三国志平話
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張遼はどんな最後を迎えた?張遼の死因と年齢を解説

泣く子も張遼




 

魏の名将として知られる張遼(ちょうりょう)字を文遠(ぶんえん)。

曹操に仕える前は呂布に仕えて武勇を発揮していました。

また現代でも張遼はゲームや小説でも人気がある武将です。

人気のある魏の武将・張遼ですが、

何が原因で亡くなったのか知っている方は少ないと思います。

そこで今回は魏の名将張遼が何歳で何が原因で、

亡くなったのか彼の活躍をご紹介しながら解説したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張遼の愛馬の名前は?蒼天航路でも大活躍した黒捷

関連記事:合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?

蒼天航路でもお馴染みの張遼(ちょうりょう)

 

曹操を主人公にした漫画・蒼天航路(そうてんこうろ)

張遼はこの蒼天航路にも登場し、

呂布軍の武将として曹操軍と戦いますが、

呂布が敗北したことで張遼も捕まってしまいます。

しかし張遼は呂布軍の他の幕僚達が処刑される中、

曹操に許され曹操軍に参加することに。

張遼は曹操軍に参加すると白馬の戦いで劉備の義弟・関羽と一緒に出陣。

 

 

関羽は鬼のような仮面をつけて袁紹軍の猛将・顔良(がんりょう)を討ち取ります。

張遼は関羽顔良を討ち取った後、袁紹軍を蹴散らす活躍を見せています。

また張遼は烏桓討伐戦で郭嘉(かくか)と一緒に曹操軍の先陣に参加し、

烏桓軍を蹴散らす大功を立てています。

このように合肥の戦い以外にも張遼は活躍していますが、

一体何歳で何が原因で亡くなってしまったのでしょうか。

張遼はどんな最後を迎えたの??

 

さて今回のメインテーマと言える張遼がどのような最後を迎えたのか、

こちらをここでご紹介しましょう。

正史三国志魏書・張遼伝に彼の最後が記載されています。

張遼は魏王朝を開いた曹丕から孫権討伐戦に参加するように命令。

張遼はこの時病にかかっていましたが孫権討伐戦に参加します。

張遼は長江に近い場所に駐屯していた孫権の武将・呂範(りょはん)を撃破しますが、

この戦が終わった後、彼の病が重くなりそのまま帰らぬ人になってしまうのです。

病にかかっても戦場に出て孫権軍を撃破し、戦場で亡くなった張遼。

戦に生き戦で最期を迎えた武人にふさわしい最後ではないでしょうか。

 

 三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

張遼の合肥伝説

 

張遼と言えば合肥の戦いでの伝説的な活躍が有名です。

蒼天航路では張遼が伝説的活躍をした合肥の戦いでは一際、

ピックアップして描かれています。

張遼は孫権軍に奇襲攻撃を立てて陳武を一刀両断。

さらに孫権追撃戦では、呂蒙(りょもう)甘寧(かんねい)、蒋欽(しょうきん)などの

孫呉の猛将達を簡単に打ち払い、孫権を討ち取る寸前まで追い詰めます。

しかし孫権は馬に川を飛び越えさせる荒業を使ってなんとか、

張遼からの追撃を回避。

この時張遼が乗っていた馬は黒捷(こくしょう)と言い、

とんでもないスピードで走りますが、

水が苦手なのか川に入るのを嫌がっていました。

張遼はこの黒捷が苦手な水へ飛び込ませないで、

思いやるシーンがちょっと可愛いので気になる方は見てください。

正史三国志でも張遼はとんでもない活躍。

張遼は孫権軍が合肥近辺に駐屯して攻撃の準備をしている事を知ると、

深夜決死隊を募ります。

そして張遼は翌早朝決死隊を率いて、呉軍の中に突撃。

張遼は孫権を討ち取る寸前まで追い詰めますが、

孫権軍に包囲される可能性を危惧して撤退を開始。

張遼はこの撤退の時、決死隊を誰ひとり死なせることなく、

合肥城へ帰還することに成功し、孫権軍へ大打撃を与えます。

孫権軍はこの奇襲攻撃で出鼻をくじかれ、撤退してくことになります。

曹操は合肥の戦いの後、張遼に合肥での活躍を聞いて、

大喜びしながら張遼を褒め讃えたそうです。

また三国志演義では正史三国志のような派手さはありませんが、

孫権軍のかく乱を防ぎ敵将を討ち取る活躍しています。

 

関連記事:張遼ってイケメンだったの?【張遼好き必見】

関連記事:張遼に子孫はいたの?やっぱり子供たちも最強?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

合肥で伝説的な活躍をし、魏の名将と言える張遼の最後をご紹介しました。

呂布や関羽など名将と呼ばれる人達は張遼同様戦場で最期を迎えています。

彼らの最後ははじめての三国志でも紹介していますので、

気になる方はぜひ見てください。

 

関羽の最後が気になる方へ

 

関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?

 

呂布の最後が気になる方へ

 

36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書 今鷹真訳など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編

関連記事:遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説

 

北伐の真実に迫る

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. スーパーDr華佗 三国時代は荒療治が日常茶飯事だった?
  2. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事…
  3. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  4. 晋の陳寿 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?
  5. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  6. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  7. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  8. はじめての三国志 画像準備中 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 南蛮
  2. 孔明
  3. 曹操 詩
  4. 茶を飲む張角(太平道)
  5. 魯粛、孫権、孔明

おすすめ記事

  1. 【戊辰戦争を振り返る】明治新政府軍 vs 旧幕府軍
  2. 武田信玄は城を持たなかった、その理由は?
  3. 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い
  4. 【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった
  5. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  6. 松平春嶽がいなければ坂本竜馬が歴史に名を残すことはなかった!? 坂本龍馬(幕末時代)

三國志雑学

  1. 最弱武将 張飛
  2. 于禁と兵士
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. ロバ顔の諸葛瑾
  2. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  3. 孫権と三国アヒル
  4. 司馬懿が頭を下げても堂々とする常林

おすすめ記事

趙雲が人気の理由 趙雲ってどんな人?投票ランキング1位の理由 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 丁奉(ていほう) 徐盛と丁奉は自らの才覚で成り上がった将軍だった?その共通点は? 司馬懿から頼まれる孫礼 孫礼(そんれい)とはどんな人?境界事件を解決したにも関わらず理不尽な罰を受ける 典韋にボコボコにされる成廉 典韋は「悪来」って曹操に呼ばれたけど褒め言葉なの? キングダム587話ネタバレ予想印鑑はどこに押していたの? キングダム最新566話「楊端和無双」ネタバレ&レビュー 函谷関 キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP