キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

君たちはどう生きるか?アホ劉禅に学ぶ聡明な生き方

君たちはどう生きるか?劉禅



迷う劉禅

 

(しょく)の二代目皇帝、劉禅(りゅうぜん)。政治を重臣たちに任せっきりにしていたこと、

宦官(かんがん)に政治への口出しを許したこと、将軍・姜維(きょうい)が魏軍の侵攻を防ぐために

奮戦しているにもかかわらずさっさと魏への降伏を決めたことから、

劉禅の幼名である「阿斗(あと)」は「アホ」の代名詞となっています。

面白いですよね。これはこのまま放っておきたいです。

でもたぶん、本当は賢い人だったと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情

関連記事:三国志のダブー・劉禅は本当に劉備の子だったの?

 

 

劉禅は実権のない傀儡(かいらい)皇帝だった

劉禅と孔明

 

劉禅は父親の劉備(りゅうび)の後を継いで皇帝になりました。

父・劉備はかつて流浪の兵団を率いる一介の傭兵隊長にすぎませんでしたが、

赤壁の戦いの混乱に乗じて荊州南部を手に入れた後、蜀の名士たちの手引きによって

蜀を手に入れました。

劉備が蜀を得る前には、蜀には劉璋(りゅうしょう)が君臨していましたが、劉璋政権に対して

不満を持っていた名士たちが劉備に国を売ったのです。

劉璋政権で冷や飯を食わされていた人にしてみれば、劉璋を追い出して

劉備に国をくれてやり、劉備に恩を売って重く取り立ててもらうほうがおトクだからです。

劉備

 

劉備はよそからぽっとやってきて上に乗っかっただけの人で、

国の実体は名士たちが握っていたはずです。

蜀という国は、人脈も地盤もない流れ者の脳筋戦争職人にすぎなかった劉備を、

名士たちが操縦して建国した国です。

劉備は木下大サーカスのホワイトライオンのようなスタープレーヤーにすぎず、

オーナーでもなければマネージャーでもありませんでした。

 

劉備は戦上手で実績もあったため、ある程度は名士に対するおさえもききますが、

息子の劉禅はそうはいきません。皇帝に即位しても、力を握っている人たちの

言いなりになっておくしか生きる道はありませんでした。

 

 

政治をなまけていたのはアホだからじゃない

劉禅

 

冒頭で、劉禅がアホだと言われる理由を三つあげましたが、

そのうちの一つ「政治を重臣たちに任せっきりにしていたこと」は、

劉禅をアホだったとする理由にはなりません。

劉禅は傀儡(かいらい)皇帝であって、政治を執り行う余地がなかったのですから、

重臣に任せっきりというのはごく自然なことです。

もし自分であれこれやろうとすれば、重臣たちから“佞臣(ねいしん)が陛下の目をくらませている”

とかなんとか難癖(なんくせ)をつけられて邪魔をされるだけだったでしょう。

ジタバタと政治を自分のものにしようとして毒殺されるなどという

()き目を見なかったことは、むしろ賢明でした。

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 

宦官を起用したからといってアホだとはかぎらない

劉禅と黄皓

 

冒頭に挙げた、劉禅がアホだと言われる理由の二つめ

「宦官に政治への口出しを許したこと」ですが、

これも劉禅がアホだった理由にはなりません。

 

名士たちからスルーされている状況では宦官しか言うことを聞いてくれないわけですから、

宦官を起用したということは、劉禅にだって自分でやりたいことがあったんだろう、

という程度の情報でしかありません。

 

そもそも、宦官=悪者という考え方が、名士側から見た偏見にすぎません。

名士は政治を自分たちのいいようにしたい(皇帝に口出ししてほしくない)から、

皇帝の意を直接受けて動く宦官を敵視してあしざまに言うのです。

 

蜀末期に力を握った宦官の黄皓は三国志にあしざまに書かれていますが、

具体的にどんな悪さをしたという記述はありませんし(人を讒言(ざんげん)したり

魏が攻めてくるわけないと劉禅を言いくるめたりはしていますが、

その程度のことはけっこうみんなやる)、黄皓(こうこう)が本当に悪いやつだったとしても、

諸葛瞻(しょかつせん)董厥(とうけつ)樊建(はんけん)らの重臣だって黄皓を放っておいたのですから

劉禅だけをアホだと言うことはできません。

 

宦官・黄皓は悪いやつだったのか

黄皓

 

三国志に記されている黄皓(こうこう)の悪事は、北伐の責任者を姜維から閻宇(えんう)に交替させようとしたことと、

魏が蜀に攻めてくるわけがないと劉禅を言いくるめて対魏防衛策の遅れを招いたことです。

姜維と閻宇を交替させようとしたというのは、べつに悪事ではありませんね。

 

単なる人員交替案です。姜維より閻宇のほうがふさわしいと考える人は他にもいたかもしれません。

諸葛亮伝の注釈に引かれている『異同記』によれば、諸葛瞻や董厥も、

姜維の対魏強攻策が国力をすり減らしていることを憂慮して、

姜維を閻宇と交替させたいと考えていたそうです。

姜維

 

もう一つの悪事、対魏防衛策の遅れを招いたこと。これはいけませんね。

蜀の国策が“いかなる犠牲を払ってでも絶対に魏と呉を倒して天下統一する”

であるとすれば、これはいけません。

しかしもし、劉禅が“なるべく犠牲が少なく天下泰平になるなら旗の色なんか

どうでもいいじゃないか”と考えていたとしたら、黄皓は劉禅の意を忖度しただけだ

ということになります。

 

のちに魏軍が綿竹まで迫った時点で劉禅が早々に降伏を決めたことからすると、

劉禅は“いかなる犠牲を払ってでも”という考え方はしていなかったことでしょう。

 

本当にアホだったらもっとズタボロになってから降伏する

降伏する劉禅

 

冒頭に挙げた、劉禅がアホだと言われる理由の三つめ「姜維が魏軍の侵攻を防ぐために

奮戦しているにもかかわらずさっさと魏への降伏を決めたこと」ですが、

そのタイミングで降伏を決断できたのはすごいことです。

 

本当にアホで決断力がなかったら、まだ盛り返せるかもしれない~と思いながら

ずるずると先延ばしにして、国がどうしようもなくひどいことにならなければ

降伏する決心がつかなかったことでしょう。

 

魏軍が蜀の領内に侵攻してくる前から、蜀の内部には、

度重なる戦役で国が疲弊しているという論がありました。

漢中盆地が敵の手に落ち、四川盆地にも敵軍が入ってきたという状況で、

いくら姜維の精兵が健在であったとしても、そこから巻き返しを図ろうとすれば

下々に非常な負担がかかります。

 

そこまでしなくてもいいじゃないか、俺一人が悪者になって市民生活が守られるなら

それでいいんだよ、とばかりに降伏した劉禅は、

あきらめ早すぎるヘタレかもしれませんがアホではありません。

 

狙いすました降伏だった?

劉禅

 

仮の話ですが、もし劉禅が以前から「こいつはどうも魏が天下統一しそうだ」と考えていた

とすれば、いかにしていい条件で魏に併合されようかと機をうかがっていたことでしょう。

国に余裕がある間は臣下たちが納得しないでしょうし、ボロボロになってせっぱつまってから

降伏したのでは条件が悪くなります。

姜維の精兵が健在なうちに目の前に敵軍が現われてくれたことは、

渡りに船だったのではないでしょうか。

 

魏にとってのもう一つの敵国である呉が健在でしたから、

魏は呉の人たちに“俺らに降伏したらこんなにいい暮らしが待ってるぞ”と

見せびらかすために蜀の遺臣たちを厚遇するはずなので、

劉禅がいつかは魏に降伏しようとつねづね考えていたのだとすれば、

いいタイミングで決断したと思います。

 

アホ伝説の極めつき

司馬徽と劉表

 

冒頭では述べませんでしたが、劉禅のアホエピソードとして最も有力なのは、

三国志後主伝の注釈(ちゅうしゃく)にひかれている『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』にあるこんな話ではないでしょうか↓

 

蜀が魏に降伏した後、司馬昭(しばしょう)が劉禅との宴会の席で蜀の音楽を

演奏させたところ、人々はいたましい思いにかられたのに

劉禅は痛くもかゆくもない様子で楽しそうにしていたので、

司馬昭は「無神経なやっちゃ」とあきれた。

また、他の日に司馬昭が「蜀が恋しいでしょうね」と聞いたら

劉禅は「ここでは毎日楽しいので蜀は懐かしくなりません」と答えたので、

蜀から付き従っていた郤正(げきせい)がこっそり「こんどあんなことを言われたら、涙を流して

“蜀には先祖の墓があり毎日思わぬ日はありません”と答えて下さい」と言った。

後日そのシチュエーションで劉禅がそれをやると、司馬昭が

郤正の台本まんまですな」と言い、劉禅はびっくりした顔で「その通りです」と答えて

みんなに笑われた。

 

この話、私は劉禅のアホさではなく聡明さを示すエピソードとして解釈しています。

 

アホをよそおい自分と遺臣たちを守った

君たちはどう生きるか劉禅ver

 

劉禅が司馬昭に対して、蜀なんて全然恋しくないす、いまの暮らし最高す、

なんの不満もないす、というポーズをとったのは、自分に野心がないことを示すためです。

司馬昭が劉禅にねちねちと「蜀が恋しくはないか」とたずねるのは、

こいついつか背くんじゃねえかと疑っているからです。

 

ここはひとつアホのふりをして蜀なんて忘れちまったと言っておかなければ、

自分の身が危ないです。また、劉禅が蜀を思って泣いているなどということになると、

蜀の遺臣たちが“我が君のためになんとか蜀を復活させられないか”などと考え始めて

物騒なことになりますから、彼らのためにも蜀への未練を断ち切ってあげなければ

なりません。アホをよそおって自分と臣下を守った賢い人なんですよ。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライターよかミカンの独り言

 

若くして帝位につき、名士たちと上手に付き合いながら国体を維持し、

降伏にさいしては民に大きな犠牲を強いることもなければ辱めをうけさせることもなく、

降伏後には司馬昭の疑念をかわして自身と臣下を守りきった劉禅。

逆境の中で難しい舵取りを巧みにやり遂げた聡明な人であると言ってよいでしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの?

関連記事:三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女事情

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. お酒 三国志 曹操 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?
  2. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  3. 華雄と呂布 華雄は関羽のかませドッグだった!?
  4. キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?
  5. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみで…
  6. 影の薄い孫権 何でこんなに孫権は地味なの?
  7. 曹操は関羽をGET ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭を…
  8. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ツンデレ曹丕
  2. 三国志ライター よかミカンさん
  3. 周倉
  4. 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組

おすすめ記事

  1. 劉禅その後はどうなった?皇帝劉禅の生涯・降伏後の姿は本当の姿だった? 君たちはどう生きるか?劉禅
  2. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  3. 劉雄鳴とはどんな人?仙人だけど世渡りが下手な関中軍閥 劉雄鳴は三国志の仙人
  4. 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活
  5. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  6. 正史の公孫瓚は鬼畜外道?三国志最大のギャップ群雄

三國志雑学

  1. 遅れて来た孫権 英雄
  2. 蜀の皇帝に即位した劉備
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の孫権は皇帝
  2. タングート族
  3. 朱然

おすすめ記事

中国古典によく出てくる「鼎」って何? 楽進 実は楽進は張飛と一騎打ちをしてたってマジ!? 93話:名将 張任、遂に堕ちる 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍配はどちらに!? キングダム577話最新ネタバレ「赤の他人」レビュー キングダム最新566話「楊端和無双」ネタバレ&レビュー ハッポウ茶 cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP