はじめての三国志

menu

執筆者:石川克世

苦肉の計とは?意味や語源は?故事成語辞典

この記事の所要時間: 557




 

さて、今回紹介します故事成語は

「苦肉の計(くにくのけい)」

です。

 

三国志演義」に登場して有名な言葉ですが、

実は本来と違う意味で誤用されやすいのも特徴だったりします。

 

それでは、「苦肉の計」を解説してまいりましょう。

 

なお、今回はその内容上、「(身体的に)痛い」

例え話が多くなっております。

 

極力、グロい話にならないよう表現しておりますが、

苦手な方は内容にご注意くださいますよう、

お願い致します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:「刮目してこれを見る」の意味は?故事成語辞典




『苦肉の計』 用例と解説

 

・用例:

 

「オヤジのヤツ、なかなか新しいスマホ買ってくれないから

古いのをわざと壊して、それをオヤジに見せて泣き真似したんだ

そしたら、あっさり新しいのを買ってくれたよ

まあ、いわゆる“苦肉の計”ってヤツだな」」

 

・解説:

 

「苦肉の計」の

“苦肉”の意味は“敵を騙すために自分を苦しめること”

“計”は、計略の“計”を意味します。

 

日本語では

「苦肉の策(さく)」

「苦肉の謀(はかりごと)」

とも言いますね。

“策”と“謀”には、いずれも相手を騙す策略・謀略の意味があります。

 

普通、人は自分をわざと苦しめるようなことはしません。

だから、つい他人がケガをしたり、何かを無くしたと嘆いていると

疑うよりも前に、その人を信用してしまいがちです。

 

“苦肉の計”とは

そんな人間心理を利用して敵を信用させ、

油断させることでその隙き突く、

戦争や外交における作戦を意味する故事成語です。




“苦しまぎれ”の意味で使うのは間違い?

 

一般的に「苦肉の計」という言葉は

“苦しまぎれ”という意味で使われることが多いですね。

 

言葉の原義的意味としては、この使い方は間違いといえます。

しかし、現代では“苦しまぎれ”という意味で使われる例の

方が多く、一概に誤り、と言い切れないことも確かです。

 

また、「苦肉」と字面が似ていることから

しばしば混同されやすい言葉として「苦渋」があります。

 

「苦渋」とは苦くて渋い味のこと。

そこから転じて「辛く苦しい思い」の意味で用いられます。

「苦渋の決断」

(辛く苦しいことを心に決めること)

という形で用いられることが多いですね。

 

「苦渋の策」という使われ方をすることもありますが、

こちらの方が、“苦しまぎれの策”という意味に近いといえます。

 

出典元は兵法書「兵法三十六計」

 

「苦肉の計」の出典元となったのは、

西暦420年に宋の国を建国した劉裕(劉裕)に仕えた武将、

檀道済(たんどうせい)が書いたとされる兵法書

『兵法三十六計』

です。

 

戦争における兵法を6種類にカテゴライズ、

さらに各カテゴリを6つの「計」に分類していることから

6×6=36計になる、というのがタイトルの由来です。

 

「三十六計逃げるに如かず」

(場合によっては逃げるのが得策である)

という故事成語の元ネタにもなっていますね。

 

世界的に、中国の兵法書と言えば「孫子」が知られていますが

中国国内ではむしろこの『兵法三十六計』の方が

よく知られています。

 

但し、その内容には戦術とは無関係なものも含まれるなど、

内容に荒削りな面があり、その文面も、あまり出来がよくない等。

書物としての評価は「孫子」よりも低いのが実情です。

 

この「兵法三十六計」の六巻目となる「敗戦計」

(自国がきわめて劣勢の時に起死回生の策として用いる計)

の四番目に解説されているのが「苦肉計」です。

 

故事成語「苦肉の計」は、

この「苦肉計」が語源になっています。

 

関連記事:兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西

 

最も有名な黄蓋の「苦肉計」

 

三国志ファンの方であれば、

「苦肉計」と聞いてまず思い起こすのは

『三国志演義』に書かれた、赤壁の戦いにおける

黄蓋(こうがい)が用いた「苦肉計」でしょう。

 

劉備孫権の連合軍に対して3倍もの艦隊を擁する曹操軍。

正面から戦えば敗北は必至、という状況下にあって、

周瑜はこの状況を打開する有効な策を見出すことが出来ずにいました。

 

そんな周瑜を、部下の黄蓋が罵倒、

周瑜黄蓋の言葉に怒り、兵卒が見ている前で彼を鞭打ちの刑に

かけてしまいます。

 

この時代の鞭とは、現代の革紐のようなものではなく

硬い棍棒のような武器でした。

そんなもので何度も打ち据えられたのですから、

黄蓋は息も絶え絶えの重傷を負ってしまいます。

 

この一連の様子は、孫権の軍中に忍び込んでいた曹操の間者に

よって、その一部始終が曹操に報告されます。

 

鞭打ち刑で深手を負い、

兵士の前で辱めを受けた黄蓋は

曹操軍に投降することに決め、

手紙を送ります。

 

周瑜(しゅうゆ)と黄蓋の諍いは、

曹操軍に対抗するために黄蓋が周瑜に提案した

「苦肉計」でした。

 

曹操は一旦はこの「苦肉計」を看破しますが、

孫権軍の使者であった闞沢に丸め込まれ

結果的には黄蓋の投降を受け入れてしまいます。

 

こうして偽の投降に成功した黄蓋は

曹操軍の軍船に放火することに成功、

敵を撃退することに成功しました。

 

関連記事:【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?

関連記事:【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?

 

周瑜が「苦肉計」を知っているのはちょっと変?

 

余談になりますが。

 

この黄蓋による「苦肉計」が登場するのは

『三国志演義』第四十六回ですが、

 

黄蓋から献策を受けた周瑜は感激して、

こんな事を言っています。

 

君若肯行此苦肉計

則江東之万幸也

 

(現代語訳)

あなたが「苦肉計」を

引き受けていただけるというのでしたら、

それは私達東江の者(孫権軍)にとって、

これ以上ないほどの幸いです。

 

……このセリフ、

考えてみるとちょっとおかしいですよね。

 

前述の通り、

「苦肉の計」の元ネタとなった「兵法三十六計」は

赤壁の戦いよりも200年以上後の時代に書かれた兵法書です。

それなのに、どうして周瑜が「苦肉計」という言葉を

使っているのでしょうか?

 

『三国志演義』が成立したのは

「兵法三十六計」が記された

宋よりも更に後、明の時代です。

そして、庶民の間では、「孫子」よりも

「兵法三十六計」の方が兵法書としては

ポピュラーな存在でした。

 

羅貫中が「孫子」ではなく「兵法三十六計」を引用したのは

当時の読者がより理解しやすいように工夫した結果かもしれません。

 

歴史上、実際に行われた「苦肉計」の事例はあるの?

 

皆さんご承知の通り、

『三国志演義』はあくまで、

正史「三国志」をベースとして書かれた小説です。

 

正史三国志には、

赤壁の戦いにおいて黄蓋が「苦肉計」を用いた、

という記述は存在していません。

つまり、三国志演義の「苦肉の計」のくだりは

あくまでフィクションであるわけです。

 

歴史上、実際に行われた「苦肉計」としては、

こんな事例をあげることができます、

 

・鄭の武公

 

春秋時代の初期、鄭の君主であった武公は異民族の国である

胡国を滅ぼすために非情な策を用いました。

 

まず、武公は胡国の王に娘を嫁がせ、胡国との間に

友好を結びます。

 

その上で、武公は自らの臣下に、

「攻めるべき相手はどの国か?」

と問いました。

 

家臣の一人、関其思(かんしき)が進み出て

「仇敵である胡国を攻めるべきです」

と進言します。

 

この進言を聞いた武公は激怒、

「我が娘を嫁がせた胡国は今や我が兄弟国である。

その胡国を攻めよとは、なにごとか!!」

 

武公の怒りに触れた関其思は処刑されてしまいます。

この話を伝え聞いた胡国の王は、

鄭の友好をすっかり信用してしまい、備えを怠るようになりました。

 

しかしそれこそが武公の本当の狙いだったのです。

鄭の軍勢は油断を見せた胡国を急襲し、これを滅ぼしてしまいます。

 

敵国を信用させる為に家臣の生命を奪う、

これはまさに「苦肉計」の一例と言えるでしょう。

 

・漢の韓信

 

楚漢戦争時代、

儒学者であった酈食其(れきいき)は

漢王であった劉邦に斉との和平交渉を提言、

自ら斉に赴き、その弁舌を持って斉の国を

帰順させることに成功します。

 

しかしその頃、劉邦の配下の将軍であった

韓信は軍勢を率いて斉攻略の最中にありました。

 

このままでは酈食其に手柄をすべて盗られると

思った韓信は、斉の和睦を知りながらも攻撃を続行、

防備を解いていた斉の城は次々と陥落していき、

怒り狂った斉王は酈食其を釜茹での計にしてしまいました。

 

酈食其は韓信と共謀していたわけではないので、

正確には「苦肉計」とは言えませんが、

結果的には「苦肉計」と同じ効果があったと言える事例です。

 

江戸時代にも行われた「苦肉計」?

 

日本の江戸時代、こんな川柳が詠まれています。

 

「ゆび切るも実は苦肉のはかりごと」

 

この時代、遊郭の遊女は、客を籠絡するのに、

自分の(客への)思いが嘘偽りの無いことを

証明するため、小指を切って客に贈ると

いうことが行われていました。

 

なんとも凄まじい手練手管ですが、

この川柳は、自らの身を傷つけてでも

客を惹きつけようとすることを

「苦肉の計」に例えたものであるわけです。

 

三国志ライター 石川克世の独り言

 

それにしても、冒頭で申し上げた通り、

鞭打ち刑とか釜茹で刑とか指を切るとか、

なにかと「(身体的に)痛い」話の多い回でしたね。

 

まあ、「苦肉計」というもの自体が、

苦痛を対価とする計略のことなので、

致し方ないことではあるのですが。

 

願わくば、自分が「苦肉の計」を使うような

立場にはなりたくないものですね。

 

それではまた、次回。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?

関連記事:今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選
  2. 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介
  3. 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を…
  4. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオー…
  5. 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ
  6. 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)…
  7. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  8. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官
  2. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!
  3. kawauso編集長のぼやきVol.12「三国志演義は凄い」
  4. 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊
  5. 餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介
  6. 司馬徽(しばき)はどんな人?なんでも善きかな、生涯誰にも仕えなかった偉人

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能 オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義風堂々」 【三国志平話】まるで水滸伝!山賊になった劉備 26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因 厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女

おすすめ記事

  1. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  3. 【月間まとめ】2016年2月の注目ニュース10選!
  4. 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?
  5. 怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは?
  6. よりぶりんって、何者?
  7. 公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか?
  8. 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP