

蔡「気づいていなかったんですね。でも舌戦のイベントは得意でしたよね」

 

アクションより、こういう落ち着いた感じの方が合っているのかな?

三国志のシュミレーションゲームではメジャールールなんで、溶け込むのも早かったかも。

「無視」や「鎮静」の計略をどこで使うのかがポイント。毎日一戦するのが楽しみだったな。

 

 

しかし、この毎日こなす特殊イベントの豊富さには驚きですね。

レベルが上がるごとにさらに増えていくんだから。

 

蔡「そういえば・・・ふふふ」

 

蔡文姫さん、何がそんなに面白いんですか?

 

蔡「思い出し笑いです。特殊イベントのなかでも符文の秘境は苦手にされていたなーって思って」

 

 

符文システムはかなり最近始まったイベントで、まだよく呑み込めていなかったんですよ。

それに「符文の秘境」は相手が強敵すぎて・・・。

 

蔡「趙雲様ですよね」

 

そうなんです。符文の秘境に登場してくる趙雲は最強でしたね。

こちらにも趙雲はいたんですけど、格が違い過ぎました。

 

 

蔡「序盤はいい勝負なんですけどね。相手側の趙雲様が一度倒れてからですよね」

そう。巨大化したり、怪獣になったりするのにも慣れてきたんだけど、

この趙雲は武装天使のようで、勝てる気がしない。

全体攻撃のスキルもハンパない強烈さで、2ターンぐらいで全滅してた。

攻略のコツも見つけられなかったな。

 

 

蔡「確かに、あれはみんな泣いていました」

 

あと一度だけ参加したことのある攻城戦のバトル。

たくさんのユーザーが集まっていたようだったけど、

よくわからぬまま敵とおぼしきパーティーと戦っていたな。

大義名分もわからずに、誰かも知らない相手と戦うのは、

なぜか現実世界の本当の戦争ぽくってドキドキした。

 

 

蔡「ほんとうにいろいろなイベントがありましたね。

でもまだあるんですよ。だって畑だって耕していないし、

レベル55になったら開放される三国争覇っていうイベントだってあるんです。

 

ダウンロードはコチラはこちら

 

幻霊物語~爆裂三国バトル~はまだまだ盛り上がっていくようです

 

蔡「最終回を迎えるにあたって他にきになることはありませんか?」

 

ペットももっといろいろな種類を見たかった。豚ばっかりだし。

 

蔡「魔力の能力値に加算できるグミンちゃんがペットになったじゃないですか。

可愛いじゃないですか。グミみたいで」

 

 

グミっていうか、スライムね。もっと強烈な魔獣のようなペットが欲しかったー!

蔡「他にはありますか?」

 

思ったより仲間が増えなかったな。

でもこれくらいのほうが逆に愛着が湧いていいかも。

仕えない武将ばっかり集まって、強い武将に合成する素材に使うとかいう理不尽な出来事もないし。

みんなで強くなって、みんながそれぞれの個性を発揮してくれたね。

育まれる友情のような感情は、他の三国志ゲームよりも強く感じましたね。

ただ、強いて言えば、もう少し他の武将の活躍ぶりも見たかったな。

「召喚」のためにひたすら魂を集めていたけど、誰もノルマを達成できなかった。

貂蝉がもうあとちょっと、何気に呉の徐盛も召喚間近だったんだよね。

このあたりのメンバーを最終回までに仲間に加えたかったんだけど届かなかった。

 

蔡「私も貂蝉様と戦場に立ちたかったです」

 

ですよね。貂蝉がどれくらい強いのかも興味あったな。

 

 

全体的に愛くるしいキャラが多かったような気がする。

それに仲間になってくれた人たちも鍛えると強くなって戦力になってくれるのがうれしい。

主人公の他、蔡文姫さん、趙雲、袁紹、太史慈、華雄、孫尚香、曹節、

歩練師の9人だけだったけど、それぞれに愛着ができたね。

 

7月もプレイを続けているかもしれませんので、興味ある人はぜひどんどん絡んでください。

 

それでは来月から新しい三国志ゲームをお伝えしていきますので、お楽しみ!

 

ダウンロードはコチラはこちら




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志では何故、最初に蜀が滅びたの?
  2. 【第2回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】あの袁●が仲間に!攻略が進…
  3. 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相
  4. 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情
  5. 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの?
  6. 呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの?
  7. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  8. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第5回 ついにあの武将が「覇王…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  2. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  3. 【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの?
  4. 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将
  5. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  6. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る! 王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ? 【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達 いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ

おすすめ記事

  1. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌
  2. 【第5回 幻想少女】ついに董卓との決戦!みんな大好き・袁術様も登場だ!!
  3. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第4回 目指せ主力の英雄化!呉の名将も仲間入りです!
  4. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  5. 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?
  6. 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介!
  7. 若かりし曹操は熱血漢
  8. 【緊急】今ならプライム会員10%オフ!歴史小説が熱い【はじさん書評倶楽部】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP