架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選

この記事の所要時間: 323

射抜かれる曹操

 

殺伐とした三国志の武将達の中でも、一部には、大変な人格者も存在します。

しかし、そのような人々にも、地雷ワードが存在し、うっかり口にしたばかりに、

相手は急速に不機嫌になるか、最悪恨まれて殺されてしまうケースまであるのです。

今回は、そんな三国武将の地雷ワードを紹介していきましょう。

 

 

 

もし、夏侯惇(かこうとん)にあってもこのあだ名には注意!

夏侯惇

 

独眼の武将って、凄みがあってカッコイイものです。

日本でも、独眼竜こと伊達政宗や、柳生十兵衛など独眼の武士は、

強烈なインパクトがあり人気も高いですよね?

 

三国志の時代にも、曹操(そうそう)の分身のように信頼された夏候惇が、

戦による負傷で片目を失い盲(もう)夏侯などと呼ばれています。

 

そんなこんななので、ついつい、私達も夏候惇は、このあだ名を

気に入っていたように思いこんでしまいますが、実は、

これは当人の前では言ってはいけない地雷ワードなのです。

 

王沈(おうちん)の魏書に描かれた、鏡を割りまくる夏侯惇

夏侯惇

 

魏の王沈により編纂された魏書によると呂布の部将曹性(そうせい)に

左目を射ぬかれた夏侯惇は自分の左目の傷を激しく嫌悪し、

鏡を見るたびに癇癪を起して、鏡を叩き割って捨てていたと言われています。

 

つまり、盲夏候というのは、夏侯惇には最大の地雷ワードなのです。

もし、万が一、タイムスリップして夏侯惇に会っても、

あ、盲夏侯だ!なんて言ってはいけません。

絶対、キーーーーーッ!てなりますよキーーーーッって。

 

温厚な曹真を激怒させた絶対禁句の地雷ワード

曹丕 残忍

 

曹真(そうしん)は、曹操の血縁者で後の魏の王室に連なる人物でした。

かなりエライにも関わらず、若い頃に苦労した曹真は部下思いであり、

自分と同じように若くして両親に死に別れた曹一族を養育したりしています。

 

そんな曹真、武芸と軍略には抜群の才能があり、特に馬術においては、

長年の訓練が必要な、馬上で振り向きざまに弓を射る遊牧民の戦闘法

パルティアンショットを体得した数少ない漢民族の武将でした。

 

ただ、この曹真、そんな敏捷な動きが出来るとは思えない程に

体は肥満していたと伝えられています。

 

その肥満体をある宴会で、曹丕(そうひ)のお気に入りの呉質(ごしつ)にからかわれた曹真。

そればかりならまだしも、同族の曹洪(そうこう)まで一緒になってからかうので、

物凄く激怒したと伝えられています。

 

おそらく、曹真の肥満は遺伝的体質で運動不足とかでは

無かったのかも知れません。

 

もとより人の容姿をからかうのは、いけない事ですが、

曹真に対して、やーいデブというのは絶対禁句です。

 

 

笑いごとではない、とうとう張裕の命まで奪った最悪の地雷ワード

若かりし劉備 チャライ★

 

劉備(りゅうび)というと小さな事は気にしない大徳の人物というイメージがあります。

しかし、そんな彼には、決して言ってはいけない地雷ワードがあるのを

皆さんは御存じだったでしょうか?

 

益州の劉璋(りゅうしょう)の配下に、張裕(ちょうゆう)という占い師がいました。

彼は、後に蜀漢で重職につく鄧芝(とうし)の才能を見抜き70を過ぎてから、

大将軍となろうと予言して的中させた人物です。

 

この張裕、劉璋の配下として、益州に来た劉備と会見したのですが、

大変に見事な濃いヒゲを持つ人物でした。

 

劉璋は、張魯(ちょうろ)を討伐するという触れこみでやってきた

劉備を歓迎して、100日に及ぶ大宴会を行いました。

そこで、したたかに酔った劉備は、張裕の立派なヒゲをネタにからかい、

こんな事を言いました。

劉備「あたしはね、昔、涿県という所に住んでいたんですが、

そこには毛という氏が多いんですよぉ・・

県令なんかは、俺は周囲を毛に囲まれている

なーんて冗談を言う位でしてねェ、ヒック・・」

 

劉備は、このように言う事で、張裕の顔がヒゲだらけである事をからかいます。

 

ヒゲもじゃをからかわれた張裕は劉備のヒゲが薄いのを笑う

劉備 だらしない

それを受けた張裕は、逆にこのように言い返しました。

 

張裕「昔、上党潞(ろ)の長が出世して、涿(たく)県の県令に昇進したそうです。

それから暫くして、県令の仕事を辞めたのですが、県令の友人は、

その辺りの事情に詳しくなく、手紙の宛名に、潞君と書いていいのか?

涿君と書いていいのか悩み、最後には潞涿(ろたく)君と書いたそうです」

 

潞という字は、サンズイを抜くと、路という文字になりますが、

ここには、露わになるという意味があります。

 

例えば道路は、そこに生えていた草や木を切り倒した地肌が見える道である

という意味で道路なのです。

 

劉備は郡涿県の出身なので、サンズイを意図的に二つ重ねる事で

サンズイを無効にして「路」顔が露わな人、ヒゲ無し君とからかったのです。

 

実は劉備はヒゲの薄い事で有名でした(だから関羽を義弟にしたかも知れません)

周囲は張裕の機転に大爆笑します。
劉備

 

しかし、内心、これを笑わなかった人がいました、そう劉備です。

ヒゲが薄い事をコンプレックスにしていた劉備は張裕にバカにされた

と思い、以来、張裕を激しく恨むようになります。

 

漢中を制した劉備が取った驚きの行動

劉備 危機一髪

後に張裕は、漢中が曹操の手に落ちる事を予言しますが、結果は、

曹操は惨敗して劉備の勝利に終わりました。

また、張裕は、密かに友人に西暦220年に後漢の命運が尽きる事を予言し、

同時に、劉備の命が残り少ない事を暗示しました。

ところが、この話は劉備に漏れてしまい、劉備は以前占いを外した事と、

自分の死を予言した事で張裕を執拗に尋問して、ついには投獄してしまいます。

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)は、

張裕は有能な人物なので、罪をお許し下さるようにと、赦免を嘆願しますが劉備は

「たとえ、有能でも朕に反抗的なヤツはこうしてやらないといかんのだ」

と聞く耳を持たず、とうとう処刑してしまいました。

 

ここに、以前自分をヒゲ無し君とからかった張裕への個人的な恨みが

あったという事は想像に難くないでしょう。

 

劉備にとって、ヒゲ無し君は、最悪の地雷ワードだったのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

劉備にヒゲもじゃ君とからかわれたので、ヒゲ無し君と言い返した張裕。

それが、まさか、ここまで激しい恨みを買うとは考えもしなかったでしょう。

人の地雷は、どこにあるか分からず、自分にはつまらない事でも、

相手には大問題という事も多々ありますね。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

よく読まれている記事

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

よく読まれてる記事:三国時代のファッションはどんなのだったの?

 

帰宅は5日に1度(泣) 三国志の武将

 

よく読まれてる記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢…
  2. 【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎ…
  3. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの…
  4. 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編
  5. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後…
  6. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  7. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  8. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!
  2. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大天
  3. 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  5. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  6. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった? みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった! これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介! 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2

おすすめ記事

  1. 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?
  2. 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】
  4. スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ
  5. 蒼天航路が1〜3巻まで無料【お知らせ】
  6. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男
  7. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  8. 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP