広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者

この記事の所要時間: 648




photo credit: けんたま/KENTAMA Untitled via photopin (license)

photo credit: けんたま/KENTAMA Untitled via photopin (license)

 

三国志ではあまり知られていないマイナーな武将が数多く存在します。

今回紹介する蜀の文学者として知られていた郤正(げきせい)もその一人です。

彼は蜀に仕えてからは宮廷に仕えて政権に参与することになるのですが、

彼が活躍したのは蜀が滅んだ後のことでした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




父は魏に降って離れ離れになる

 

郤正は元々蜀の人間ではなく、祖父が益州の刺史であったことがきっかけで益州にやってきます。

しかし祖父は悪いことをして捕まってしまいます。

その後父は蜀に入ってきた劉備に仕え孟達(もうたつ)の部下として活躍していましたが、

彼は関羽の死後魏に下ってしまいます。

父も孟達と共に魏に降り、そのまま魏に残ってしまいました。

そして母は新しい旦那を受け入れ郤正もともに生活しておりましたが、

父と何かにつけて喧嘩を繰り広げてしまうことが原因で、家を飛び出して一人暮らしを始めます。




学問に打ち込む毎日

 

郤正は一人暮らしを始めると父が残した書物を全て自分の家に持ってきて、学問に身を入れます。

彼は来る日も来る日も学問に励み20歳を過ぎた頃に蜀の宮廷からお呼びがかかって、

仕えることになります。

宮廷に仕えることになった後も仕事が終わると同僚と酒を飲みに行くのではなく、

まっすぐに家に帰ってきて勉学に勤しみます。

彼が最も力を入れて学んでいたのは文学で、

前漢の文学者としてその名を轟かせた司馬相如(しばそうじょ)や

後漢の大文学者である蔡邕(さいよう)などの優れた文学者の文章を読んで、

独学で勉学に励んでいきます。

 

勉学気狂いであったことが幸い

 

郤正は宮廷の地位にあまり興味がなく出世して贅沢な暮らしをしたり、

美女を自分の周りに囲んだりなどの欲望が薄く、

新しい書物や文学書などを手に入れて勉学ができればそれで満足するような人でありました。

黄皓は蜀の政治的実権を握るとやりたい放題蜀の政治を動かしていき、

自らのやり方に反対する者は片っ端から左遷や爵位の降格などを行い、

独裁的な政治を行っておりました。

こうして蜀の政治家達は官位の降格や左遷、黄皓に皇帝劉禅へ讒言されることを恐れて、

何も言えなくなってしまいます。

そんな中郤正は、自分の仕事以外の事に興味がなく家に帰ったら

すぐに学問を始めてしまう学問キチガイが幸いして、

黄皓から睨まれることなく平穏な生活を保っておりました。

しかし彼の人生を大きく変える自体が間近に迫っておりました。

 

魏の蜀征伐軍がやって来る

鍾会

 

魏は蜀を滅ぼすために大軍を鍾会(しょうかい)に与えて進軍させます。

大将軍であった姜維(きょうい)は魏軍を迎撃するために剣閣(けんかく)に籠ります。

しかし鄧艾(とうがい)率いる別働隊が蜀の内部に侵入し、

防備が施されていない各城を陥落させて成都へ近づいてきます。

 

劉禅の決意

劉禅

 

劉禅は鄧艾の軍勢が蜀へ侵入してきたことを知ると南方か永安へ逃げて、

魏軍に交戦する意思を持っておりましたが、

譙周(しょうしゅう)が魏へ降伏するベしとの意見を進言したことがきっかけで魏へ降伏。

こうして蜀は滅亡することになります。

 

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った

 

洛陽へ移動

劉禅

 

劉禅は降伏すると馬車に乗せられて洛陽へ移動することになります。

この時成都では鍾会が姜維とともに魏に対して反乱を起こし、

城内にいる魏軍が反乱軍鎮圧のために戦闘を行っており、成都城内は大混乱に陥っておりました。

この反乱鎮圧の戦いの中、劉禅の皇太子で将来有望を見込まれていた劉璿(りゅうせん)が

なくなってしまいます。

このように成都城は大混乱であった為、

劉禅の洛陽行きは大した準備をすることなく行くことになり、

彼についてきたのもは郤正と中級役人一人のみでした。

こうして見送者がいないまま洛陽へと行くことになります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピ…
  2. 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者
  3. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たし…
  4. 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?
  5. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  6. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  7. はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」
  8. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  2. 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?
  3. これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ
  4. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  5. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】
  6. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完) 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの? 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜) 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇 【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大! 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル
  2. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  3. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」
  5. どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂が提案
  6. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  7. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ
  8. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP