キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫権が暴露!蜀は孔明の国だった



孫権

 

劉備(りゅうび)の死後、諸葛孔明(しょかつこうめい)は、劉備の遺言を奉じて17歳の劉禅(りゅうぜん)を皇帝にして、

自身は丞相(じょうしょう)として政治の一切を取り仕切りました。

魏の曹叡(そうえい)はプロパガンダも込みで、孔明が蜀を乗っ取ったとdis文書を出しましたが

何と同盟国である呉からも、蜀は孔明の国と匂わせる盟約文が出ていたのです。

これじゃあ、劉禅も真面目に政務を執ろうとは思えない衝撃の文書を紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操は最初から荀彧を遠ざけていた!?原因は強烈なニオイ

関連記事:諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?

 

 

曹魏を敵として領地の分捕りを確約する盟約書

劉禅と孔明

 

西暦229年の春、孫権(そんけん)は皇帝の位に上り、ここに三国鼎立(さんごくていりつ)はなります。

蜀は孫権の即位を認めたので、対等な立場になった両国では逆臣である曹叡

打倒して天下を安定させようと、魏を滅ぼした後の領地の分け前を

前もって決める事にします。

 

それによると、豫州(よしゅう)、徐州、青州、幽州が呉に属し、兗州(えんしゅう)冀州(きしゅう)并州(へいしゅう)、涼州は

蜀に与えるという話になっています。

ひとまず天下統一を諦めて、逆賊の魏を共同で倒した後に、

領地を仲良く分割、平和裏に共存しようという目論見です。

 

しかし、呉は兎も角、蜀の正統性を考えると色々突っ込みどころが

あり過ぎる内容なんですが、それは、まあ、いいとしましょう。

 

 

劉禅をガン無視、孔明に期待をかける孫権

劉禅

 

ですが、孫権が作成した盟約文は酷い内容でした。

何が酷いって、蜀帝の劉禅の存在はガン無視で孔明しか見ていないのです。

少々長いのですが、全文を見てみましょう。

 

董卓の洛陽制圧から曹操に至った禍のオンパレードは天下をグシャグシャにした。

曹丕に至っては皇帝の位を漢から盗んで即位し、今も曹叡が健在だ。

 

一体、太古に高辛氏が共工を討ち、虞舜が三苗を征伐したように、

曹叡を滅ぼすのは漢(蜀)と呉に他ならないだろう。

悪逆を討つには、まずその罪を明らかにして分裂を誘いその土地を奪って

士民に帰すべき場所を示すものだ。

 

その為に古来から盟約というものが活用された。

呉と蜀は長年の信頼関係にあるので、要らないっちゃーいらないのだが、

あとで境界線を巡り、ゴタゴタしても困るから、

土地の分捕りを盟約するのが妥当であると考える。

 

諸葛丞相は、陰陽に影響を与え天地をも動かしているので相手として不足はない。

(だん)を建てて獣を殺し、天に誓ってから血を(すす)って誓約書を加え副本を宗廟(そうびょう)に置こう。

以後、両国は魏を倒す為に一心同体となり、漢の敵は呉が、呉の敵は漢が討つだろう。

天神以下、諸々の神々も臨席しているので、嘘ついたら天罰があるぞアーメン

 

 

以上で、孫権は諸葛亮(しょかつりょう)を持ち上げつつも、劉禅の劉の字も出てきません。

これでは、劉備の偉業を継いだのは孔明だと言わんばかりです。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

別に揉めなかったという事は孔明も追認したのか?

孔明

 

こちらは、盟約書ですから、蜀のサイドにも送らないと意味がありません。

つまり、孔明はこの無礼な盟約文をちゃんと見ている筈です。

ところが、「蜀帝を(ないがし)ろにしたような盟約は受けられない!」と孔明が抗議した

そんな記録はどこにもないのです。

 

天地神明に誓うべきは、一方が孫権なら一方は劉禅の筈ですが、

何故か一方は諸葛亮になっている・・

これは、天の神々は諸葛亮を契約の一方と見ている蜀の支配者は、

孔明であると言っているも同然じゃないでしょうか?

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

今でこそ忠臣扱いの孔明ですが、案外、リアルタイムでは、

前漢の霍光(かくこう)のような目線で見られていたのではないか?

孫権の盟約書の内容を見ると、そんな感じがしてなりません。

 

外の世界からそう見られているということは、そんな雰囲気があった筈で

蜀の群臣も、いや劉禅自体も「真の支配者は諸葛亮」という暗黙の了解の中

とりあえず丸投げの方向でと孔明に頼り切ったのかも知れません。

 

天地神明の誓いの元、奮戦した孔明は、もし曹魏の討伐が成功していたら

蜀呉盟約書を持ち出して、劉禅に禅譲を迫り自身が皇帝になるつもりだったのか?

今となっては分かりませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:典韋の死因は?三国志でも有名な悪来の最期の勇姿

関連記事:オカルト、SF、大好き!三国志人の脳内はお花畑

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  2. 袁尚と対立する袁譚 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  3. 魏の曹操孟徳 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた
  4. 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風…
  5. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!
  6. 夏侯惇と呂布 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析
  7. 甘寧に殺されかける料理人 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  8. 胡亥 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 関興と張苞
  3. 董卓を倒す呂布
  4. 孫権 弔い出陣
  5. ホウ徳
  6. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  7. 藺相如(りんしょうじょ)

おすすめ記事

  1. ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話 華佗
  2. キングダム 533話 ネタバレ予想:李牧が雁門で編み出した戦法
  3. 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男
  4. 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める キレる劉備
  5. 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた! 孟嘗君
  6. 【知ってた?】三国志の軍隊を動かす為に絶対必要な2つのアイテム 孔明 劉備の剣とハンコ

三國志雑学

  1. 今川義元
  2. 三国志大学で勉強する劉備
  3. 酒を飲む曹操、劉備、孫権
  4. 凌統
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  2. 劉備と関平たち
  3. そろばんを叩く関羽
  4. 魏から蜀に下る姜維
  5. 真田丸

おすすめ記事

鎌倉時代 服装 男女 アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は? 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う 後継者を決めた劉表 劉琦を劉表が後継者にしなかったから○○になった!? 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック 汗血馬を手に入れる李広利 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった! 周瑜はナルシスト 戦国時代の詩人屈原に学ぶ自分大好きメンタル開発法 【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君? 悪い顔をしている諸葛亮孔明 【みんなが知らない諸葛孔明】戦率99%!撤退戦では無敗だった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP