キングダム
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張飛の身長は何センチ?2mを超える大柄な武将だったの?

張飛の男気人生




張飛

 

三国志では巨漢の猛将たちがひしめきあっていますが、

はたしてどのくらいの身長だったのでしょうか。

今回は猛将といえばこの方、蜀の張飛にスポットを当てて考察していきます。

 

私の張飛(ちょうひ)のイメージとしては身長が180cmで体重が100kgくらい、

親指と人差し指だけで林檎を潰せるような感じですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編

関連記事:四川の名物料理「張飛牛肉(チャンフェイニウロウ)」の謎に迫る

 

 

張飛の身長は何センチ(cm)あったの?

張飛

 

張飛は「三国志演義」の記載によると身長が「八尺」となっています。

八尺? 尺という単位は現代の日本ではほとんど耳にしませんね。

イメージがしにくいです。

中国の「一尺はおよそ33cm」にあたります。

ということは、張飛の身長は264cmですね。3mに迫る勢いです。

 

いくら一騎当千の猛将といえどもこの身長はやりすぎですね。

実は尺という単位は時代とともに長くなっているのです。

漢の時代では「一尺はおよそ23cm」になります。

この計算だと張飛の身長は184cmです。

まさにイメージぴったりですね。

 

 

三国志時代の漢人の身長は高かったの?

張飛と劉備

 

食生活や摂取できる栄養のことを考慮すると現代人よりも平均身長が高かったとは考えにくいですね。

ただし戦場で重い甲冑を身にまとい、

武器を手にして活躍するためには人並み以上の体格は必要だったでしょう。

猛将と呼ばれた武将たちはかなり身長も高かったのではないでしょうか。

 

ちなみに身長が低いことで知られる曹操(そうそう)は、三国志演義によると身長が七尺です。

漢の時代の計測ではおよそ161cmですね。

これは平均身長と比べて小さいということではなく、

他の英雄・豪傑と比較すると小柄だったということではないでしょうか。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

 

呂布の身長は何センチ(cm)あったの?

呂布

 

三国志最強を誇る呂布(りょふ)の身長はどのくらいあったのでしょうか。

三国志演義によると「身の丈は一丈、腰回りは十囲」とあります。

すでに単位が違いますね。

「十尺=一丈」ですから、単位変換をすると呂布の身長は230cmです。

想像を絶する大きさですが、実際に日本人のバスケットプレーヤーにもこの身長の選手はいますし、

ルーマニアには15歳でこの身長のバスケットプレーヤーがいます。

あり得ない話ではありませんね。

 

張飛と蛇矛

 

ちなみに張飛が愛用する「蛇矛(じゃぼう)」は「丈八蛇矛(じょうはちじゃぼう)」とも呼ばれますが、一丈八尺あります。

呂布と張飛の身長の合計と同じですね。

つまり414cmです。

4mの長さの武器を自由自在に馬上で振るうということは可能なのでしょうか。

 

馬上ではありませんが、日本の戦国時代には10mの長槍を装備した足軽部隊があったそうです。

 

関連記事:そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!

関連記事:三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介!

 

関羽と張飛はどっちが強いの?

関羽

 

関羽(かんう)と張飛はどっちが強いのか、明確に答えることは難しいですね。

ただ、関羽自身が「自分よりも張飛の方が強い」と曹操に答えています。

プライドの高い関羽が認めるのですから、本当に相当強かったのだと思います。

 

張飛は勢いに乗せると実力以上の力を発揮しそうなので、その時の気分次第かもしれません。

私の勝手な予想ですが、関羽と10回ほど一騎打ちしたら、6回は張飛が勝つのではないでしょうか。

いや、25回勝負して張飛の13勝12敗くらいかも……どちらにせよ僅差ですね。

 

三国志ライターろひもとの独り言

ろひもと

 

ということで、張飛の身長は2mを超えてはいないと思われます。

しかし大柄だったことは間違いなかったのではないでしょうか。

 

実は身長は関羽の方が高い設定になっており、九尺と記されていますから、およそ207cmです。

ですから2mを超える巨漢といえば、呂布や関羽ということになりますね。

 

小柄なイメージのある劉備(りゅうび)ですが、七尺半から八尺あったそうです。

張飛と同じ身長の劉備はなんだか違和感があります。

身長と戦闘力にどこまで相関があるかはわかりませんが、劉備も強かったのかもしれませんね。

意外に関羽や張飛よりも劉備の方が強かったかもしれませんよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?

関連記事:張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情

 

北伐の真実に迫る

 

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 関羽 樊城の戦いで起こった関羽の水攻め!そこには計り知れないダメージが…
  2. 袁術と周瑜と孫策 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?
  3. 関羽の青銅像 特別展 三国志が開催!海外初となる出土品の展示や期間は?
  4. 敵対勢力を殺害する賈南風 賈充の娘である賈南風はドン引きするほどの悪女だった
  5. 孔明 司馬懿 陸遜 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  6. 三国志大学で勉強する劉備 三国志テストにチャレンジ!!TOSIC990点を目指せ!!
  7. 獬豸冠(かいちかん)って何?とんがり帽子は正義のしるし!司法官が…
  8. 蜀の魏延 魏延は名将・韓信と同じ天才的な戦術眼を持っていた??

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 人物評論家として有名な李粛
  2. 鬼道を使う卑弥呼
  3. 曹操探検隊
  4. はじめての三国志編集長kawauso
  5. 三国志の計略と孔明
  6. 孔明
  7. kawausoとおとぼけ
  8. 酒を飲む曹操と劉備と呂布

おすすめ記事

  1. 周瑜はどのような病気で亡くなったのか考えてみた 水面に弱気な自分が映る周瑜
  2. 水滸伝をあらすじでざっくりと分かりやすく解説してみる【3分で理解】 落書きをする宋江(水滸伝の主人公)
  3. 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?
  4. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん) 陶謙
  5. ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた! 曹操は関羽をGET
  6. 劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介 茶を飲む張角(太平道)

三國志雑学

  1. 梁興と馬騰
  2. 陸遜
  3. 楊彪を司空に任命させる董卓
  4. 大声を出す張飛


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 爽やかな荀彧
  2. kawauso編集長
  3. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  4. 曹丕
  5. 于禁と曹操
  6. 孔子と儒教
  7. 龐統
  8. キングダム

おすすめ記事

【ネタバレ注意】キングダム546話「大炎の地」ネタバレ&レビュー 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】羽柴秀吉はどうやって関白に就任することができたの? 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀を知る観光おすすめスポット5選【丹波亀山城・福知山城・勝竜寺城】 ロバ顔の諸葛瑾 諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインとしていた! 白石正一郎 白石正一郎とはどんな人?日記から読み解く幕末のスポンサー スーパーDr華佗 三国時代は荒療治が日常茶飯事だった? 徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP