三国志の時代には戦象がいた!象さんパオーンと大活躍

2018年6月24日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操と戦象

 

関羽(かんう)張飛(ちょうひ)といった名将を失い、

それを悲嘆した劉備(りゅうび)も病に臥して亡くなり、

もはや蜀漢の命運は諸葛亮(しょかつりょう)に託されました。

 

劉備の死は魏の曹丕(そうひ)や呉の孫権(そんけん)を小躍りさせます。

二国は諸葛亮に降伏するよう勧告しますが、

諸葛亮は毅然とした態度でこれをはねつけます。

 

しかし、今度は南蛮の豪族たちが蜀漢に反旗を翻します。

これを受け、諸葛亮は南蛮征伐に向かうのですが、

気候、地理、武器などなど、

あらゆるものが違いすぎる相手に苦戦を強いられます。

 

特に苦戦を強いられたのは、

巨大な象を操る象兵(ぞうへい)部隊。

 

しかし、これはあくまで『三国志演義(さんごくしえんぎ)』での話。

正史『三国志』を盛りに持っている『三国志演義』ですから、

創作である可能性は否めません。

 

はたして三国時代に象は戦いに用いられていたのでしょうか?

 

関連記事:媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な決着

関連記事:将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴

 

4000年前から象は飼われていた?

象

 

象といえばインドゾウが思い浮かびますよね。

インドには象の顔をしたガネーシャという神様もいらっしゃいます。

そのくらい、インドの人々にとって馴染み深いインドゾウ。

 

なんと、インドの人々は

4000年以上も前から

インド象を飼いならしていたのだとか。

 

彼らがインド象を飼いならしはじめたのは

農耕の補助をさせようと思ったからのよう。

 

あの巨体と馬力があれば、

畑を耕すのも楽々できちゃいますものね。

 

戦象の登場

ザマの戦い

(画像:ザマの戦いWikipedia)

 

農耕で活躍した象さんですが、

その力が戦に使われ始めたのは

紀元前1100年頃と言われています。

 

雑兵どもをたちどころに蹴散らす

その戦いぶりを讃える歌がたくさん残っているのだそうです。

 

戦象の力がヨーロッパにも知らしめられたのは、

あのアレクサンドロス大王が東征を行った紀元前300年頃。

ペルシア帝国のダレイオス3世が

ガウガメラの戦いで戦象を使用したようです。

また、インドに進出した際にも、

パンジャブ王国がヒュダスペス河畔の戦いで

象を駆使して戦ったとの記録が残っています。

この戦象にアレクサンドロス大王はひどく痛めつけられたようです。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

殷の戦象

殷

 

中国でもかつては

中華象(ちゅうかぞう)や中華サイが中原を闊歩していたようです。

今では中国大陸で象を見かけるなんてこともありませんが、

当時はけっこうな確率でエンカウントしたのだそう。

 

インドの人々がインド象を調教したように、

殷の人々も中華象を調教し、

彼らを農耕に従事させていました。

 

そしてやはりそのパワーは

次第に戦に用いられるようになっていき、

象兵部隊が作られるようになります。

 

あの暴君として名高い(ちゅうおう)

異民族討伐に戦象を駆使していたのだとか。

 

実際、殷の遺跡・殷墟(いんきょ)からは

象のお墓が見つかっています。

お墓を立ててもらえるほど、

象は殷に貢献していたのでしょう。

 

戦国の七雄・楚も戦象を活用

楚

 

少し時代が下って、

春秋・戦国時代になっても、

象は戦で活躍していたようです。

 

春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』には、

楚軍が象の尾に火を縛り付けて呉軍の陣に放ち、

尻を焼かれて暴れ狂う象に驚いた呉軍は退却したとあります。

 

戦国時代を舞台とするあの原泰久(はらやすひさ)キングダム』でも

楚軍が戦象を駆使して戦う描写がありましたね。

 

この頃には南の方でしか

象は使われていなかったのでしょうか?

   

中華象の絶滅

中華象の絶滅

 

はるか昔は温暖湿潤であった中原の気候も、

時代が下るにつれて

寒さの厳しい冬が訪れる気候に変動していきました。

 

また、農耕や戦の友としてだけではなく、

宝飾品として象牙を手に入れたいという者たちによって象の乱獲が行われ、

おびただしい数の象が死んでいきました。

 

象は妊娠期間が長い上に

生まれてからの成長のスピードもゆっくりですから

牛や馬のように群れで飼って繁殖することが難しく、

象の数は減り続け、

漢代には中原で象を見ることができなくなってしまいました。

 

南では戦象も現役

曹沖

 

漢代、中原の人々には

既に珍しもの扱いされていた象ですが、

あたたかい南の地域ではまだまだ戦象も現役だったようです。

 

司馬遷(しばせん)『史記』大宛列伝(だいえんれつでん)によれば、

インドの人々は象に乗って戦っていたのだそう。

 

『三国志』でも、

曹操(そうそう)の息子・曹沖(そうちゅう)

南の国である呉から送られてきた

象の重さのはかり方を答えるという

話が紹介されていますよね。

 

諸葛亮が南蛮征伐に出向いた際、

戦象を操る部隊と対峙した可能性も

十分にあるのではないでしょうか。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:三国志の時代に象兵はいたの?

 

関連記事:完全無欠の敵役!?曹操の弱点とは?

関連記事:周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇

 

袁術祭り

 
 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso編集長

kawauso編集長

kawauso編集長です。 はじ三の中の人です。 様々なトピックを立てますが 盛り上がらない時には ごめんね。 大体、咬まないので 気軽にからんでもらえると 嬉しいです。

-はじめての変
-, ,