はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志

 

 

 

三国志って、いろいろありすぎてよく分りません。

いったい何を読んだらお友達に「三国志を読んだよー!」って言えるんでしょうか。

歴史書の正史三国志は読まなくても、三国志を読んだ!って言えそうです。

 

でも、人気漫画の蒼天航路(そうてんこうろ)

北方謙三(きたかたけんぞう)さんの小説の三国志を読んでも、

それだけで三国志を読んだとは言えない気が。

(ひとの三国志談義の内容が分らない時がありそうです)

 

吉川英治(よしかわえいじ)さんの小説の三国志や、

横山光輝(よこやまみつてる)さんの漫画の三国志なら、

三国志を読んだことになりそうですね。

 

吉川英治さんや横山光輝さんの三国志の元ネタは

中国の白話(はくわ)小説の三国志通俗演義(さんごくしつうぞくえんぎ))

(以下、三国志演義と呼びます)ですが、

そこでは劉備(りゅうび)ばっかりえこひいきされています。

 

それは三国志演義が成立した頃に(かん)民族が北方の異民族の圧力を受けていたから

北の曹操(そうそう)を悪者にして南の劉備をひいきしたんだよ、ってよく言われますが、

それ本当かな。劉備さんは大元ネタの正史三国志の頃からえこひいきされていませんかね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?

関連記事:【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由

 

 

少女向けアニメの王子様のような劉備

劉備王子様

 

正史三国志の劉備の伝(先主(せんしゅ)伝)の冒頭を見てみましょう。

 

先主は姓を劉、(いみな)を備、(あざな)玄徳(げんとく)といい、

琢郡琢県(たくぐんたくけん)の人で、前漢(ぜんかん)(景帝(けいてい)の子、

中山靖王劉勝(ちゅうざんせいおう・りゅうしょう)の後裔である。

(中略)祖父は劉雄(りゅうゆう)、父は劉弘(りゅうこう)といい、代々州郡につかえた。

劉雄は孝廉(こうれん)に推挙され、官位は東郡(とうぐん)(はん)の令にまでなった。

先主は幼くして父を失ったが、母とともにわらじを売ったりむしろを編んだりして、生計をたてた。

 

なんだか、少女向けアニメの王子様のようですね。

今は貧しい暮らしをしているけれど、実は王様の血をひいているんだ。というパターン。

貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)ってやつです。

今はカエルだけどお姫様にキスされたら美しい王子様に変身しそうです。

まあ、これは実際にそうだと伝えられているからそうだと記録しただけなんでしょうから、

これだけで劉備がひいきされていると言うことはできません。

 

 

劉備と比べて血筋が劣る曹操

 

三国志演義で劉備の敵役になっている曹操が正史三国志でどのように描かれているか、

正史三国志の曹操の伝(武帝(ぶていき))を見てみましょう。

 

太祖武皇帝(たいそぶこうてい)は、沛国譙県(はいこくしょうけん)の人である。

姓は曹、(いみな)は操、(あざな)孟徳(もうとく)という。

前漢の時代宰相をつとめた曹参(そうさん)(?-前一九〇)の子孫である。

桓帝(かんてい)の時代(一四六-一六七)、曹騰(そうとう)

中常侍(ちゅうじょうじ)大長秋(だいちょうしゅう)となり、

費亭侯(ひていこう)に封ぜられた。

養子の曹嵩(そうすう)が爵位をつぎ、大尉の官にまで出世したが、

彼の出自については明確にできない。曹嵩は太祖を生んだ。

 

ううむ、劉備は漢の王室の末裔、曹操は漢に仕えた宰相の家の末裔。

曹操のほうが格下だと言いたげです。しかも、漢の臣下筋の家柄であるのに後に漢の帝を

ないがしろにする曹氏一族め悪いやつら、と言いたげです。

しかしまあ、これも、実際にそうだと伝えられているからそうだと記録しただけなんでしょうから、

これだけで劉備がひいきされているとか曹操が不当に貶められていると言うことはできません。

気になるのは、曹操の父親の曹嵩の出自についてです。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

曹操の父親の出自は、わざとぼかされた?

 

曹操の祖父の曹騰という人は宦官(かんがん)(去勢を施された官吏)であり、

子ができませんから、家を存続させるために養子を迎え入れました。

それが曹操の父親の曹嵩ですが、正史三国志には「出自については明確にできない」とあります。

 

劉備サマは貴いお血筋だが曹操なんてどこの馬の骨だか分らないんだ、と言いたげです。

まあ、これも、実際に出自が不明だったからそう書いただけでしょ、と思いがちですが、

本当に不明だったから書けなかったってわけじゃないんじゃないの、と私は疑っております。

正史三国志の注釈にこんな一文があるからです。

 

()の人の著作である『曹瞞伝(そうまんでん)』と

郭頒(かくはん)の『世語(せご)』ではともにいう。曹嵩は夏侯(かこう)氏の子で、

夏侯惇(かこうとん)の叔父である。太祖は夏侯惇に対して従父兄弟(いとこ)に当る。

 

『世語(魏晋(ぎしん)世語)』の著者郭頒は正史三国志の著者陳寿(ちんじゅ)と同じ

西晋(せいしん)の人ですから、陳寿もやる気を出せば

同じ情報を仕入れることができたんじゃないでしょうか。

 

呉の人の著作にも郭頒の著作にも同じ事が書かれているということは、

けっこう知られていた情報なんじゃないでしょうか。

もしかして陳寿は知っててわざと書かなかったんじゃないでしょうか。

曹操をどこの馬の骨とも分らない人として劉備との格の違いを歴然とさせるために。

なんの根拠もありませんけれども。

 

ただ者ではなさそうな書きかたをされる劉備

 

曹操の伝(武帝紀)では、出自の話のあとにはさっそく「太祖は若年より機知があり」と

性格の説明があって、その後の働きの様子が記されていますが、

劉備の伝では出自のあとにヘンテコエピソードが挿入されています。

 

劉備の家のかたすみある桑の木が貴人の乗る車の車蓋(しゃがい)に似ていて

「(この家からは)きっと貴人がでるであろう」と予言されたとか、

劉備は手を下げると膝にまで届き、ふり返ると自分の耳を見ることができたとか。

 

占い師みたいな人から「この人は将来偉くなります」って言われてから偉くなったという伝説は、

たいていは実際に偉くなってしまった人について後付けで付与されるエピソードです。

皇帝になった劉備が調子に乗って「じつは俺、子供の頃さぁ」と作り話でもしていたのが

人々に語り伝えられたのを、陳寿が「作り話っぺえな」と思いながらしれっと正史に記述

したんじゃないでしょうか。

 

劉備の腕や耳が長すぎる(?)という人間離れした容姿の描写も、ただ者じゃないことを

示す作り話なんじゃないでしょうか(実際に若干長め(?)だったのかもしれませんが)。

中国古代神話の登場人物って、とにかくすっごい神だった、っていうイメージが膨らむに

つれてどんどん妖怪じみた容姿の設定が後付けされていますが、

正史三国志が劉備のことを異形(いぎょう)(そう)の持ち主であったように記すのも、

神話と同様のパターンでしょう。

 

とにかくただ者じゃないすごい人だったんだ、って言いたいために、

陳寿は書けることは全部書いたのではないでしょうか。

陳寿は(しょく)の遺臣ですから、

蜀の初代皇帝の劉備を持ち上げたくなるのは自然なことです。

 

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

陳寿は世に伝えられている情報を一生懸命集めて三国志を記したのだろうと思います。

玉石混淆(ぎょくせきこんこう)の情報のなかから、どれを採用してどれを却下するかを選ぶ時に、

劉備のことをよく書きたいという気持ちが働いたのではないでしょうか。

後世、三国志演義で劉備がいい人で曹操が悪い人というように書かれるようになった種は、

正史の三国志の時点ですでにあったと思います。

 

和訳引用元:ちくま学芸文庫 正史三国志

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件

関連記事:ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした理由

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 献帝 全28代!漢王朝の系図をあっさり紹介するよ!
  2. 孔融 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  3. 徐晃は名将と呼べる将軍だったの??
  4. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  5. 李恢ってどんな人?北伐を物資面で支えた南中統治のスペシャリスト
  6. 蜀漢のスーパー戦隊・五虎大将軍は後付け設定だった!?
  7. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  8. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 趙雲子龍
  2. 織田信長
  3. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  4. 三国志ライター黒田レン

おすすめ記事

  1. 【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子
  2. 景帝とはどんな人?「文景の治」の一角を担った前漢の第6代皇帝 景帝(けいてい)は前漢の第6代皇帝
  3. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達
  4. 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第27話「気賀を我が手に」の見どころ紹介
  6. 曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは? ツンデレ曹丕

三國志雑学

  1. 五虎大将軍の馬超
  2. 劉禅
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 合肥の戦いの満寵
  2. 金栗四三の足袋 いだてん

おすすめ記事

三国夢幻演義 龍の少年 第8話「運命の攻防」配信日が決定しました あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!? びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた! 第6話:三国夢幻演義 龍の少年「変遷」配信中 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる 遅れて来た孫権 英雄 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは? 月刊はじめての三国志2018年8月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP