キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?




 

呉のイケメン三人衆といえば「孫策(そんさく)

周瑜(しゅうゆ)」「陸遜(りくそん)」というイメージですが、

みなさんはどうでしょうか。

三国無双の陸遜(りくそん)は爽やかですね。

三国志演義」には陸遜について、180cm以上の長身で、「面如美玉」と表現されています。

まさにイケメンそのものの描写ですね。

孫策周瑜の奥さんも美人だったようですから、

陸遜の奥さんもさぞかし美人だったことでしょう。

今回は陸遜の妻は誰なのかについてお伝えしていきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由




陸遜の妻は誰なのか?

 

三国志正史」呉書によると陸遜の伝には

「権以兄策女配遜、数訪世務」とあります。

ここでいう権とは主君である孫権のこと、

兄策とは孫権の兄で亡くなった孫策のことです。

女とは娘のことであり、孫権は兄・孫策の娘を陸遜に嫁がせ、

政務についてアドバイスを得ていたということになります。

 

陸遜が孫策の娘を妻としていたことは有名ですが、

孫策が陸遜の器量を認めて娘を嫁がせたわけではなく、

孫権が陸遜を認めて姪を嫁がせたわけです。

陸家は呉郡でも有力な豪族ですから、

地元豪族との結びつきを強くしたい孫権にとって地盤を固める政略結婚でもあったわけです。




陸遜が妻をめとるまで

 

陸遜は陸家本家の陸康を頼って盧江郡に住んでいましたが、

寿春に本拠地を置く袁術と対立、その配下の孫策に攻められます。

陸遜は家長代理として陸家一族を引き連れて、故郷の呉郡に戻りました。

 

孫策がその後、呉郡も制圧しますが、陸遜は出仕していません。

もしかすると孫策に対し恨みのようなものがあったのかもしれません。

陸遜は孫権に代替わりした際から仕えるようになりました。

当初は将軍府属官、海昌郡で軍政官を務めています。

 

陸遜が大きな武功をあげたのは、

会稽郡の山越族頭目・潘臨を募兵して討ってからです。

さらに216年には鄱陽で反乱を起こした尤突を討ち、ついに部隊司令となりました。

これらの活躍が孫権の目にとまり、

その高い能力を気に入られた陸遜は孫策の娘を妻とすることになったのです。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

陸遜の妻は大喬との間の子供だった?

 

陸遜ファン、孫策ファンにとって気になるのは、

孫策と大喬の娘と陸遜が結ばれたのかどうかということでしょう。

ちなみに陸遜は孫策の8つ年下です。孫権よりも1つだけ年下です。

ほぼ同世代といっていいでしょう。

陸遜が孫策の娘を妻に迎えたのは216~217年の頃だと考えられますので、

陸遜が34歳くらいですね。

孫策は200年、26歳で亡くなっています。

 

娘が200年に生まれていたとすると、

陸遜と結ばれるときは17歳くらいですからちょうどお似合いのカップルですね。

ちなみに孫策と大喬が出会ったのは、

袁術の死後、孫策が盧江郡太守の劉勲を打ち破った際になります。

199年のことです。孫策と大喬はわずか1年しか一緒に過ごせなかったわけですが、

そのときに娘を身籠っていたことは充分に考えられます。

もしかすると双子の女の子で、姉が陸遜に嫁ぎ、妹が顧雍の息子の顧劭に嫁いだかもしれません。

 

孫策の娘の母が誰なのか、

その容姿や性格についてもどこにも記されていないので確証はないのですが、

陸遜の妻が孫策と大喬の間に生まれた娘だった可能性は充分に考えられるわけです。

 

三国志ライターろひもと理穂のまとめ

 

孫策と大喬、美男美女から生まれた娘ですからきっと美しく、

器量も良かったのではないでしょうか。

ちなみに陸遜の次子で父の汚名を注いだ英雄「陸抗(りくこう)」は、

陸遜と孫策の娘の間に生まれた子です。

孫氏の血を受け継いでおり、中国史上六十四武将に選ばれているほどの名将として知られています。

想像するに陸抗もまた立派な容姿だったに違いありません。

 

その他の三国志の妻紹介の記事も掲載していますので、

気になる英雄がいましたら「はじ三」で検索して、ぜひ読んでみてください。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相

関連記事:【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?
  2. 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!
  3. 姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!
  4. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  5. まだまだいた三国志の名外交官たち5選
  6. 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、…
  7. 袁家をイジメる董卓 呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!?
  8. 劉雄鳴は三国志の仙人 劉雄鳴とはどんな人?仙人だけど世渡りが下手な関中軍閥

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鄧禹と兵士
  2. 明智光秀 麒麟がくる

おすすめ記事

  1. 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!? 大政奉還した徳川慶喜
  2. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  3. 【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由 まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. 郭淮は本当に病弱じゃなくてムキムキマッチョな将軍だった!? 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  5. 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観
  6. 愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編 挑発する諸葛亮孔明

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

おすすめ記事

【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの? 楽進にクリソツな二世将軍楽綝の最期はかなり悲惨だった!? 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた? 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ? 魏延と趙雲を正史で比較すると魏延が優秀だと判明!?

おすすめ記事

  1. え!?周瑜って憤死してるの知ってた!?
  2. 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりたい事
  3. 司馬徽(しばき)はどんな人?なんでも善きかな、生涯誰にも仕えなかった偉人
  4. 袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!?
  5. 本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説 燃える本能寺
  6. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?
  7. なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの?
  8. 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP