架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者

この記事の所要時間: 648




photo credit: けんたま/KENTAMA Untitled via photopin (license)

photo credit: けんたま/KENTAMA Untitled via photopin (license)

 

三国志ではあまり知られていないマイナーな武将が数多く存在します。

今回紹介する蜀の文学者として知られていた郤正(げきせい)もその一人です。

彼は蜀に仕えてからは宮廷に仕えて政権に参与することになるのですが、

彼が活躍したのは蜀が滅んだ後のことでした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




父は魏に降って離れ離れになる

 

郤正は元々蜀の人間ではなく、祖父が益州の刺史であったことがきっかけで益州にやってきます。

しかし祖父は悪いことをして捕まってしまいます。

その後父は蜀に入ってきた劉備に仕え孟達(もうたつ)の部下として活躍していましたが、

彼は関羽の死後魏に下ってしまいます。

父も孟達と共に魏に降り、そのまま魏に残ってしまいました。

そして母は新しい旦那を受け入れ郤正もともに生活しておりましたが、

父と何かにつけて喧嘩を繰り広げてしまうことが原因で、家を飛び出して一人暮らしを始めます。




学問に打ち込む毎日

 

郤正は一人暮らしを始めると父が残した書物を全て自分の家に持ってきて、学問に身を入れます。

彼は来る日も来る日も学問に励み20歳を過ぎた頃に蜀の宮廷からお呼びがかかって、

仕えることになります。

宮廷に仕えることになった後も仕事が終わると同僚と酒を飲みに行くのではなく、

まっすぐに家に帰ってきて勉学に勤しみます。

彼が最も力を入れて学んでいたのは文学で、

前漢の文学者としてその名を轟かせた司馬相如(しばそうじょ)や

後漢の大文学者である蔡邕(さいよう)などの優れた文学者の文章を読んで、

独学で勉学に励んでいきます。

 

勉学気狂いであったことが幸い

 

郤正は宮廷の地位にあまり興味がなく出世して贅沢な暮らしをしたり、

美女を自分の周りに囲んだりなどの欲望が薄く、

新しい書物や文学書などを手に入れて勉学ができればそれで満足するような人でありました。

黄皓は蜀の政治的実権を握るとやりたい放題蜀の政治を動かしていき、

自らのやり方に反対する者は片っ端から左遷や爵位の降格などを行い、

独裁的な政治を行っておりました。

こうして蜀の政治家達は官位の降格や左遷、黄皓に皇帝劉禅へ讒言されることを恐れて、

何も言えなくなってしまいます。

そんな中郤正は、自分の仕事以外の事に興味がなく家に帰ったら

すぐに学問を始めてしまう学問キチガイが幸いして、

黄皓から睨まれることなく平穏な生活を保っておりました。

しかし彼の人生を大きく変える自体が間近に迫っておりました。

 

魏の蜀征伐軍がやって来る

鍾会

 

魏は蜀を滅ぼすために大軍を鍾会(しょうかい)に与えて進軍させます。

大将軍であった姜維(きょうい)は魏軍を迎撃するために剣閣(けんかく)に籠ります。

しかし鄧艾(とうがい)率いる別働隊が蜀の内部に侵入し、

防備が施されていない各城を陥落させて成都へ近づいてきます。

 

劉禅の決意

劉禅

 

劉禅は鄧艾の軍勢が蜀へ侵入してきたことを知ると南方か永安へ逃げて、

魏軍に交戦する意思を持っておりましたが、

譙周(しょうしゅう)が魏へ降伏するベしとの意見を進言したことがきっかけで魏へ降伏。

こうして蜀は滅亡することになります。

 

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った

 

洛陽へ移動

劉禅

 

劉禅は降伏すると馬車に乗せられて洛陽へ移動することになります。

この時成都では鍾会が姜維とともに魏に対して反乱を起こし、

城内にいる魏軍が反乱軍鎮圧のために戦闘を行っており、成都城内は大混乱に陥っておりました。

この反乱鎮圧の戦いの中、劉禅の皇太子で将来有望を見込まれていた劉璿(りゅうせん)が

なくなってしまいます。

このように成都城は大混乱であった為、

劉禅の洛陽行きは大した準備をすることなく行くことになり、

彼についてきたのもは郤正と中級役人一人のみでした。

こうして見送者がいないまま洛陽へと行くことになります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉…
  2. 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの…
  3. 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】
  4. 孔明の北伐の目標はどこだったの?
  5. 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」
  6. 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天…
  7. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図っ…
  8. 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?
  2. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?
  3. 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?
  4. 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選
  5. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  6. 【お知らせ】ソウルフルボイス vs 怪人 初の対決!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの? 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの? 「はじめての三国志」のロゴが完成しました 陳勝・呉広の乱とは何?秦国を滅ぼすきっかけを作った二人組 趙襄子(ちょうじょうし)とはどんな人?趙を建国し、春秋時代の幕を下ろした人物 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女

おすすめ記事

  1. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  2. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?
  3. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  4. やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?
  5. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる
  6. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】
  8. 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP