よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【あわれ趙雲】桃園義兄弟に入れないやむを得ない事情とは?

この記事の所要時間: 33




京劇の趙雲

 

西晋時代に陳寿(ちんじゅ)によって編まれた正史『三国志』と

明代に『三国志』に基づいて創り出された『三国志演義』とでは、

全くの別人のように描かれている人物もチラホラ。

 

たとえば、公孫瓚(こうそんさん)は正史『三国志』その他

当時残されていた文献資料では

嫉妬に狂ってライバルともいえる劉虞(りゅうぐ)

ケチョンケチョンにいたぶって殺した挙句、

あることないことと吹いて回った

とんでもない極悪野郎とされているのに、

『三国志演義』では劉備(りゅうび)と同じ師を仰ぐ、

劉備にとってのよき兄のような存在として華麗に転身。

公孫瓚

 

実は、蜀漢を語る上で外せない、

趙雲(ちょううん)も『三国志演義』で華麗なる大変身を遂げた人物の一人。

正史『三国志』ではものすごくあっさりふんわりしていた彼も、

『三国志演義』では盛りに盛られて

目の覚めるような活躍ぶりをみせるナイスガイに。

 

それにしても、こんなに持ち上げるなら

いっそ趙雲桃園(とうえん)の誓いのメンツに

入れちゃっても良かったんじゃないですか!?

 

しかし、それが叶わなかったのには、

色々と複雑な大人の事情があったようです…。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

関連記事:【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?

 

 

実は劉備より年上だったっぽい趙雲

趙雲にデレデレな劉備

 

冷静な判断で蜀軍を牽引し、

白い馬にまたがって戦場を颯爽(さっそう)と駆け抜ける美しい若武者…。

なんとなくそんなイメージが定着している趙雲。

 

女性陣の心を鷲掴みにする彼ですが、

実は、生没年不明の謎多き人物なのです。

 

劉備が趙雲と出会ったときには、

趙雲は公孫瓚の元で一隊を率いていたわけですから、

劉備よりめちゃくちゃ年下ということは絶対になさそう…。

いや、むしろやっぱりちょっと年上っぽい雰囲気…。

 

しかし、趙雲を臣下に迎える前から

趙雲にフランクに話しかけている劉備を見ると、

趙雲って劉備と同い年か年下…?

関羽

 

さらに、『三国志演義』では

劉備より1つ年下とされている関羽(かんう)

趙雲のことを弟みたいに言っていますから、

やっぱり趙雲は劉備より年下かもしれません。

 

ところが、桃園3兄弟亡き後の北伐で、

鄧芝(とうし)に「70歳には見えない」と言われている趙雲。

逆算してみると、

やっぱり劉備より年上ということに…!

趙雲

 

趙雲は童顔だったのでしょうか…。

あまりのことに鄧芝の台詞が間違っているとも言われているのだとか。

 

しかし、間違いではなかったとしたら…。

 

他の3人と比べて一番年上の趙雲を

桃園メンバーに入れてしまったら、

主君であるはずの劉備が

長兄を名乗ることができなくなってしまいます。

 

この辺りの事情もあって

趙雲は桃園兄弟に入れなかったのでしょう。

 

死する時は同じ!…ではなかった趙雲

趙雲

 

「我ら生まれし時は違えども、

死する時は同じ!」

 

そう言って兄弟の盃を酌み交わした

劉備・関羽張飛(ちょうひ)の3人。

何とも美しい情景が浮かんできます。

桃園三兄弟

 

まず関羽が呉の呂蒙(りょもう)に捕まって先にあの世へ旅立ち、

その後張飛が部下の裏切りに遭って後を追い、

弔い合戦ともいえる夷陵(いりょう)の戦いの最中に

心労がたたってか、劉備も病に臥して死去。

 

おおむねその誓い通り、

時を同じくして立て続けに亡くなった3人。

 

3人が誓いを守ったからこそ、

この3人の桃園の絆が強固なものとして

読者に強く印象付けられるのです。

趙雲

 

一方、趙雲は3人が死んだ後も長く生き、

生涯をかけて蜀に貢献し続けます。

 

趙雲が亡くなったのは3人よりも大分後。

そんな趙雲を桃園兄弟に入れてしまったら、

「死す時は同じ!」

という誓いの文句がかすんでしまいますよね。

 

桃園で誓い合った言葉を

ただの口約束で終わらせないためにも、

趙雲は桃園兄弟に入れてもらえなかったのでしょう。

 

3人とテンションが違いすぎた

張飛

 

飛びぬけてテンションが高い張飛の突飛な言動は

桃園3兄弟の中でも困ったちゃん扱いされていますが、

他の2人もなんだかんだでテンションが高いです。

 

劉備は一度決めたら頑として動かず、

誰が何を言っても聞き入れない

でもでもだってちゃんですし、

関羽も人の話をあまり聞かず、

煩わしく思った相手は

青龍刀の(さび)にすればいいと思っている節があります。

パワーアップした関羽

 

そんな短所も可愛らしい3人に対し、

趙雲にはこれといった短所が見当たりません。

どんなときでもテンションが低めの彼は、

ハチャメチャな3人の中ではキャラが立ちません。

 

また、常に冷静沈着で非の打ち所の無い彼が

桃園兄弟に加わると、

他の3人の面目が丸つぶれになってしまうのです

 

そういうわけで、

趙雲は桃園兄弟に入れてはいけない人物なのです。

 

それでも他の2人に負けないくらい愛された趙雲

一緒に寝る劉備と趙雲

 

『三国志演義』で劉備・関羽・張飛と共に

桃園で誓いを立てることは叶わなかった趙雲ですが、

関羽や張飛に負けないくらい劉備に愛されていたとされています。

何をするにもどこに行くにも

常に一緒だったという劉備と趙雲。

 

劉備と趙雲の間には、

ただあえて名前を冠されることが無かっただけで、

桃園の誓いとはまた別の

それも桃園の誓いに負けないくらいの

何かがあったことでしょう。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲が最強イケメンだった3つの理由

関連記事:孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  2. 蒙恬(もうてん)とはどんな人?秦・中華統一後に一族が滅びる悲しい…
  3. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  4. ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話
  5. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  6. 9話:張角が太平道信者を増やした方法
  7. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2
  8. 衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた?
  2. 【新企画予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』9月23日(土)から連載開始!
  3. 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生 いずれも名将で明智オワコンに・・
  4. 【第5回 幻想少女】ついに董卓との決戦!みんな大好き・袁術様も登場だ!!
  5. 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ)
  6. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介 三国志って何?はじめての人向け 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・ ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】 張郃は袁紹の疑心暗鬼の犠牲者だった!? 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

おすすめ記事

  1. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】
  2. 諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインとしていた!
  3. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)
  4. 卑弥呼は殺されたのか? 戦死か? 老衰か?自殺か?【卑弥呼殺害説】
  5. 【濡須口の戦い功労者列伝】なんども挽回したタフな将軍徐盛
  6. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生
  7. 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなったの?
  8. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP