キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

【閲覧注意】血煙上がる『三国志』きれいなお花を咲かせた将軍たち

この記事の所要時間: 332




袁術

 

千里が万里に、千金が万金に、千歳が万歳に…。

時代が下るにつれてどんどん誇大になっていく表現。

 

詩仙・李白(りはく)「秋浦歌」にも「白髪三千丈」という句が見えますが、

白髪の長さが9km!?そんなわけないだろう!

と真に受けてはいけませんよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の魏、呉、蜀で頭の良い軍師は誰だ?ランキング化するよ!

関連記事:【丞相ランキング】三国志で一番すごい丞相はいったい誰なの?

壮絶!血塗られた『三国志演義』

張飛

 

詩に限らず、誇張表現はあらゆる書物に見られます。

そしてそれは『三国志演義』も例外ではありません。

 

韋背上又中一槍、乃大叫数、血流満地而死

(背に一本の槍が突き刺さり、典韋は数回絶叫したかと思うと、

辺り一面を満たすほど血を流して死んだ。)

 

衆視之、乃前日動手殺于吉之小卒、被剣砍入脳袋、七竅流血而死

(皆がこれを見てみると、前日于吉を殺した兵だったのだが、

剣で頭をたたき切られ、目・耳・鼻・口の七つの穴から血を流して死んでいた。)

 

劊子手以刀搠其口、流血満地、大罵不絶而死

(耿紀は処刑人に刀でその口をえぐられ、

血を辺り一面に流しながらも、大声で罵ることをやめずに死んでいった。)

 

などなど、出血大サービス。

何かあれば血煙が上がる『三国志演義』。

今回は真っ赤な彼岸花を咲かせて壮絶に散った3人の将軍を紹介しましょう。

落ちぶれた自分に絶望…袁術

袁術

 

自ら皇帝を僭称するなどやりたい放題だった袁術(えんじゅつ)

豪奢な生活を維持するために民草のケツの穴の毛までむしり取る勢い。

しかし、そんな袁術に愛想をつかした家臣はどんどん離反していき、

袁術の次第に勢力は弱まっていきました。

 

時が過ぎ、呂布(りょふ)曹操(そうそう)が対立。

袁術はこれを好機とみて呂布と同盟を結びますが、呂布曹操に討たれてしまいます。

他に味方が無かった袁術にも不幸が立て続けに起こり、壊滅寸前。

 

一縷の望みをかけて袁紹(えんしょう)を頼りますが、その道中に病を発症してしまいます。

袁術は最期に蜂蜜を溶かした水を求めますが、「そんな贅沢なものはありません」と断られ、

「このわたしがこのざまか!」と絶叫したかと思うと、寝床から転げ落ち、

2Lあまりの血反吐を吐いて亡くなってしまいました。

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

諸葛亮を出し抜けない…周瑜

周瑜

 

呉の重臣・周瑜(しゅうゆ)

美男子である上に、智謀にも長けていたとされています。

その上、美女として名高い小喬(しょうきょう)を妻として迎えたという何とも羨ましい人物。

 

しかし、『三国志演義』では最期の最期まで諸葛亮(しょかつりょう)に翻弄され続けます。

諸葛亮にどす黒い感情を抱く周瑜

10日のうちに10万本の矢を集めろと無理難題をふっかけて殺そうとするも、あえなく失敗。

諸葛亮は空の舟を使って見事10万本の矢を手に入れてしまいます。

 

曹操を討つのに火計を用いることにした周瑜。

しかし、問題は風。

周瑜は悩みすぎて何度も血を吐くほど病んでしまいます。

 

ところが、諸葛亮が東南の風を吹かせると言ったことにより、病状はみるみる回復。

風が吹かなくても、諸葛亮を葬り去ることができると思ったのでしょう。

実際には諸葛亮の言葉通り東南の風が吹き、赤壁の戦いで大勝をおさめた周瑜。

 

その後、益州を攻め落として足掛かりとし、曹操を攻めようと企てた周瑜でしたが、

遠征の準備の最中に倒れてしまいました。

そんな折、諸葛亮から手紙が届きます。

 

「天然の要害に守られている益州を落とすのは困難かと思われます。

途中で曹操も攻めてくるでしょう。」

 

これを読んだ周瑜は天を仰ぎ、血を吐き散らしながら絶叫!

天はすでに周瑜を生みながら、なぜ諸葛亮をも生んだのか!

最期まで諸葛亮を出し抜けなかった周瑜でした。

 

ほぼ逆恨みで憑り殺される…呂蒙

呂蒙

 

本来呉の領土であるはずの領土を返さない蜀の態度に業を煮やしていた孫権(そんけん)

呉の孫権に仕えた忠臣・呂蒙(りょもう)は、湘関でふんぞり返る関羽(かんう)を討つために策を練ります。

 

樊城を落とすことに躍起になっていた関羽を更に油断させるために病気のふりをし、

更に商人のふりをして関羽の見張りを突破。

公安・南郡を占拠した上で、関羽の兵士の家族を保護するなど、民草の心をつかむ政治を行いました。

そして、家族が保護されていることを知った関羽軍の士気は完全にそがれてしまいます。

呂蒙は関羽を完全に孤立させて益州への退路を断ち、関羽を死に追いやることに成功

 

しかしその後、呂蒙に異変が起こります。

呂蒙は宴の席で突然孫権につかみかかり、

「生きてお前を殺すことはできないが、

死んでいても呂蒙の魂くらいは道連れにしてやる!

我こそは関羽雲長なり!」と絶叫。

 

体中の穴という穴から血を噴き出して死ぬという壮絶な最期を迎えたそうな。

たしかに呂蒙の計略で死んでしまったけれど…ちょっと不憫な呂蒙。

 

いかがでしたか?

他にも真っ赤な彼岸花を咲かせて逝った将軍はたくさんいますが、

この3人は特にインパクトが大きいですね。

 

しかし、このような大げさともとれる表現がたくさんあるからこそ、

その情景がまざまざと浮かんでくるのも確か。

血煙上がる描写の数々が『三国志演義』の面白さを引き立てているのかもしれません。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:水攻め、地雷?三国志の中で最強の計略ランキングを三國志ライター黒田レンが発表するよ

関連記事:正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表!

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎ…
  2. 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」
  3. 霊帝が名君だったら三国志はどうなった?本当に無能だったの?
  4. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!
  5. 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族
  6. 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情
  7. キミとボクの三国志とはどんなアプリゲーム?
  8. 上杉謙信と関羽はどちらが強いの?日中の軍神対決【if三国志】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相
  2. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  3. 井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー
  4. ゴールデンカムイネタバレ予想 131話 死神がやってくる
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【11/27〜12/3】
  6. 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師 えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!? 【ネタバレ注意】キングダム538話レビュー「まさか、あのお馴染みキャラが死ぬの?」 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの? 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの? 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ! 井伊直弼と直虎の関係性は?直虎は先祖なの?

おすすめ記事

  1. 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者
  2. 【武田信勝の苦悩】偉大なる父の跡を継いだ若き当主に問題発生
  3. 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?
  4. 三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ-とはどんなアプリゲーム?
  5. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  6. 【三顧の礼】孔明トコの天才童子が劉備に冷たすぎる件
  7. 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?
  8. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP