キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志武将の顔を飾ったおヒゲには沢山の種類があった

張飛の虎髭




禰衡と曹操

 

男性のシンボルといえば、下半身の方を思い浮かべてしまいがちですが、

もっと目につくところにありますよね。

 

ほらほら、顔にあるアレですアレ。

そうそう、思春期になると生えてくるアレ。

そう、おひげです。

 

ひげを漢字で書こうと思って辞書を引いたら髭・鬚・髯といった3種類の漢字が出てきます。

これらの3つのひげは、どこから生えているおひげかによって使い分けられます。

 

「髭」は口の上に生えるいわゆる口ひげ、

「鬚」はあごから生えるいわゆる顎ひげ、

「髯」は頬っぺたから生えるいわゆる頬ひげだそうです。

 

ちなみに英語でも口ひげは「mustache」、

顎ひげは「beard」、頬ひげは「whisker」

といった具合にやっぱり使い分けられているようです。

 

ひとえにひげと言っても人によって薄かったり濃かったり、

口元にしか生えなかったり、もみあげまでつながって生えたりと千差万別。

その表現が多種多様なのも当然と言えば当然のことでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。

関連記事:ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

 

 

三国志』のひげといえばやっぱり…

関羽

 

「三国志 ひげ」でGoogle検索をしてみると、その筆頭に出てくるのはやっぱり関羽(かんう)

美髯公(びぜんこう)」の愛称で知られる関羽のおひげはそれはもう立派なものだったことでしょう。

 

コンディショナーのCMに出ている美しい髪をなびかせる女優たちも真っ青になるほどの

黒々と艶やかで美しいお髭を持っているイメージが強い関羽ですが、

きっとその美しいひげを維持するために

世の女性たちもびっくりするほどのこだわりがあったのではないか

邪推せずにはいられませんよね。

 

主君劉備(りゅうび)はおひげが薄いことで有名でしたが、そんな主君の欠点を見事にカバーしている関羽。

やっぱり男の中の男ですよね…!

 

 

負けるな!虎ひげ・張飛

張飛

 

ひげの美しさで名を馳せる関羽の義弟・張飛(ちょうひ)もおひげを生やしていたことは

『三国志』をモデルにした数々の漫画やゲームからも想像できます。

 

三国志演義』では張飛は「虎鬚」を持った男として描かれていますから、

この記述に則って張飛のイメージが作られているのですね。

 

「虎鬚」とは、ごわごわしていて突っ張ったような印象の顎ひげのこと

艶やかな関羽のひげとは正反対の印象を受けますね。

 

獺祭と称される晩唐の詩人・李商隠(りしょういん)は「驕児詩」において

「或いは張飛の胡(ひげ)を謔(あざけ)り、或いは鄧艾(とうがい)の吃を笑う」というように

得意とする典故表現として張飛のひげを引いています。

 

やんちゃ坊主が客人のひげを指して

「張飛のひげみたい」と馬鹿にしはじめるので困ってしまうということを詠っているのです。

 

この詩に代表されるように、

あまり良いイメージが持たれていない張飛のツンツンごわごわのおひげですが、

三国志演義』の作者は勇猛果敢でカッコいい虎の姿と張飛の姿を重ねようと

「虎鬚」という言葉を用いたのでは…?

とプラス方向に捉えておきたいところ。

頑張れ、張飛。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

おひげが黄色!?曹彰

曹彰

 

変わったおひげの持ち主といえば、曹彰(そうしょう)を思い浮かべる人も少なくないかもしれません。

何せ彼は父・曹操(そうそう)に「黄鬚」と称されているのですから。

 

黄色いひげ…?

髪は黒かったけれど、おひげだけは黄色かったってことかな?

と思う人もいるでしょう。

 

しかし、どうやら黄色というのは虎の体毛の色のことを表していたようですよ。

「虎鬚」というと悪口のように聞こえるけれど、

「黄鬚」といえば虎の勇敢なイメージがわいてくる…。

 

この印象の差は一体何なのでしょうか?

おそらくそれは魏のシンボルカラーが黄色であることに関係しているのでしょう

 

黄色というのは魏にとってとても縁起の良い色とされていたため、

曹操はその色を使うことによってプラスイメージをわき上がらせることに

成功したというわけです。

 

文学を愛する曹操の言葉の魔術がここに現れていますね

しかし、その一方で曹彰は本当に鬚だけ黄色かったようだという説も…。

実際のところ曹彰はどんなおひげをたくわえていたのでしょうか…?

 

これは縁起がいい!孫権のおひげ

孫権のおひげ

 

蜀にも魏にもおひげがチャームポイントの武将がいますが、

呉は君主のチャームポイントがおひげなのです。

 

その君主こそ赤壁の戦いで名を馳せた孫権(そんけん)です。

三国志演義』によれば、なんと彼のおひげは紫色!

しかもお目目は碧眼、すなわち青だったのだそうですよ。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

まるで漫画のキャラクターのような色合いのおひげとお目目をお持ちの孫権ですが、

本当にそんな色だったのでしょうか?

どうやら紫色というのはそのへんのオバチャンがよく白髪染めに使っているあの真紫ではなく、

どちらかというと赤紫がかった茶色だったようですね。

 

孫権は全体的に色素が薄かったのでしょう。

その容貌を見た父孫堅はこれは至高の面相だと言ってその将来を嘱望していたようですね。 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:顔良と文醜は三国志の中でも可哀想な武将だった!その理由とは?

関連記事:それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 周瑜 周郎 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?
  2. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  3. 北伐する孔明 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  4. 曹操のムスコ達アイキャッチ2 集まれ曹操の25人の息子たち・その3
  5. 華雄と呂布 華雄は関羽のかませドッグだった!?
  6. 司馬懿対孔明 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?…
  7. 問題を解決する楊脩 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛され…
  8. 朝まで三国志の公孫瓚 【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徳川家康
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 孫権
  4. 呉の孫堅
  5. キングダム
  6. 陸遜
  7. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  8. 張良と劉邦

おすすめ記事

  1. 武田観柳斎とはどんな人?武田観柳祭から読み取る新選組の武田観柳斎 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組
  2. 馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせた戦 孫武(ゆるキャラ)
  3. 【キングダム】河了貂(かりょうてん)は本当にポンコツなのか?検証してみる
  4. 【列子】道教の「道」とは?道に身をゆだねれば安らぐかもしれない話 道具を輸送する民人
  5. 織田信長はあだ名の名人!どんなあだ名をつけたの? 織田信長
  6. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた 始皇帝(キングダム)

三國志雑学

  1. 怒る孔明
  2. 陸遜
  3. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  4. 孔明君のジャングル探検
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蔡琰
  2. 曹操 孔明をチェック
  3. 口うるさい徳川斉昭
  4. 犬猫に襲われる孔明
  5. 官渡の戦い
  6. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

高杉晋作 高杉晋作と銀魂の高杉晋助の共通点は? 謎の人物・婁子伯とは何者?その策「氷城の計」は可能なの!? 李牧 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった! 司馬懿と公孫淵 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? 劉備と酒を交わす曹操 【劉備の逸話】大耳児のネーミングは曹操?大耳児の由来から劉備の逸話を紹介 劉禅と孔明 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった! 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP