法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

董卓は火葬で放置プレイされてチョー惨めだったってほんと!?

呂布に暗殺される董卓




 

董卓(とうたく)三国志で悪の代名詞とされている人物です。

董卓のどこが悪いのか。

董卓は皇帝を操って自分の都合の良い政権を誕生させ、自分に逆らってくる者は誰であろうと殺害。

また大金持ちからは金品を没収して懐に入れてしまいます。

このように悪いと思われることは大体やった董卓ですが、

殺害されてしまいます。

董卓はどのように殺害され、殺害された後どのように扱われたのかについてご紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董旻(とうびん)ってどんな人?董卓を補佐した弟の生涯に迫る!

関連記事:董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ

 

 

三国志の董卓はどのように亡くなったのか

 

董卓は三国志の物語の前半に登場する人物です。

董卓は何進(かしん)から宦官(かんがん)討伐作戦の要請を受けると兵を率いて洛陽(らくよう)へ。

董卓は洛陽へ向かう途中、宦官討伐作戦から逃亡していた皇帝を保護し、洛陽へ一緒に到着します。

董卓は皇帝を助けた事により、権力を自らの物にし、

皇帝を交替させて自分の都合のいい政権を作り出します。

 

董卓政権に参加していた王允(おういん)は董卓のやり方に怒り、

士孫瑞(しそんずい)を誘って董卓殺害計画を企てていました

その後王允は同じ出身地の呂布を董卓殺害計画に参加させます。

王允と士孫瑞は皇帝から董卓討伐の命令書をもらうことに成功し、

董卓暗殺計画を皇帝の病気が回復した祝いの日に実行することにします。

 

呂布(りょふ)は董卓が皇帝の病気回復見舞いに宮殿に入った所を狙って殺害。

董卓は上記の暗殺計画を妨げることができずに殺害されてしまうのです

 

三国志演義では王允が娘の貂蝉(ちょうせん)を董卓の元の側近として、董卓の元へ潜り込ませます。

董卓は貂蝉を気に入り、いつもそばに侍らせていました。

しかし呂布貂蝉を気に入ってしまい、二人は董卓に内緒であっていたそうです。

現代で言う所の不倫ですね。

 

呂布は貂蝉との不倫が董卓に知れたらやばいと考え、

王允が画策していた董卓暗殺計画に参加したとされます。

 

 

董卓は死後暫定政府からどのように扱われたのか

 

董卓が殺害された事で新しい政府が誕生。

新しい政府の代表は董卓暗殺計画を企てた王允と

董卓を殺害した呂布の二人で運営されることになります。

彼らは前政権のボス・董卓の遺体をどのようにして扱ったのでしょうか。

 

暫定政府は董卓の遺体を市場に晒して民衆に見せつけます

民衆は董卓遺体を見に大勢が集まったそうです。

そして董卓の遺体は暫定政府の役人が管理していましたが、

夜冷えたのでしょうか董卓の遺体のへそに火をつけます。

ある意味火葬と呼べると思います。

 

さて火葬??された董卓の遺体はその後どうなったのでしょう。

董卓の遺体のへそに点いた火はその後数日間も燃え続けたそうです。

そして董卓の遺体は灰になってしまいますが、

董卓の部下が董卓の灰をかき集めて保管していたそうです。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

ちゃんと埋葬された董卓

 

暫定政府は董卓の死後、皇帝の元で後漢王朝を運営していましたが長くは持ちませんでした。

その原因は元董卓の武将達の扱いにしくじったからです。

王允は長安(ちょうあん)近辺に駐屯していた董卓軍の将軍達を許すことなく、

放置プレイしていました。

 

元董卓の配下で董卓軍の将軍達は軍師賈詡(かく)からのアドバイスを受けて、

長安へ向けて進撃を開始。

賈詡のアドバイスは大成功し、董卓軍の攻撃を受けた長安は陥落してしまいます。

そして董卓を殺害した王允は処刑され、呂布は董卓軍に敗北して逃亡してしまいます。

董卓軍の将軍達は長安を手に入れると早速董卓の灰を埋葬するため、()で葬儀を行います。

 

董卓の灰を(ひつぎ)の中にいれて土に埋めると大雨が降り、

董卓の柩が地上に出てきてしまいます。

十回か繰り返してようやく董卓の柩は土の中に埋めます

 

董卓の埋葬は不思議な現象が発生しましたが無事に完了し、

今でも董卓は土の中で眠っていると思われます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

こうして董卓は土の中で眠ることになります。

現在でも董卓のお墓は残っていますが、董卓の墓は金品などが盗まれて荒れ果てているそうです。

董卓のお墓の中には多くの財宝があったと思われ、

盗んだ人は大金持ちになったでしょう。

正史三国志の作者陳寿(ちんじゅ)も董卓は残虐な人物だったと評価しており、

董卓が生前やっていたことを考えれば、墓荒らしは罰当たりですが、

因果応報なのかもしれませんね。

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書 今鷹真・井波律子訳など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行

関連記事:董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 読書する劉備 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!
  2. 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹…
  3. 魯粛、孫権、張昭 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  4. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だっ…
  5. 顔良と関羽 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?
  6. 正妃 卞夫人 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  7. 曹仁 曹仁が最強の将軍たる所以とは?チート級の武勇を紹介
  8. 2つの持論を展開する費禕 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 甘寧に殺されかける料理人
  3. 曹茂
  4. 五代友厚 幕末
  5. 鄧禹と兵士
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  7. 戦え于禁

おすすめ記事

  1. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚 公孫攅と劉備
  2. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由! 孔明
  3. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件 始皇帝
  4. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  5. 【お知らせ】はじめての三国志が有料記事の単品販売を開始 三国志をより深く知る 特集noteバナー(有料)
  6. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第4回】 紀霊(ゆるキャラ)

三國志雑学

  1. 曹操の弱点(蟻)
  2. ロバ顔の諸葛瑾
  3. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  4. 羅貫中と関羽
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  2. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  3. はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 鬼道を使う卑弥呼

おすすめ記事

関羽 【9月の見どころ】9/23公開予定:【三国志平話】関羽が昔の恩義で 曹操を見逃す名シーンがない!? キングダム52巻 キングダム577話ネタバレ予想vol2難攻不落の鄴ってどんな城? 甘寧に殺されかける料理人 【よかミカン紀行】甘寧がブイブイいわせてた重慶ってこんな街! 解煩督 呉 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗 剣を持って戦う徐庶 徐庶は史実ではちゃんと出世していた!やっぱり仕えるなら魏の方が良いの? 女真族は辮髪 女真族は強かったの?条約の裏に隠された完顔阿骨打の頭脳プレイとは? 呉魏に臣従したり抜けたりを繰り返す孫権 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP