法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志武将の顔を飾ったおヒゲには沢山の種類があった




禰衡と曹操

 

男性のシンボルといえば、下半身の方を思い浮かべてしまいがちですが、

もっと目につくところにありますよね。

 

ほらほら、顔にあるアレですアレ。

そうそう、思春期になると生えてくるアレ。

そう、おひげです。

 

ひげを漢字で書こうと思って辞書を引いたら髭・鬚・髯といった3種類の漢字が出てきます。

これらの3つのひげは、どこから生えているおひげかによって使い分けられます。

 

「髭」は口の上に生えるいわゆる口ひげ、

「鬚」はあごから生えるいわゆる顎ひげ、

「髯」は頬っぺたから生えるいわゆる頬ひげだそうです。

 

ちなみに英語でも口ひげは「mustache」、

顎ひげは「beard」、頬ひげは「whisker」

といった具合にやっぱり使い分けられているようです。

 

ひとえにひげと言っても人によって薄かったり濃かったり、

口元にしか生えなかったり、もみあげまでつながって生えたりと千差万別。

その表現が多種多様なのも当然と言えば当然のことでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。

関連記事:ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

 

 

三国志』のひげといえばやっぱり…

関羽

 

「三国志 ひげ」でGoogle検索をしてみると、その筆頭に出てくるのはやっぱり関羽(かんう)

美髯公(びぜんこう)」の愛称で知られる関羽のおひげはそれはもう立派なものだったことでしょう。

 

コンディショナーのCMに出ている美しい髪をなびかせる女優たちも真っ青になるほどの

黒々と艶やかで美しいお髭を持っているイメージが強い関羽ですが、

きっとその美しいひげを維持するために

世の女性たちもびっくりするほどのこだわりがあったのではないか

邪推せずにはいられませんよね。

 

主君劉備(りゅうび)はおひげが薄いことで有名でしたが、そんな主君の欠点を見事にカバーしている関羽。

やっぱり男の中の男ですよね…!

 

 

負けるな!虎ひげ・張飛

張飛

 

ひげの美しさで名を馳せる関羽の義弟・張飛(ちょうひ)もおひげを生やしていたことは

『三国志』をモデルにした数々の漫画やゲームからも想像できます。

 

三国志演義』では張飛は「虎鬚」を持った男として描かれていますから、

この記述に則って張飛のイメージが作られているのですね。

 

「虎鬚」とは、ごわごわしていて突っ張ったような印象の顎ひげのこと

艶やかな関羽のひげとは正反対の印象を受けますね。

 

獺祭と称される晩唐の詩人・李商隠(りしょういん)は「驕児詩」において

「或いは張飛の胡(ひげ)を謔(あざけ)り、或いは鄧艾(とうがい)の吃を笑う」というように

得意とする典故表現として張飛のひげを引いています。

 

やんちゃ坊主が客人のひげを指して

「張飛のひげみたい」と馬鹿にしはじめるので困ってしまうということを詠っているのです。

 

この詩に代表されるように、

あまり良いイメージが持たれていない張飛のツンツンごわごわのおひげですが、

三国志演義』の作者は勇猛果敢でカッコいい虎の姿と張飛の姿を重ねようと

「虎鬚」という言葉を用いたのでは…?

とプラス方向に捉えておきたいところ。

頑張れ、張飛。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

おひげが黄色!?曹彰

曹彰

 

変わったおひげの持ち主といえば、曹彰(そうしょう)を思い浮かべる人も少なくないかもしれません。

何せ彼は父・曹操(そうそう)に「黄鬚」と称されているのですから。

 

黄色いひげ…?

髪は黒かったけれど、おひげだけは黄色かったってことかな?

と思う人もいるでしょう。

 

しかし、どうやら黄色というのは虎の体毛の色のことを表していたようですよ。

「虎鬚」というと悪口のように聞こえるけれど、

「黄鬚」といえば虎の勇敢なイメージがわいてくる…。

 

この印象の差は一体何なのでしょうか?

おそらくそれは魏のシンボルカラーが黄色であることに関係しているのでしょう

 

黄色というのは魏にとってとても縁起の良い色とされていたため、

曹操はその色を使うことによってプラスイメージをわき上がらせることに

成功したというわけです。

 

文学を愛する曹操の言葉の魔術がここに現れていますね

しかし、その一方で曹彰は本当に鬚だけ黄色かったようだという説も…。

実際のところ曹彰はどんなおひげをたくわえていたのでしょうか…?

 

これは縁起がいい!孫権のおひげ

孫権のおひげ

 

蜀にも魏にもおひげがチャームポイントの武将がいますが、

呉は君主のチャームポイントがおひげなのです。

 

その君主こそ赤壁の戦いで名を馳せた孫権(そんけん)です。

三国志演義』によれば、なんと彼のおひげは紫色!

しかもお目目は碧眼、すなわち青だったのだそうですよ。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

まるで漫画のキャラクターのような色合いのおひげとお目目をお持ちの孫権ですが、

本当にそんな色だったのでしょうか?

どうやら紫色というのはそのへんのオバチャンがよく白髪染めに使っているあの真紫ではなく、

どちらかというと赤紫がかった茶色だったようですね。

 

孫権は全体的に色素が薄かったのでしょう。

その容貌を見た父孫堅はこれは至高の面相だと言ってその将来を嘱望していたようですね。 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:顔良と文醜は三国志の中でも可哀想な武将だった!その理由とは?

関連記事:それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬…
  2. 孔明 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?
  3. 典韋にボコボコにされる成廉 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは?
  4. え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した?…
  5. ツンデレ曹丕 曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは?
  6. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった…
  7. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だ…
  8. 孔明もコペルニクスに似ていた 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 紀霊
  2. 張遼 カカロットーーーー!
  3. 徳川家康をボコボコにする武田信玄
  4. 逃げる夏侯覇
  5. 蒼天航路
  6. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信
  7. 劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟

おすすめ記事

  1. 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!? 城 銅雀台
  2. 忙牙長とはどんな人?水牛を使っても諸葛亮に勝てなかった南蛮副長 水牛を操る忙牙長(南蛮討伐)
  3. 【三顧の礼】劉備の諸葛亮への手紙にNGワード!逆賊疑惑
  4. 【祝】 山崎賢人主演で漫画「キングダム」実写化!キャスティングを大胆予想
  5. 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?
  6. 陸遜の人柄は地元の民間説話でも高評価!完全無欠の性格の良さが滲み出る陸遜 陸遜

三國志雑学

  1. 2つの持論を展開する費禕
  2. 荊州争奪戦
  3. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  4. 劉備の黒歴史
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 岩倉具視
  4. 袁術と董卓
  5. キングダム52巻
  6. 張コウ 張郃

おすすめ記事

織田信長 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる? キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる 韓信vs孔明 孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの? 廃仏毀釈 鎌倉時代は仏像にリアルさを求めた!? 荀彧 怒る 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは? 公孫康 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧をもたらした男【遼東三代記】 藏覇(臧覇)と曹操 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP