はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件




 

三国志曹操(そうそう)は、政治も軍事も一流で詩まで書けちゃうニクいやつ。

忙しい最中にも読書を欠かさず、文学の発展につとめて

「建安文学(けんあんぶんがく)」なんていう文学の一大ムーブメントを築きました。

高校の世界史の副教材にちっちゃく載っていたくらい有名だから、

きっとさぞかし素晴らしい文学なのでしょう。と思って読んでみたら、

あれ、あれ、あれれ……

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介




元ネタ知らないと仲間外れ

 

読めませんぜ。日本語で書き下し文や注釈がばっちり

付けてある本を見ているのですが、ちんぷんかんぷんです。

なになに「青青子衿 悠悠我心」? 元ネタは詩経?

ええ~、古典をちゃあんとお勉強してないと分らないのかぁ……。

なるほど~、今でもありますよね、元ネタを知ってないと楽しめないものって。

「げえっ、関羽」とか「ならばよし!」とかと同じ次元の話ですね。

元ネタですか……。分る人だけ分ればいいっていう、そういう文学なんですね、

建安文学って。




誰でも楽しめた漢(かん)代の文学

 

せっかく文才あるんだったら、もっと誰でも楽しめるピュアな作品を

書いてくれればいいのに。どうしてわざわざ小難しくしたんでしょうね。

三国志より前の、漢(かん)の時代には、現代人が読んで普通に沁みる

名詩が数多くあるんですよ。例えば、漢の初代皇帝劉邦(りゅうほう)の詩

 

大風起こって雲飛揚(ひよう)す

威は海内に加わって故郷に帰る

安(いずく)にか猛士を得て四方を守らしめん

 

天下とったどー! っていう感慨を大空に揚がる雲に託した伸び伸びとした詩で、

すごく分りやすいです。あ、べつに沁みませんか。

じゃあ読み人知らずのこれなんかどうでしょう。

漢字がいっぱいすぎるのは斜め読みして頂くとして……

 

去る者は日に以て疎(うと)く 来る者は日に以て親し

郭門(かくもん)を出でて直視すれば 但(た)だ丘と墳とを見るのみ

古墓は犂(す)かれて田と為り 松柏は摧(くだ)かれて薪(たきぎ)となる

白楊(はくよう)悲風多く 蕭蕭(しょうしょう)として人を愁殺す

故里の閭(りょ)に還らんと思い 帰らんと欲するも道因(よ)る無し

 

郊外に出たらお墓がごろごろあって、古いお墓は畑にされている。

去りゆく者は忘れ去れるのみだ。みたいな、悲しげな詩ですな。

これ、なんの予備知識もなく普通に読めます。とてもシンプル。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

その文学、楽しいんですか……

 

建安文学はシンプルじゃないす。古典をいっぱい読んでて賢いんやぞーとか、

言葉遊びが上手でトンチがきいた冴えた奴なのさっ、とか言いたげな雰囲気があります。

ご自分の業績のコマーシャルソングみたいなものもありますな。

ここでは挙げませんが、曹操曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)

あたりの詩をお読み頂ければああなるほどと思って頂けるはずです。

なんでそんなことになっちゃのかというのが疑問。

 

関連記事:曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?

関連記事:【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積

 

わざと小難しくした!

 

限られた者だけが参加できる、小難しい文学。それが建安文学。

曹操がどうしてそんな文学を育んだかと言うと、それはズバリ、

詩作が苦手な司馬懿(しばい)を仲間外れにするためです!

 

 

司馬懿の詩作ベタについては過去記事「三国志の英雄たちの詩を

調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww」にあります)

司馬懿は古い時代から続く権力構造の中の親玉であって、

新しい政治を行いたかった曹操にとっては邪魔者でした。

(司馬懿は代々続く名士層の出身、曹操はどこの馬の骨くんです)

なので、司馬懿っちがどんなに偉いか知らないけど

建安文学分んなかったら相手にしないんで、っていうポーズをとったんですな、曹操は。

 

建安文学の影響と末路

 

こんな次第で、三国時代の文学は残念ながら非常に難解です。

ここで小難しい文学に慣れちゃった文化人たちがその後の時代に

書いていた文章も私レベルの者にはちんぷんかんぷんです。

ようやく読める文章が登場するのは、曹操の時代から500年も後の

唐(とう)の時代になって、古文復興運動が起こってからです。

三国志~唐の前までの文学をスルーして、漢以前の古い質実剛健な

文章に戻しましょう、という運動だったそうな。

三国時代、スルーされましたぜ。痛恨!

 

関連記事:【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?

関連記事:梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

どうりで、学校で習う漢文は『史記(しき)』と李白(りはく)・杜甫(とほ)の

唐詩ばっかりだったわけだ。トホホ……。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 曹操 孔明をチェック 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた!
  2. 【クイズ】魏最強!でも滅亡、原因はなーんだ?
  3. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変え…
  4. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志 【ホラッチョ劉備】皇帝の子孫は後付け設定だった?
  5. 魏曹操と魏軍と呉軍 魏はどのように興り、どのように滅んでいったのか
  6. 【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ
  7. 泣く子も張遼 張遼はどんな最後を迎えた?張遼の死因と年齢を解説
  8. 【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李儒
  2. 徐庶
  3. 費禕
  4. 始皇帝 はじめての三国志
  5. 13人の妻達(曹操)

おすすめ記事

  1. 【クイズ】魏最強!でも滅亡、原因はなーんだ?
  2. 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識!
  3. キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに?
  4. 老荘思想(道家)ってどんな思想?ありのままに? 老荘思想(ろうそうしそう)
  5. 宦官VS外戚の争い 第二ラウンド 宦官VS外威 三国志
  6. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』

三國志雑学

  1. 李儒と三国志
  2. 典韋にボコボコにされる成廉
  3. 蒼天航路
  4. 三国志の地図(州)
  5. 逃げる劉備追う曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔子と儒教
  2. キングダム53巻

おすすめ記事

朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第17部 生姜を買ってくる左慈と曹操 三国時代の空には仙人たちが舞っていた!? 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた? 岳飛(南宋の軍人) 【岳飛の墓事情】死後における岳飛と秦檜の評価をめぐって 趙雲 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙 キングダム567話「明日の太陽」ネタバレ&レビュー 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第8話「運命の攻防」配信日が決定しました 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その2「龍の目覚め」

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP