三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉備は本当に景帝の末裔なの?




 

「血統」は中国でも日本でも古代から大きな意味を持ってきました。

英雄の血を受け継いでいるということは、その資質も受け継いでいる可能性が高いからです。

能力を問わず、血統がその人物のカリスマ性を高めることになるわけです。

 

草鞋や筵で生計を立てていた劉備(りゅうび)は極貧生活をしていましたが、

単なる貧乏人ではなく、実は高貴な血を受け継いでいました。

まさに「みにくいアヒルの子」状態です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?

関連記事:【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がなかったかも!?

 

 

劉の姓

 

「劉」の姓は、三国志に多く登場します。

劉備の他にも劉表(りゅうひょう)劉璋(りゅうしょう)劉繇(りゅうよう)劉虞(りゅうぐ)劉曄(りゅうよう)などなど。

その共通項は漢王朝を興した高祖・劉邦(りゅうほう)の末裔ということです

 

つまり皇帝の血統ということになります。

後漢第12代皇帝・霊帝(れいてい)劉宏(りゅうこう)ですし、第14代皇帝・献帝(けんてい)劉協(りゅうきょう)です。

 

時代をさかのぼっていくと、祖先は同じところに行きつくわけです。

三国志演義第20回において、

献帝が同じ血筋の劉備に叔父の礼を尽くして「皇淑」と呼んだのは、そういった理由からです。

 

 

中山王劉勝の末裔

 

しかし名乗り方はそれぞれ違います

劉表劉璋は魯の恭王劉余(りゅうよ)の末裔と称し、

劉岱(りゅうたい)劉繇は斉の孝王・劉将閭の末裔、劉虞は東海王・劉彊(りゅうきょう)の末裔です。

そして劉備は前漢の景帝の子である中山王劉勝(りゅうしょう)の末裔になります。

 

中国ではこのような皇族の血統を「宗室」と呼びます

皇帝の子でありながら、皇帝に即位できない男子は、

財産を分け与えられ、王に封じられて国を治めるのです。

献帝董卓(とうたく)に擁立され皇帝に即位する前は、陳留王(ちんりゅうおう)でした

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

宗室の劉備がなぜ貧乏生活を強いられたのか

 

では、なぜこのような高貴な血統である劉備が、

母子ともども極貧の生活をしていたのでしょうか?

一国の王として君臨できなかったとしても、

それなりの贅沢な暮らしができていて不思議ではありません。

 

景帝(けいてい)は前漢第6代皇帝です。その子のひとりが劉勝であり、中山王に封じられています。

諡号が靖王なので、「中山靖王」の名称の方が聞き覚えはあるかもしれません。

 

この中山靖王はかなり子宝に恵まれていたようです。

現代では子供が5人もいたら大家族です。

中山靖王には子供が50人以上もいました

孫の代も含めると120人以上だった記録されています。

国をここまで細分化して分け与えることはできません。

王位に就ける人は限られているのです。

 

さらにこのスピードで増えていったとして、子孫の代を考えていくと、

劉備の世代には、中山靖王の末裔は単純計算で1万人を突破してしまいます。

 

さすがにそこまでの人数はいなかったとは思いますが、

劉備のような宗室の末裔は星の数ほどいたといっても過言ではないでしょう

そして一般の民衆と同じような暮らしをするしかなかったのではないでしょうか。

 

雑学・日本の歴史

 

ちなみに日本にも同じようなケースはあります。

江戸幕府の第11代将軍・徳川家斉(とくがわいえなり)は子供が55人です。

病で亡くなる子供も多かったこともあり、成人したのは半数ほどですが、

他の大名家の養子に送り込むなど、成人後の対応は大変だったようです。

 

血統を絶やさぬよう、子供をたくさんもうけるのは大切なことでしたが、

多すぎると多すぎたで不遇の暮らしをさせてしまう可能性もあるわけです。

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

 

劉備が中山靖王の末裔であるれっきとした証拠はありません。

系図も途中が途切れており、曖昧なようです。

 

ただし、曹操(そうそう)に対抗して、漢王朝の復興を目指して蜀漢を建国したように、

その志はまさに高祖の末裔に相応しく、英雄と呼べる活躍ぶりです。

 

三国志正史の著者である陳寿(ちんじゅ)が、劉備に高祖の面影があると記したほどでした。

景帝はおろか、高祖のカリスマ性を最も強く受け継いだのが、

劉備だったのではないでしょうか。まさに「隔世遺伝」ですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【血統を知ろう】劉備は前漢の初代皇帝・劉邦の末裔なの?

関連記事:三国志のダブー・劉禅は本当に劉備の子だったの?

 

北伐の真実に迫る

北伐  

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 玉(ぎょく)が大好きな中国人
  2. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  3. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  4. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  5. 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超…
  6. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加え…
  7. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち…
  8. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔融と禰衡
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 呉の孫権

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」
  2. 魏軍を何度も危機から救った最高のフォロワー李典
  3. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  4. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  5. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.2
  6. 三国夢幻演義 龍の少年 第2話「龍の目覚め」見逃し配信開始!

三國志雑学

  1. 劉備と孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは? 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!? 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家 月刊はじめての三国志2018年6月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介

おすすめ記事

  1. ペリーとプチャーチン日本を研究した二人から日本人の弱点を探る
  2. 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍
  3. 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、姜維が活躍した時代
  4. 荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世した荀彧の叔父
  5. 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権
  6. 【妄想】はじ三 SPA RESORT三国湯 in 沖縄
  7. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?
  8. 【キングダム予想】王翦が昌平君にした頼みって何?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP