キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

はじめての変

三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい

鍾会




 

三國無双に登場しイケメン武将としてその名を知られることになった鍾会(しょうかい)

史実でも蜀討伐戦で勲功を挙げる活躍をしていますが、

それ以外で鍾会が一体何をして、

どのように活躍した人物なのかいまいちピンと来ない人が、

はじめての三国志の読者の中でも多いのではないのでしょうか。

そこで今回はイケメン武将・鍾会にまつわるエピソードをいくつか

厳選してお届けしたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛




魏のイケメン武将・鍾会のエピソードその1:たった5文字で側近へ

 

イケメン武将・鍾会にまつわる最初のエピソードは鍾会の出世にまつわる話です。

司馬昭(しばしょう)は中書令(ちゅうしょれい)・虞松(ぐしょう)に命じて、

皇帝に提出する上奏文を書くように命令。

虞松は司馬師の命令を受けて上奏文を書き記して提出します。

しかし司馬師は虞松の上奏文を読んで「これじゃ話ならん。もう一度書き直して来い」と

上奏文の再提出を命令。

虞松は上奏文をボツにされてしまったため再び知恵を働かせて上奏文を書き記して、

提出することにしました。

だが司馬師は虞松から再提出された上奏文を読み「話ならんな!!もう一度やってこい」と

再びボツを食らってしまうのでした。

虞松は一生懸命自分が書いた上奏文のどこが悪かったのか考えますが、

どれだけ考えても自らの上奏文の悪いところが見つからずに力尽きてしまいます。

鍾会は力尽きて死にしそうになっている虞松を発見すると「どうしたのですか。

私でよければ相談に乗りますよ」と接してきます。

虞松は鍾会へ上奏文を見せて「司馬師様に二回もボツを食らってしまったのですが、

一体どこが悪かったのか全然わからないのです。

鍾会殿はこの上奏文の一体どこが悪いのかお気づきになられますか。」と質問。

すると鍾会はこの上奏文に5文字を付け加えて「これで大丈夫です。

もう一度提出してきてください」と自信満々に答えます。

虞松は鍾会の言葉を信じて上奏文を司馬師へ提出すると

「上奏文はこうでなくてはならない。だが修正したのはお前ではないであろう。

いったい誰がこの上奏文に手を付け加えたのだ」と問いただします。

すると虞松は「私の文章に修正してくれたのは鍾会です。」と素直に答えるのでした。

司馬師は「ほう。鍾会が上奏文の修正を加えたのか。

これほどの文章を書く事のできる人物であれば、

かなり大きな仕事を任せられそうだ。ところで鍾会はどのような人物であるか」と再度質問。

虞松は「深い知識が有り、賢明な判断力を持った人物であります。」と鍾会についての

評価を下します。

司馬師は「よし。すぐに連れて参れ」とすぐに虞松へ命じて、

鍾会を連れてくるように言いつけます。

司馬師は鍾会がやってくるとかなり長い時間二人だけで語り合った後、

鍾会は部屋を出ていきます。

その後司馬師は側近へ「奴には帝王を補佐する才能がある」と語るのでした。

たった5文字を修正しただけで、

鍾会がただならぬ人物であることを見抜いた司馬師もさる事ながら、

鍾会もたった5文字を付け加えただけで、

司馬師に自らの才能を見せつけたことに驚きです。

その後鍾会は司馬師の側近に引き立てられることになり、

活躍していくことになるのです。




魏のイケメン武将・鍾会のエピソードその2:張良クラスの智謀を見せる

 

司馬師の側近に取り立てられた鍾会。

しかし司馬師は毌丘倹(かんきゅうけん)文欽(ぶんきん)の反乱を鎮定した後、

亡くなってしまいます。

その後鍾会は司馬師の弟・司馬昭(しばしょう)の側近として仕えることになります。

司馬昭の側近として仕えた時淮南の地で諸葛誕(しょかつたん)が司馬家打倒を訴えて、

反乱を起こします。

この時諸葛誕は孫呉からの援軍を自らの本拠・寿春(じゅしゅん)城へ入城させます。

孫呉からの援軍は孫権と婚姻関係にあった全琮の息子・全懌(ぜんえき)、

従兄の全端(ぜんたん)達が諸葛誕の援軍としてやってきておりました。

こうして諸葛誕は孫呉の援軍と自ら率いる軍勢の連合軍で寿春城に篭城し、

司馬昭の軍勢と対峙することになります。

そんな中、孫呉の首都・建業(けんぎょう)に残っていた全一族の全輝(ぜんき)・

全儀(ぜんぎ)が司馬昭に降伏してくることに。

鍾会は彼らが司馬昭に降伏してきたことである計略を

ニュータイプ達の共鳴のように「ピキーン」と閃くことになります。

鍾会は全輝・全儀を使って城内に篭城している全氏に

「孫呉では全懌らが魏の軍勢を撃退できないことに怒り、

彼らの一族すべてを処刑されてしまった。

この仕打ちを恐れた我らは孫呉から亡命して司馬昭様に降伏したのだ。

このような仕打ちをする孫呉に忠誠を尽くすのではなく、

司馬昭様に忠誠を尽くす方がいいのではないのか。」と手紙を送ります。

この手紙を読んだ全懌らは孫呉の皇帝に恐れおののき、

寿春城の城門を開いて司馬昭へ降伏することになり、

鍾会の計略は大成功することになります。

この鍾会の計略を知った諸将は鍾会のことを「前漢の高祖・劉邦(りゅうほう)に

天下を取らせた天才軍師張良クラスの智謀を持っている」と褒め称えたそうです。

こうして鍾会は自らの智謀を天下に示すことになるのです。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

魏のイケメン武将・鍾会のエピソードその3:幼少期から英才教育を施される

 

鍾会は司馬師・司馬昭兄弟の側近として活躍することになります。

しかし鍾会がここまで優秀であったのは、幼い頃からの英才教育があったからです。

鍾会は4歳から「孝経(こうきょう=孔子先生の言論が記してある書物」を読まされており、

7歳で論語(ろんご)、8歳で詩経(しきょう)を叩き込まれていたそうです。

また12歳の時には「春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)」と言うめちゃくちゃ難しい書物を

読破して、15歳の時に太学へ入学。

鍾会が幼少期からとんでもない秀才であったことがこのエピソードから伺えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

いかがでしたでしょうか。

今回は魏のイケメン武将・鍾会のエピソードをご紹介させていただきました。

蜀討伐戦での活躍以外にも上記のようなエピソードがあった事を

皆さんご存知でしたでしょうか。

幼い頃からこれだけ優秀であったのであれば、

司馬師・司馬昭兄弟の側近になることは運命づけられていたと言っても、

過言ではないでしょう。

鍾会のエピソードに上記以外に一つ付け加えるとすれば、

蒋済(しょうさい)から高い評価を受けたエピソードがあります。

鍾会の父・鍾繇(しょうよう)は5歳になっていた鍾会を連れて、

「瞳を見ればその人物の大体がわかる」として有名な蒋済

鍾会の人物鑑定をお願いします。

蒋済鍾繇と一緒に来た鍾会を一目見てびっくりしてしまい、

鍾繇へ「あなたの子供はとんでもない才能を秘めているでしょう」と述べたそうです。

鍾会は5歳の頃から魏の重臣であった蒋済から上記のような高評価を得るほどの

人物であり、このエピソードだけでも鍾会がとんでもない才能を秘めていることが、

伺えるのではないのでしょうか。

さらに三國無双ではイケメン武将として登場しておりますが、

ひとつだけ大きな欠点がありました。

それは鍾会が大きな野望を持っていたことでした。

この鍾会が持っていた野望のせいで彼は破滅への道を突き進んでいくことになりますが、

このお話はここでは趣旨にそれてしまうため割愛させていただきます。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

関連記事:何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 劉禅に降伏を勧める譙周(しょうしゅう) 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると…
  2. 陸遜と竹中半兵衛の両軍師が一緒に共闘したらどうなる?【if三国志…
  3. 雷怖くない 能ある劉備 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説して…
  4. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  5. キングダム26巻 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍
  6. 釣りをする太公望 びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  7. 飛び出す三国志絵本「燕虎物語」が素敵!国際手づくり絵本コンクール…
  8. よかミカンって、何者?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽は神様
  2. 魏曹操と魏軍と呉軍
  3. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  4. 司馬懿
  5. 燃える本能寺
  6. 朱然と陸遜

おすすめ記事

  1. 徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした? 酒乱の徳川慶喜
  2. 78話:龐統初登場、連環の計発動! ゆるキャラ龐統
  3. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  4. 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人
  5. 戦国策【東周策】欲望で大国を釣るの巻 キングダム 戦国七雄地図
  6. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】 呉の孫権は皇帝

三國志雑学

  1. 双流星を振り回している徐盛
  2. 董卓
  3. 王騎 キングダム
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. キングダム54巻amazon
  3. 孫堅と董卓
  4. 合肥の戦いの地図
  5. 合戦シーン
  6. 幕末 西郷糸子
  7. 孔明と司馬懿

おすすめ記事

韓当(かんとう) 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/22】 オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義風堂々」 関羽の死 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男 株式会社三国志で働く劉備と孔明 あの子が欲しい♪三国時代のヘッドハンテング事情 寧宗 寧宗とはどんな人?南宋4代目皇帝の波乱万丈の生涯 挑発する諸葛亮孔明 愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編 曹仁と曹操 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP